個別相談★ヨウムさん★苦節14年

定期的にお越しのヨウムさん。
先日お越しいただいた時に明らかに顔つきが変わっていてびっくりしました。

元々、怖がり屋さんで、小さい頃に病気の治療を余儀なくされて、それから手を怖がるようになり、手乗りになれずに13年が経過して、2014年7月から個別相談をご利用いただいています。

以前のブログでも、飼い主さんの手やバードトレーナーの腕にものってくれるようになったことをお伝えしましたが、1月中旬にお越しいただいた時のヨウムさんの顔つきがすっかり穏やかになっていて、本当に驚きました。まさに、“豹変”です。もちろん、いい意味の方です。

ヘホちゃん20160112
画像ではうまく穏やかな表情を撮ることができずに残念です。。。かえって、緊張しているように写ってしまいました。。。
この日も、トレーナーの腕にのってくれました♪

怖がり屋さんですが、「怖がらせないようにしましょう」という接し方はしていません。むしろ、いろいろなものに、段階を踏んで慣れてもらうようにしていき、度胸と自信をつけてもらうような接し方をしていただいています。その成果が最近明らかに現れていると感じています。
ヨウムさんは手にはまだまだ抵抗があるようなので、その代りに移動のためにのってもらうT字棒(別名:ヨウム棒)から始まり、サボテンの止まり木、コットンロープパーチにものってくれるようになりました。サボテンの止まり木もコットンロープパーチも、最初は怖がっていたものです。それでも、少しずつ少しずつ慣れてもらってのることができたのは、ヨウムさんにとって自信につながったのではないかなと思っています。

飼い主さまのお言葉を借りると、苦節14年で、手乗り職人さんへの道を歩き始めたヨウムさん。これからも、楽しみながら手乗り職人(鳥)を極めてもらえたらいいなと思っています。

そして、こちらにもいい意味での豹変を遂げた鳥さんが・・・
ポップコーンと雪之丞20160121-1
ショップにいる雪之丞@タイハクオウムです。

お越しいただく飼い主さまにも分かるくらい、最近本当に明るくなりました。
よく遊び、よく動き、自分の感情も表現してくれるようになって何よりです。
ショップに来た当初は、ステップアップもしれくれませんでしたが、最初はご褒美を見せながらできるようになり、最近ではステップアップをすると片足を上げてくれるほどになりました。

今の課題は、雪之丞の好きな食べ物を見つけていくことです。
そして、雪之丞のこれまでの行動を観察して考えたアプローチが、
①サフラワーシードが好き。粟穂も好き。
②バルサ材のようなサクサクした木材が好き。
③サイザルロープが好き。
ということから、①と②からヒントを得て、ラフィーバーのポップコーンを試してみたところ、食べてくれました!
ポップコーンのサクサク感が、バルサ材のサクサク感と近い、似ている。
ポップコーンの中に、サフラワーを挿す。ポップコーンは柔らかいのですぐに挿せます。
そして、このポップコーンの周りには、粟もついている、ということで、すでに行っている行動をうまく利用することができたようです。

ポップコーンwithサフラワー
ポップコーンにサフラワーを突き刺した様子↑
外からは見えないくらいにもっと奥まで突き刺しています。
小型~中型用のポップコーンにはサフラワーがついていませんが、大型用のポップコーンひはサフラワーが周りについている鳥さん用おやつです。

それでもまだ、サフラワーを取り出すと残りのポップコーンをポイッと落としていますが、少しずつ食べてくれるようになったので、食の幅が広がってくれるといいなと思っています。

ポップコーンと雪之丞20160121-2
「なかなかイケるね♪」

ニュートリベリー20160121
ラフィーバーのニュートリベリーにも挑戦中。
これもやはり、サフラワー狙いですが、周りのシードも齧ってくれています。

鳥さんは、どこかのポイントで変わってくることがあります。
このポイントは、もしかしたら明日くるかもしれませんし、1か月後、1年後、それ以上かかるかもしれません。やはり大切なのは、飼い主さまがあきらめてしまうことなく、折を見て、挑戦していくことで、そのポイントがやってくると思います。
あきらめないことが何よりも大切ですね。
スポンサーサイト