研修生がやってきた 【雪之丞レポート】

こんにちは!ボクです!

ショップで何やら見慣れない人が・・・と思った人もいるんじゃないかな?
実は、専門学校から研修生がやってきたんだよ。

20151021研修生2

ショップがオープンしてから1年5か月になるけれど、まさか専門学校から研修生受け入れの依頼がくるとは!!と、慣れないことにスタッフたちもあたふたする始末。

でも、飼い鳥専門の病院併設ショップは日本でここだけ(たぶん)だし、これからのペット業界を担う若者に伝えたいことはいくらでもあるので、スタッフたちは気合十分で受け入れることに。
やっぱり、ボクたち鳥に興味を持ってくれるコは本当に貴重だし、大切にしたいよね。

温かく、そして、厳しく見守るボク↓
20151021研修生1
「そこ!もっと腰を入れて掃いてっ」

このショップを研修先に選んでくれた理由は・・・
「鳥の1個体ずつ違う性格に対し、どう接していくか、どうすれば仲良く、お互いが暮らせるかなど考えることが楽しいと気付かせてくれた鳥のために働きたいと思うようになりました。」
ということらしいよ。
そして、ボクたちショップの方針やトレーニング法のポジティブレインフォースメント、知識と経験から生まれた知恵を伝えていることにも興味を持ってくれたんだって。
身が引き締まる思いだよね、スタッフは。

「こんなに丁寧にいろいろなことを教えてくれる研修先は初めてです」
と言ってもらえて、店長はご満悦でますます力が入っている様子。これこそが、まさにポジティブレインフォースメントトレーニングだねっ。

研修期間は1週間ととても限られた期間だけど、このお店での研修が将来、少しでも役立ってもらえると嬉しいな。
がんばれ!研修生!
そして、スタッフたち!
スポンサーサイト