個別相談★オカメインコさん★呼び鳴き改善(その2)

もう12月ですね!
ブログの方は相変わらずの停滞ぶりで申し訳ありません。。。
今年、鳥さん個別相談をご利用いただいた方々や開催した小規模セミナーは、必ず今年中にご紹介をさせていただきたいと思います。

鳥さん個別相談を受けてくださった方のご紹介の前に、私のトレーニングのお師匠様であるShauna RobertsのFacebookで「フォージングツリー」が紹介されていたので、皆様にもご紹介させていただきたいと思います。
フォージングツリー
鳥さんの遊び場です。

鳥さん用のスタンドなどもありますが、画像のようにスチールラックを活用すると、縦の動きができて面白いんじゃないかなと思います。トレーナーも度々、個別相談では鳥さんの遊び場としてスチールラックをご提案させていただきています。
スチールラックはホームセンターで手軽に手に入りますし、幅や高さなどのサイズも豊富です。
鳥さんが飽きてきても、増設することも可能です。
大型の鳥さんに限らず、小型~中型の鳥さんにも活用できると思いますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

今回、ご紹介させていただくのは、個別相談のご利用2回目となりましたオカメインコさんです。
第1回目の個別相談の様子はコチラをご覧ください。

6月からおよそ3か月ほど、「呼び鳴き改善」に取り組んでくださいました。
第2回目となる9月に受けたご報告は・・・
●今までの呼び鳴きの頻度よりもずいぶん改善されました。
とのことでした。
数字で表すと、呼び鳴きの頻度は3割程度で抑えられているとのことで、飼い主さま的には満足されていらっしゃるようでしたが、あとの3割は何か原因があるのかな?ということで、いろいろと思い当たることなどを探っていくこととなりました。

ここでいう3割は「呼び鳴き」、つまり「飼い主さまが許容できない声で鳴く」ことです。
「許容できる範囲の声」は、減らす必要はありませんし、むしろ、声で鳴いてコミュニケーションをとる生き物なので、鳴く行動をゼロにする取り組みのご相談はお受けできないということを改めてお伝えさせていただきます。

オカメインコさんのケージの置き場所についての話になり、この時まではテレビのそばに置いてありました。
もしかしたら、オカメインコさんにとっては、テレビが出す音や振動などが伝わって、落ち着かない環境であるという可能性がゼロではないと考えて、ケージの置き場所はテレビのそばではないところに移動していただくことにしました。
移動先についても、飼い主さまのお部屋の状況をイラストで描いていただき、オカメインコさんが落ち着ける場所であり、飼い主さまともコミュニケーションがとれて、且つ、人側も生活をしていく中で動きやすい位置というのも重要です。

これらを踏まえて、オカメインコさんの様子を観ていただきながらケージの置き場所を模索していただくということで、第2回目の個別相談は終了となりました。

第2回目の個別相談から1週間経過したころに、飼い主さまよりご報告をいただきました。
----------------------
アドバイスいただきましたココの配置ですが、
帰ってきて早速テレビから離して、
私たちがいつもいるソファの隣に置いてあげました。
すると、いつも遊んでと鳴いていたココが
すっかりおとなしくなりました。
満足してもらったようです。

また、かまってあげられないときに、
おもちゃあるいはおやつをあげるということも実践しています。
いただいたニュートリベリーも最初はあまり食べてくれませんでしたが、
今では気に入ってくれているので、おやつとしてあげています。

いろいろとアドバイスいただきまして、
誠にありがとうございました。
これからもココと仲良く楽しく過ごしていきたいと思います。
----------------------

オカメインコさんにとって、落ち着ける場所が見つかったようでよかったです。
呼び鳴き改善のトレーニングに加えて、環境の見直しが功を奏したようです。飼い主さまが地道にやってくださった成果だと思います。

第2回目の個別相談に来てくれた時の様子↓
ココちゃん20160904-2
ココちゃん20160904-1
個別相談後半に撮影したので、少しお疲れモードでしょうか。

オカメインコさん(ココちゃん)は、11月に発売された「小鳥のキモチvol.4」(学研)にも登場してくれています。

もし、今の鳥さんの行動に関して改善できたらといいなということがあったら、まず最初に取り掛かれることは環境の見直しだと思います。環境とは、ケージの置き場所や鳥さんを取り巻く環境、鳥さん側から見える環境のことです。
「ずっと同じ場所だったから、ケージの置き場所は問題ないはず!」という場合でも、試しに変えていただくことで鳥さんにとってよりよい場所の発見ができるかもしれません。
鳥さんの様子をじっくり観察しながら、ゆっくりペースで試していただけたらと思います。
スポンサーサイト