[ご質問No.6] 咬み付きシリーズ:その③時々指を強く咬みます from 20160505セミナー

去る5月5日に開催いたしました「第3回Birds' Groomingセミナー」の「Q&Aコーナー」で、ご紹介しきれなかったご質問を少しずつブログにてご回答させていただきます。
内容については、病気や看護、日常的なお世話、そして、問題行動やトレーニングといった幅広い分野になりますが、詳しいご事情まで飼い主さまにおうかがいすることができないため、掘り下げることができない部分もございますが、ご自身の鳥さんと、鳥さんを取り巻く環境に応用していただき、少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

-----------------------------------

鳥さんの「咬み付き」について、いくつかご質問を受けました。それぞれのパターンについてご回答させていただきたいと思いますので、「咬み付きシリーズ」とさせていただきます。

[ご質問No.6] 咬み付きシリーズ:その③時々指を強く咬みます

[ご質問内容] ==========================
セキセイインコが時々、人間の指を強く咬みます。どのようにしたらいいでしょうか。
========================================

これまでお伝えしてきたように、咬むにもいろいろな理由があります。
これだけの情報ですと、もちろん詳しい状況が把握できないのでなんとも言えませんが、「時々強く咬む」ということは、「いつも強く咬むわけではない」、そして、「咬まない時もある」ということが言えるのではないかと思います。

まずは、飼い主さまが以下の事柄について観察をして、記録をとっていくことをお勧めいたします。
①どんな時に強く咬むか
⇒飼い主さまご自身がどんな行動をとっている時か、そして、どんな行動をとった直後か、鳥さんがどんな行動をとっている時に指を強くかむか、強く咬んだ後の飼い主さまのリアクションは?などを観察する必要があります。
②強く咬まない時、あるいは咬まない時はどんな時か
⇒①同様、飼い主さまと鳥さんの行動を観察していくことが大切です。

観察を続けていくことで、強く咬んでくるときの状況が絞れて、その傾向が見えてくると思います。
もし、ひつこくされることを避けるために、あるいは鳥さんの気分がのらない時に指を出してしまった時、などあるようでしたら、指を差し出す前に、一度おうかがいをたててみてはいかがでしょうか。この後に、カッ!と口を開いて「今はやめといたほうがいいよ!」とボディランゲージを通じて教えてくれるのであれば、じゃああとでね、と指を一旦引っ込めて5秒から10秒程度タイムアウトをとります。そして、もう一度試してみます。
□同じように威嚇、あるいは攻撃的な様子を見せたら、もう一度手を引っ込めて、今度は長めのタイムアウトをとります。
□指を強く咬まずに(あるいは全く咬まずに)ステップアップ、またはカキカキをOKさせてくれたらご褒美をあげる。
という風に、
●鳥さんにおうかがいをたてる(咬まれない環境作りを心掛けてみる)
●咬まない行動の出現率を増やしていきたいので、咬まなかった時にご褒美をあげる(ポジティブレインフォースメント:正の強化)
以上を日常的に取り入れていただけると、強く咬むこともなくなるのではないかなと感じています。

この他に、ターゲットトレーニングも、遊びを通じて、人の手は咬まない、咬んでもいいことは起こらない、ということを伝えられる方法ですので、このブログの中の検索で「ヨダレカケズグロインコ」のキーワードで検索していただくと、過去に行ったターゲットトレーニングの様子がご覧いただけます。

これに加えて、過去の「咬み付きシリーズ」についてもご覧いただき、ご参考にしていただけたらと思います。
細かい様子が把握できていないので、大まかなことしかお伝えできませんが、以上、お役に立てましたら幸いです。

-----------------------------
【これまでのご回答】

[ご質問No.1] ケージに戻す方法

[ご質問No.2] 呼び鳴きを改善するには?

[ご質問No.3] お尻スリスリ…やめさせた方がいい?最後までさせた方がいい?

[ご質問No.4] 咬み付きシリーズ:その①餌を交換する時の咬み付き

[ご質問No.5] 咬み付きシリーズ:その②チミ咬み
スポンサーサイト