フォージング第5弾!「フォージング障害物」

ショップでは鳥さんの・・・
●ダイエットに
●毛引き・自咬改善に
●呼び鳴き改善に
●一気食い防止に
という目的で、「フォージング(餌探し行動)」をお勧めしております。
もちろん、特に問題行動が観られない鳥さんに対しても、退屈な時間を減らせることから、全ての鳥さん(病気・療養中の鳥さんや食欲が落ちた鳥さんには不向きです)にお勧めしています。
この度、最もシンプルで最も原点に立ち戻ったフォージングのアイテムをご紹介いたします。

その名も・・・
「フォージング障害物」です!
フォージング20161208-1

見た目は地味ですが、トレーナーとしては、これまでのフォージングトーイに負けず劣らず、いいえ!むしろとても手っ取り早くできる代物なのではないかと、自画自賛しています。

エサ入れに障害物を入れることで、一気食い防止などに役立つので、すでに実践されている方もいらっしゃるかと思います。
しかしながら、そこは賢い鳥さん相手、ということで、慣れてくると、エサ入れに入っている障害物をものの数秒で全て落としてしまってから、中身をゆっくり食べる、という行動は素早く学習していたのではないでしょうか。
例えば、このような感じ↓
フォージング20161208-2
障害物となっているパーツを落としてしまえば、普通のエサ入れとなんら変わりはなくなってしまいます。。。

そこで、思いついたのが、障害物を落とせないようにすることです。
フォージング20161208-3
エサ入れに穴を開けて、プラスチックリンクで障害物となるおもちゃを固定しています。
つまり、鳥さんは障害物をエサ入れの外に落とせなくなります。
ということは、この障害物をよけながら餌を食べるという時間と労力がかかります。

エサ入れに取り付ける障害物は、まずは1つからスタートしていただき、難易度を上げてもらいたいので、
■エサ入れ(加工済)
■おしゃぶりの形のプラスチック製おもちゃ5個
をセットにして、店頭にて明日(12月9日)より販売させていただきます。
フォージング20161208-5

小さい餌入れには小さいサイズのおしゃぶりのおもちゃをセットにいたします。
フォージング20161208-4

臆病な鳥さんの場合は、まずは障害物1つから、そして、障害物が入った状態に慣れてもらうところからスタートすると思います。鳥さんのペースに合わせて、よく観察をしていただきながら、試していただけたらいいなと思っています。
現在は、店頭でお取り扱いしている全てのエサ入れに障害物が取り付けられるようにはご用意できていない状況です。
わたくしたちも、鳥さんと飼い主さまの声をお聞かせいただきながら、改良していきつつ、もっといろいろな種類のエサ入れを加工していけたらいいなと考えておりますので、ぜひご意見ご感想などお聞かせいただけましたら幸いです。

「フォージング障害物」を使用していただく際は、鳥さんが安全に、そして、確実に餌を食べてくれているかを観察していただくようお願いいたします。
スポンサーサイト