個別相談★オカメインコさん★生活全般について、これからについて

毎月1回のペースで小規模セミナーも開催しておりますが、なかなか、タイムリーにブログでご報告することができずに申し訳ありません。。。
鳥さん個別相談についても、まだ6月のものをご紹介させていただいております。。。

今回は、鳥さん個別相談を利用してくださったオカメインコさん(9か月、おそらく女の子)について、ご紹介させていただきます。

20160625ももちゃん1

ご相談内容は・・・
●日中の過ごし方
●呼び鳴き
●おそらくメスなので発情対策
上記に加えて、エサのことや接し方、オカメインコさんとこれから暮らしていくにあたって全般という内容でした。

実は、6月のこの日は2回目のご相談で、1回目の時は飼い主さまのみでお越しになりました。
上記内容についてご提案をさせていただいたところ、「やっぱり、連れてこないとダメでんすね~、次回は連れてきます!」ということになり、2回目のこの日、オカメインコさんとご対面させていただきました。

個別相談では、
①とにかく、これからどうしたらいいのか教えてほしいパターン:
⇒小型、中型、大型に限らず、「鳥さんと暮らすのは初めて」、または「昔、飼っていたけど、かなり昔なので」、「何が正しいのか分からない!教えてください!」という理由で、とにかく鳥さんのことを勉強したい!という場合もご利用される方が多いです。

②問題行動を改善したいパターン
⇒すでに、何らかの問題行動(咬み付き、呼び鳴き、毛引き、自咬、発情、人や手に対する恐怖心etc)が現れていて、それを改善するためにご利用になる方ももちろん多いです。

今回のオカメインコさんの場合は、鳴き声が気になるとはおっしゃっていましたが、①のパターンです。
これから、成長していく過程でおこりえることや、現在の食餌を含めた生活環境に関する内容となりました。お伝えした内容全てを書ききれないので、ほんの一部をご紹介させていただきます。

●食餌にについて:
現在、オカメインコさんは、皮付餌(シード)とペレット(色つき)を5:5の割合で食べてくれているようだったので、着色以外のペレットも食べてくれるようになってくれるといいなと思い、ご提案させていただきました。着色のペレットが悪いという訳ではなく、フンに色がついてしまって、健康管理が難しいため、たまのお楽しみとして与えるのは賛成ですが、毎日の主食には無着色のペレットの方が最適だと考えています。

⇒初回のご相談からおよそ1か月経過した第2回目のご相談の際に、食べてくれたとのご報告をいただきました。どうやらよく食べてくれたので体重が増えてしまったとのことでしたが、食餌全体量の7割くらいがペレットになることを目指して、このまま継続していただくことにしました。皮付餌も、食のバラエティーとしては欠かせないので、継続していただくことに。
ペレットの利点は、総合栄養食ということもありますが、一年を通じて、換羽期や体調を崩した時になどの鳥さんの体調の変化に合せて、エネルギーが高いものや、タンパク質が高いもの、脂肪分が少ないものなどを選べるという点だと感じています。色つきペレットも食べてくれるのであれば、主食ではなくたまのお楽しみと言う感じで与えていただくと、鳥さんも食の楽しみができると思います。

●怖がるモノについて:
この怖がるモノとは、ハシゴと遊び場にいいかなと思って購入したプレイジムのことです。
怖がってしまったから、ハシゴに関しては取り除いてしまったし、プレイジムについてはしまいこんでしまったとのことでした。確かに、恐怖心を与えるモノは鳥さんにとってストレスになってしまうのですが、必要性があるものの場合は克服していく試みをお勧めしています。今回のハシゴやプレイジムは、オカメインコさんにとって必要性があると感じたので、
怖がる ⇒ 取り除く
という考え方ではなく、
怖がる ⇒ 少しずつ恐怖心を取り除く ⇒ 克服!
というアプローチをしていただくことで、鳥さんの方にも自信が出てきて、ちょっとやそっとじゃ動じない鳥さんを目指しましょうとお伝えしています。
オカメインコさんの場合は、
・ハシゴは、まずは飼い主さんが毎日触りまくって、見慣れたモノ、そして、怖いものじゃないんだよということを教えていただくことに。
・プレイジムは、ひまわりの種と赤粟穂が好きだということだったので、プレイジムにこれらを置いてみることをご提案しました。ちょうど、ペレットへの切り替わり時でもあり、この頃は皮付餌の価値がグッと上がるので、いい機会だと思いました。そしてもちろん、プレイジムも、飼い主さんに触りまくっていただきました。

⇒その結果、1か月でハシゴはなんなく克服。あれほど、怖がっていたプレイジムにも近づけるようになったそうです。
ちなみに、オカメインコさん自身は、怖がり屋さんというほどではないと感じました。
怖がり屋さんの場合、個別相談室に来た時に、
①キャリーから出てこない
②トレーナーと目を合せない
③大好きな食べ物でも食べてくれない
という行動が現れます。あと、現実逃避のための高速羽繕いもですね。
しかしながら、こちらのオカメインコさんは、①~③全てクリア!できていたので、これからも、遊びの幅も広がってくるのではないかなと思っています。

輪投げを途中までは教えられたけど、この先どうやって教えたらいいのか分からない、とのことでしたので、やり方をお伝えさせていただきました↓
20160625ももちゃん2
まずは、机の端を利用して、手に輪っかを持ってくる練習から入った方がやりやすそうだったので、それを実践中。
ここから、輪投げの棒に入れてもらうという段階を踏んでもらいます。

この日、見学に来てくださった大学院生の手にものってくれました↓
20160625ももちゃん3

オカメインコさんはまだまだ若いので、これからが本当に楽しみです。
飼い主さまは発情のことをひどく気にしていらっしゃいましたが、年1回程度の発情であれば極々自然な行動ですし、これを持続・継続させないことが大切だということと、もしまた何か不安なことなどあれば、個別相談をご利用いただくことで、飼い主さまの不安を取り除くことができたらいいなと考えています。

***ショップ営業時間変更のご案内***
9月1日から、下記の営業時間となります。
*平日、土日 9:00~12:30 15:30~18:30
*祝日 9:00~12:00
定休日:毎週木曜日
スポンサーサイト