個別相談★オカメインコさん★手や人に対する恐怖心の克服

***********************************
※熊本、九州で起きた地震の影響を受け、鳥さん用エサを必要とされている方へ※
下記のいずれかで入手することができますので、お問い合わせくださいますようお願いいたします。
--------------------
熊本市動物愛護センター 様
ご住所:熊本県熊本市東区小山2丁目11-1
お電話番号:096-380-2153
--------------------
--------------------
城南さくま動物病院 様
ご住所:熊本市南区城南町東阿高20-3
お電話番号:0964-28-6803
Facebookページ
--------------------
***********************************

4/12付けでご紹介させていただいたオカメインコさんとはまた別のオカメインコさんです。

不思議なことに、個別相談でのご相談内容が、異なる鳥さんであっても、時々、同じ内容が続く場合があります。

3月に来てくれたオカメインコさん(男の子、1才半)。
ご相談内容と目標は・・・
・咬み付き改善
・手や人に対する恐怖心の克服
・手を怖がらずに、ステップアップできるようになってほしい
・肩にはとまるけど、耳を咬むのでかわいいと思えなくなってしまう
とのことでした。

確かに、咬まれてしまうと、人側も怖くなってしまう心理が働いてしまうようです。
手への恐怖心もそうですが、咬むことも過去の経験から獲得した行動なので、手や人は怖いものではないということを少しずつ教えていくようにご提案させていただきました。

前回、同じ内容でご紹介させていただいたオカメインコさん同様、個別相談に来ると、いつもと違う環境で、知らない人(=トレーナー)もいるので、一気に飼い主さまの価値が上がるようです。飼い主さまにすんなりステップアップ!↓
マロンちゃん20160326-6
ただし、手首から先が見えると怖がってしまうので、こんな↑風に隠した状態でしたら、問題なくステップアップしてくれるということが分かりました。

マロンちゃん20160326-2
初めて出会った、トレーナーにもすんなりステップアップしてくれました。

そして、ご自宅での放鳥時には、もう一羽のオカメインコさんと一緒に、飼い主さまの肩でじっとして動かない、とのことでしたので、もっと自分で遊んでもらうようなアプローチもご提案させていただきました。動かないのか、動けないのか、、、もし、怖がり屋さんだったら、動けない可能性があります。
こちらのオカメインコさんの咬み付きは、自分を守るための自己防衛からくるものではないかと考えています。もっと遊ぶことを覚えることによって、自信にもつながるのではないかと考え、結果的に攻撃的な行動を減少させ、消去できるのではないかと考えています。

そして、「これどうかな?」と、ワラの素材を試しに与えてみると・・・
マロンちゃん20160326-3
すぐに興味を示して、カジカジしてくれました!

「じゃあ、同じワラの素材だけど大き目なのはどう?」と渡すと・・・
マロンちゃん20160326-1
こちらも怖がることなくすぐにカジカジ♪

意外と、思っているほど臆病ではないという手応えを得たので、齧って遊べるものを与えることと、これ以外に次の内容をご提案させていただきました。
・まず、ご褒美を決める。
・手首から先を見せないようにしてステップアップの練習。少しずつ、手首から先の露出度を上げていく。
・ムリヤリ、手にのせようとしない。
・おもちゃで遊んでほしい時も、おもちゃの方から近づけない。オカメインコさんの方から近づいてもらうようなアプローチをする。これには、ご褒美を活用していく。
何はともあれ、ご褒美にしろ、おもちゃにしろ、オカメインコさんが大好きなものは何かな?と探っていくところからスタートです。

実際、飼い主さまに対してとても怖がっているようには観えませんでしたし、今、オカメインコさんが抱いている恐怖心を少しずつ取り除いていくことで、咬み付きも改善できるのではないかと考えています。次回のご相談まで2カ月弱。この間、ご自宅で試していただき、またその時の様子をご紹介させていただきたいと思います。
スポンサーサイト