個別相談★オカメインコさん★怖がり屋さん克服

怖がり屋さんのオカメインコさんの恐怖心克服について、ご紹介させていただきます。

初回は9月3日にお越しいただきました。

オカメインコさんは、3才の女の子です。
お迎え当初から手を怖がって逃げていく子だったそうですが、飼い主さまがシードがおいしいことを教えて、指から食べてくれるところまでいったのですが、それから先にすすまないということで個別相談をご利用くださいました。
最終目標は、手に対する恐怖心を取り除いてあげられて、いつかカキカキが幸せだと感じてくれたらいいなとのことでした。

20160903ベルちゃん-4
本当にかわいい女の子です!

これまでの飼い主さまの取り組みが成果となって現れているのがとてもよく分かりました。
あと少しの壁を打開すべく、大好きな粟穂を活用して、
●手にステップアップしたらご褒美
を、最初の頃はこれができたら100%ご褒美を登場させていただくことにしました。
その他にも、お気に入りの食べ物を探っていただくことに。いろいろと試していく内に、やっぱり粟穂がナンバー1かもしれませんが、食のレパートリーが広がってくれることになりますし、いくら大好きな粟穂もやがて飽きがきてしまう可能性もあります。そんな時に、No.2やNo.3が分かっているととても便利です。

そして、初回の個別相談を終えて約2週間後にご報告をいただきました。
-------------
その後、ベルは粟穂につられて手に乗るどころか飛んできます。
あまりにぐいぐいくるので、それをみた先住鳥のぼたんがやきもちをやき、私との関係にひびがはいりそうで大変でした。
相談の様子をブログにしました。
お時間があるときにでも、ご覧いただけたら幸いです。
-------------

初回の個別相談でお伝えさせていただいた内容を、とても分かりやすくまとめてくださっていたので、飼い主さまのブログをご紹介させていただきます。
飼い主さまのブログ
同じように悩んでいらっしゃる飼い主さまのお役に立ていただければとご承諾いただいております。
手や人に対する恐怖心を克服してあげたい鳥さん(オカメインコさんに限らず)のトレーニングにお役立ていただけましたら幸いです。
20160903ベルちゃん-2
20160903ベルちゃん-3
20160903ベルちゃん-1
本当~~~に手が怖いのであれば、こんな↑風に手から受け取ってくれたりは絶対できません!
よくぞここまで、頑張ってこられたと思っています。

初回の様子は画像におさめることができましたが、およそ2か月後の第2回目の様子を撮影するのをすっかり忘れてしまいました。。。

第2回目の個別相談の際に、一番最初に感じたことは「あれれ?飼い主さんのお顔が暗いぞ」ということでした。
最初の2週間は順調に進んでいたけれど、そのあと、何かうまくいかなかったのかなとお話を聞いてみると・・・
思うようにトレーニングの時間をとることができなかった、、、という点が心にひっかかっていらっしゃったようでした。

オカメインコさんがもう1羽いるとのことで、トレーニングをする時は1羽のみをケージから出している状態が理想ではありますが、それがなかなかできなかったとのことでした。つまり、トレーニングの時間がなかなかとれなかったそうです。

こちらの飼い主さまだけでなく、時々起りえることですが、飼い主さまにもお仕事があり、生活があり、やりたい!やってあげたい!という気持ちとは裏腹になかなか鳥さんと接する時間をとれない、、、というパターンは珍しいことではありません。
ここで、ご自身の生活リズムを崩してしまうほど無理してしまうと、どこかで歪が生じてしまいます。
確かに、鳥さんのトレーニングはやればやっただけ効果は現れます。
飼い主さんの生活リズムにほんの少しでも時間を割かなければ現状を変えていけないというのも事実です。
なので、ほんの3~5分でも結構ですし、毎日やらなくても大丈夫ということもお伝えしております。

飼い主さまにオカメインコさんの変化を細かく訊いていくと、「粟穂がない時も、手にのってくれたことがあった」というご報告を受けて、少なからず、成果は現れているということに気付いていただけたらいいなと思いました。

そして、第2回目の時は、お試しにペレットを試していただいたところ、3種類とも食べてくれたりと、これでまたオカメインコさんなりに自信がついたのではないかなと思っています。

なかなか自分の思うとおりに行かない時って、気持ちが焦ってしまいますよね。
そんな焦った気持ちも鳥さんは敏感に察知してしまうので、トレーニングをする時は飼い主さま自身が楽しくなくてはいけないと思っています。
ほんのちょっとした時間を工夫できるように、最初は飼い主さまが苦にならない程度からスタートしてくださったらいいなと感じています。
スポンサーサイト