鳥さん個別相談★オカメインコさん★ご家族みんなを大好きに!

オカメインコさん、2才4か月のご紹介です。

ご相談内容は・・・
「手や人に対する恐怖心の克服」
です。

ご家族の中で、今回ご相談にお越しいただいたお母様のことは大好きで問題なく手にもステップアップしてくれますが、三男さんに対してはちょっと、、、という感じで何とかならないかということでした。
少し言葉を濁してしまいましたが、思い切って言うと、キライだということです。(三男さん、ごめんなさい、、、)
原因ははっきりしているとのことで、「しつこさ」がオカメインコさんとの信頼を築けずにいるようです。
詳しくおうかがいすると、オカメインコさんが全身で嫌がっているのに、手で掴んでしまう行為をしていたようです。決して、ご本人もいじめていたわけではなく、オカメインコさんの嫌がっている姿や怒っている姿がとてもかわいく見えてしまって、これを繰り返ししてしまっていたそうです。
オカメインコさんはお顔がかわいいだけに、怒っている姿もまったく怖くないという、何ともかわいさが仇になっていると言いますか、、、実はこのパターンで、オカメインコさんとの信頼関係が築けずにこじれまくっているパターンは少なくありません。

怒っていてもかわいいのは認めます!
でも、オカメインコさん側は本当に必死で怒っていて、やめてぇっ!と全身で訴えています!
この訴えをぜひ受け止めて、わざと怒らせるようなことはぜひとも止めてあげていただきたいと思います。

これだけ原因が明確であれば、アプローチ法としては・・・
●オカメインコさんに対してしつこくしないように、三男さんに徹底してもらう。
●三男さんの価値を上げていくため、オカメインコさんの大好きなものは、この三男さんの手からしか現れないようにする。
これに尽きます。
第1回目のご相談では、とにかく三男さんの姿が見えただけで威嚇をする、とのことでしたので、本当に時間をかけて取り組んでいくしかないということをお伝えしました。

当のオカメインコさんはと言うと、人見知りはしない鳥さんでした。
なので、本当に三男さんがしつこくした結果、今のように関係性にヒビが入ってしまっているのだなと確信しました。(三男さん、本当にごめんなさい。。。)
20161109むぎちゃん1
体重計にのる練習もしたところ、すんなりのってくれました↑
のっているところは画像に収められていません。

20161109むぎちゃん2
ふぅ~~~。と遠い目。

そして、第二回目は初回のご相談からおよそ2か月とちょっとが経過した頃にお越しいただきました。

ご相談者のお母様が、とにかく「しつこくしないこと!」「少しずつのアプローチを!」と、ご家族の方にお達しを出して実践してくださったそうです。
その結果・・・
●苦手だった三男さんの手から大好きなご褒美を受け取ってくれるようになった
●三男さんの肩にとまってくれるようになった
●お父様にもとまってくれるようになった!(以前は近付きもしなかったそうです)
とのご報告を受けました。

「三男が嬉しそうに“肩にとまってくれたよ!”と言ったのが本当に印象的で・・・」
と、お話をされるお母様もとても嬉しそうでした。

今回のポイントはずばり、ご褒美の価値の力をうまく借りられたことだと思います。
オカメインコさんの大好きなものをきちんと飼い主さまが把握していらっしゃったので、これを活用していくことができました。
そして、しつこくしない、大声を出さないなどのお約束事をちゃんと守ってくださったおかげでもあります。

20170118むぎちゃん1
20170118むぎちゃん2
ちなみに、オカメインコさんの大好きなものは、ラフィーバー社のニュートリベリーと赤粟穂とのこと。

「こんなに変わるなんて、びっくりしました!」
とおっしゃっていた飼い主さまですが、まず変わってくれたのが人側の方だからこそ、鳥さんにも伝わったのだと思います。
これから、定期的に開催していく少人数制のセミナーにも参加してくださるそうなので、またオカメインコさんとお会いできるのを楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト