個別相談★オカメインコさん★手に対する恐怖心の克服Part.2

3月に第一回目の個別相談を受けてくれたオカメインコさんの続編です。

第一回目の様子はコチラ

第一回目からおよそ一か月後の、4月24日に来てくれました。
果たして、ご自宅でのトレーニングの成果はいかに!

【ご報告内容】
・同居している男性との距離が縮まり、粟穂を見せながらだとスムーズに手にのってくれるようになった。
⇒実際に、個別相談室でもやっていただいたのですが、第一回目の時と比べると、見違えるほどスムーズでした。そこにはもはや、「手っ!怖いっ!」の様子は感じさせませんでした。

・近所をお散歩してみた。
⇒いい意味で予想を裏切られたとのことで、臆病な様子は観られなかったそうです。おそらく、手にステップアップする練習がオカメインコさんにとって自信につながったのではないかと思われます。

トレーナーにもとても友好的♪
きいちゃん20160424-5
きいちゃん20160424-2
きいちゃん20160424-1
きいちゃん20160424-3
グイグイきますっ。本当に、手怖いっ!って言ってたオカメさんですか?という感じでした。

飼い主さまが、「最初は手を怖がるってことで相談に来たはずなんですけど。。。」と、手への恐怖心の克服ぶりに目を細めていらっしゃったのが印象的でした。もう怖くないね!

この1か月の間、飼い主さまが適切なアプローチをしてくださった成果だと思います。
何のアプローチをしないまま、ただ時が経てばいつかきっと・・・という期待は、もしかしたら数か月後、あるいは数年後には報われるかもしれませんが、そんなに待っていられません。これからも、いい関係性を築いていただけたらいいなと思っています。

そして、この日は、ペレット切り替えにも挑戦してみました!
「どれが好きかな~?食べてくれるかな~」と、とりあえず、テーブルの上にペレットを数種類ばら撒いてみました。
きいちゃん20160424-4
あっさり、食べてくれました!
できる子です!

4月初めくらいに未消化の便が出たとのことで、やはり消化のいいペレットに切り替えていきたいということで、今回ペレットへの反応を試すことにしました。これから少しずつ、ペレットに切り替えていっていただけたらと思います。

あともう一つ、オカメインコさんの課題になっていた「呼び鳴き」改善については、なかなか成果がでないとのことでした。呼び鳴きの改善は、一貫したルールと根気が必要です。今回、ご提案させていただいたのが、大好きな飼い主さまが視界から消えたら、同居している男性と遊んでもらう、という方法をとっていただくことにしました。
「大丈夫、ちゃんとすぐ戻ってきてくれるよ」、ということと、「ほら、いなくても楽しいこともあるよ」ということを少しでも学習してくれたらいいなと思っています。

オカメインコさんのご相談はこれで終了となりますが、また何かの折に、遊びに来ていただけたら嬉しいです。

スポンサーサイト