最後の鳥さん個別相談

バードトレーナーの退職についてブログにてご挨拶をさせていただきましたところ、これまで個別相談をご利用いただいた飼い主さまから予想以上にご連絡をいただき、とても恐縮しています。それと同時に、これまでやってきたことがお役に立ててるということに安堵しています。
体調が悪いからですか?など、気遣うお言葉もいただいたりしましたが、退職の理由は、決して体調が悪いことやトレーニングで何かしくじってしまったということではありませんので、どうぞご安心ください(笑)
ショップにお電話やメール、そしてご挨拶に足を運んでくださいました飼い主の皆様、本当にありがとうございました!

昨日(3/8)、鳥さん個別相談をご利用いただいた方がショップでのご相談受付がラストとなりました。

こちらのコザクラインコさんは、度々ブログにも登場してくれています。
ララちゃん20170309-2
ララちゃん20170309-1
「今の様子を見てあげてください!」とご連絡いただきました。
自咬改善に取り組んで、今は毛引き改善に取り組んでくださっています。
自咬はもうやらなくなったそうで、第一の目標をクリアできて本当によかったです。「諦めずに頑張ります!」と飼い主さま。ぜひ、楽しみながら続けていただきたいと思います。
ララちゃん、元気でね!

すずちゃん20170309-2
すずちゃん20170309-1
バードトレーナーが退職することになったので、この日一回限りのご相談となってしまったコザクラインコさん。
自咬改善が目標です。
じっくりヒアリングさせていただき、コザクラインコさんの行動を観察させていただいたところ、精神的な要因ではないのではないかなと判断しました。ケージに取り付けてあるおもちゃではあまり遊んでくれない、、、とのことでしたが、おもちゃで遊ぶ動機付けなどをご提案させていただき、「これどう?」と試していただきました。
すると、ご覧の通り!
このコザクラインコさんは、遊べるコです。そして、ペレットへの切り替えもご提案させていただきました。
そして後日、飼い主さまより「おもちゃで遊んでいます!ペレットも食べてるみたいです!これからいろいろ試していきます」とのご報告を受けました。
おもちゃで遊ぶことで、首に巻かれたカラーも取れると思っています。これからもぜひ、楽しみながら続けてくださいね!
すずちゃん、遊びで忙しくなるね!

ヒメコンゴウインコさん20170309
そして、こちらは個別相談ラストのヒメコンゴウインコさんです。
咬みつき改善が目標です。
最近は落ち着いているとのことでした。お迎えした時から咬むクセはあったそうです。どうやら、人の手は咬むものではないよということを適切に教えてもらっていないタイプの鳥さんです。
ポジティブレインフォースメント(正の強化)を使った褒めるトレーニングをお伝えさせていただきました。
前々からお伝えしていますが、咬みつき改善に関しては、適切に伝えれば1週間で変化が現れます。行動が定着するまでは1か月ほど一貫したルールで継続していくことが必要です。適切でない方法で何カ月も、何年も続けても改善には至らないでしょう。
ヒメコンゴウインコさんは2才でまだまだ若いので、ぜひ今の内に人と暮らすルールを適切に教えていげてもらいたいと思います。

以上となります。

こちらのブログでお伝えしてきたのは、
・獣医師は病気やケガは治してくれるかもしれないけれど、根本的な原因がもし鳥さんを取り巻く環境にあるとしたら、この部分を変えていかなければならない。
・発情するから、おもちゃは全て取り除いてください。鳥は咬んで当たり前、我慢してください(上記のヒメコンゴウインコさんの飼い主さまが周りから言われたこと)などなど。
これらは全て、ナンセンスであることを声を大にしてお伝えします。

●発情するから、おもちゃは全て取り除いてください。
⇒発情対象を取り除くことは賛成です。ただし、発情が全ておもちゃに起因している訳ではありません。食餌量や鳥さんを取り巻く環境を見直す必要があります。おもちゃを全て取り除いた結果、鳥さんは何を楽しみに暮らしていけばいいのでしょうか。何かを禁止するなら、何かを許可する。これが鉄則です。

●鳥は咬んで当たり前、我慢してください。
⇒鳥さん、あるいは人のどちらかが一方的に我慢をする状況は果たして楽しいでしょうか。適切な方法でトレーニングを行えば、咬みつきは改善できます。このことを一人でも多くの飼い主さまに今後も伝えていけたらいいなと思っています。

鳥さんとの暮らしに直接的にかかわる具体的な方法などを伝えていける役目の人が、もっともっと増えてくれるといいなと思っています。
これまでは、病院併設ショップということで、バードトレーナーとしてメリットになっていたことも数多くありましたが、活動の場がショップだけに限られていた部分もあったと思います。これからは、長崎を拠点にして、もっともっと幅広く、鳥さんと飼い主さまの暮らしをよりよいものにいていくための活動ができたらいいなと思っています。

お問い合わせで、次はどこでやるんですか?、引き続き、ご相談にのってくれないんですか?とのお声を多数いただいております。これからゆっくりじっくり、ホームページなどを立ち上げていけばいいかとのんびり構えていたので、ご案内できるようなものが何もない状況で申し訳ありません。
お手数ではございますが、これからホームページなどの発信や受付ができるものを作ってまいりますので、もしよろしければ、
「バードトレーニング 長崎 R+ アールプラス」
上記キーワードで検索していただけると、ヒットできるように準備を進めてまいりたいと思いますので、折を見て、検索していただけましたら幸いです。お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

ショップの方では、これからも鳥さんの食事に関することやダイエット、発情抑制、保温、看護などについてはスタッフがご相談にのらせていただきますので、ぜひお気軽にご相談いただけましたら幸いです。

バードトレーナーの柴田からの記事は、これで終わりとなります。
これまで、本当にお世話になりました。
鳥さんとの暮らしがより楽しく、より健康なものになりますように。
心より願っています。

柴田祐未子
スポンサーサイト