鳥さん個別相談★オカメインコさん★毛引き改善…の前に

鳥さん個別相談をご利用くださったオカメインコさん(3才、男の子)のご紹介です。

ご相談内容は・・・
・毛引き改善
・発情や換羽などのリズムを整えたい
鳥さんに覚えてもらいたいことは・・・
・おもちゃで遊ぶ
・一人でもごはんを食べること
という内容です。

毛引き改善とのことでしたが、毛引き以前に気になった、「まずこれを何とかしなければ!」という点があります。それは、「お留守番中、一人ではご飯を食べてくれない」という点でした。人がいれば食べてくれるそうです。なので、飼い主さまご夫妻がお仕事から帰宅をすると、待ってましたと言わんばかりにご飯を食べる、という習慣が出来上がっていました。
飼い主さまからしたら、少しでも帰宅が遅くなると気が気でない状況だったようです。
ご提案としては、毛引き改善に向けてのアプローチも取り組んでいきつつ、まずはケージの中で、お留守番中に一人でもご飯が食べられる鳥さんを目指すことを最優先していくことにしました。

まずは、一人では食べられない原因が環境にあるのかなと思い、オカメインコさんのケージの置き場所やケージ内のレイアウトをお聞かせいただきました。これらに関しては、特に問題はなさそうだったので、まずは至ってシンプルな方法、それは、オカメインコさんがずーっとある一か所にいるというそのすぐそばにエサ入れを設置していただくことに。

毛引きをしている、そして、人がいないとご飯を食べないと聞いて、どんなタイプのオカメインコさんか想像つきますか?
20161211ルーチェちゃん2
とても人懐っこくて、動きが活発な鳥さんです!
初めましてのトレーナーにもすぐに近づいて来てくれました。
飼い主さまご夫妻は、毛引きの原因が「何か精神的にストレスを感じているのではないか・・・」と心配されていらっしゃいましたが、オカメインコさんの様子を観察する限り、ストレスが原因とは考えられないとお伝えすると、ホッとされているご様子でした。
結局のところ、何が原因かは分からないのが正直なところですが、オカメインコさんの性格は活かし甲斐があるので、ほんの少しのステップを踏みつつ、おもちゃ遊びもフォージングもいろいろなことにチャレンジしながら、自信を付けていくことで、結果的に自分の羽根をいじるよりも、もっと他に楽しいことがあるよ、と教えていけるのではないかと思いました。

20161211ルーチェちゃん3
画像↑は、本当に簡単なフォージングに挑戦中。
薬包紙にエサを入れて、遊びながらこの中に入っているよと学習してもらっている様子です。薬包紙は、良い感じで中身が透けてみえるので、最初のとっかかりとしてはよく活用しているツールの内の一つです。そして、鳥さんが齧った時のパリパリ、カサカサ感もツボにはまるコは多いようです。
上手!上手!と、カジカジやってくれているところを撮ろうとすると、しっかりカメラ目線!
あ、、、どうぞお続けください。

20161211ルーチェちゃん4
いろいろやってくれそうな予感!
第一回目は、これで終了です。
まずは、お留守番中に一人でもご飯が食べられるようになること、これが優先順位的には一番の目標に。

第一回目からおよそ1か月が経過した頃に、第二回目にお越しいただきました。
果たして、オカメインコさんの行動に変化はあったのでしょうか。。。

実は、第二回目の個別相談の少し前に、メールで報告を受けました。
----------------------
留守番中じーーっとしているのは相変わらずなのですが、ご飯の位置を変えたところ1人でもご飯を食べてくれるようになっております!
薬包紙を使った遊びも楽しんでくれているようです!
…日に数回は羽繕いをしながらピギャっと痛そうに泣いていますが、血を出してしまうような場面には合いません。
私自身相談をさせていただいてから、接する時に前向きな気持ちになれるようになりました。
ただ頭の固い自分なので、遊び方がワンパターンにならないようにご助言いただけたらと強く思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
----------------------
一人でも食べてくれるようになったようですね!まずは第一の目標クリア!といったところです。

そして、第二回目の個別相談では・・・
・お留守番中、一人でもご飯を食べられるようになった。
・毛引きについて、左足根本(以前は両足をやっていた)は少しやった形跡があるが、脇はやっていない。
・薬包紙でエサを包んだもので遊んだり、ヤシの葉のおもちゃも齧ってくれる。
とのことでした。

一人でも食べてくれるようになり、毛引き改善もいい方向に向かい、何よりも飼い主さまご夫妻の表情が明るかったのがとても印象的でした。第一回目から第二回目までの期間は、それほどがっつりとご提案をした感じではありませんが、これからさらにケージの中での遊びやフォージング、エサ入れの位置について、いろいろと工夫していけたらいいですね、という感じでこれからもご家庭で継続をしていただくことに。

そして、第二回目に来てくれたオカメインコさんは相変わらず陽気で人懐っこかったです。
20170129ルーチェちゃん2
少し分かりにくいですが、フォージングスピンに慣れてもらうために、現在大好きなもののティッシュをスピンに差し込んでホラホラ、面白いよ~と誘っていただいている様子です。初めてのものに、今現在好きなものを合せると、慣れてくれる時間が短くて済みます。
相変わらずのカメラ目線です。

20170129ルーチェちゃん3
バルサ材にオーツをつきさしてみました。
遊びの幅を広げていくための、本当に一番最初のとっかかりはこれくらいからスタートです。

20170129ルーチェちゃん1
ワラはどうかな~と思ったら、ワラが入っていたビニール袋の方に興味津々。
こういう鳥さんの行動から、何が好きか、何に興味があるか、たくさんのヒントをもらえますね。
それで、ビニールはどう使いましょうか???と飼い主さまと頭をひねっていました。

20170129ルーチェちゃん5
「好かれている、うふふ♪」と仕事を忘れるトレーナー。

20170129ルーチェちゃん4
やっぱりカメラに興味津々!

そして、写真は撮れませんでしたが、第一回目の時にお伝えした、「物を運んで手やカップに入れる」ことを見事マスターしてくれていました。トレーナーにもわざわざ運んできてくれて、はいどうぞ、と掌にそっと渡してくれました!
芸を教えることが目的ではありませんが、飼い主さまとのコミュニケーションでもあり遊びでもあります。そして、この「できた!」が増えてくると、鳥さんにとっても自信になり、ストレス耐性も上がります。飼い主さま曰く、いろいろなことができるようになったからか、オカメインコさんに自信がついているんじゃないかと分かります、とのことでした。

これからもご家庭でいろいろと無理のないスピードで試していただくということで、個別相談は終了となりました。
BGSで定期的に開催する少人数制セミナーにも、ぜひオカメインコさん同伴でご参加いただけると嬉しいです。
スポンサーサイト