個別相談★コミドリコンゴウインコさん★ご褒美の使い分け

今回、2度目のお越しとなったコミドリコンゴウインコさんのご紹介です。

1回目のご相談内容は・・・
●オンリーワン解消・・・オンリーワンにまでは至っていませんでしたが、ナンバーワンの人からナンバーツー以下の人への移動の際には、ちょっとしたコツが必要と判明。コツとは、ナンバーワンの人の肩にとまっている時は咬み付きますが、腕にいる時は咬み付かないということから、「おいで」トレーニングで、自ら腕まで下りてきてもらうことに。腕まで下りてきてくれたら、他の人への移動は咬まれずにすみます。これは上手にできるようになりました。

●咬み付き改善・・・これに関しても、コミドリコンゴウインコさんと人側の歩み寄りが必要で、ひつこくしないことや、興奮している時には手を出さないこと、を実践することで、被害は激減したそうです。

2回目となる今回は・・・
1)タオルにくるまれるようになる ⇒ 健康診断の時や爪切りの時に役立つ。
2)キャリーに自ら入れるようになる
ということを目標にしたいとのことでした。

いずれも、ご褒美トレーニングの正の強化(Positive Reinforcement:ポジティブレインフォースメント)を用いて行いますが、学習してもらいたい行動によっては、ご褒美を使い分けることが大切です。

りこぽんちゃん20150818-3
タオルトレーニングはアーモンドを使って、ここ(=タオルの上)にいるといいことがあるね!を教えます。しばらくすると、タオルが敷いてあるところ以外には行かなくなるくらい、アッと言う間に学習してくれました。
今後は、少しずつ少しずつ、タオルにくるまれることは楽しいことで、イヤなことじゃないよということを教えていくことが課題です。

コミドリコンゴウインコさんのご褒美は、「おいで」トレーニングの時もアーモンドを細かく砕いたものですが、キャリーに入る練習の時は、これを見たら興奮してしまう!という、ボールの中に鈴が入ったものを利用することにしました。
ただし、即席で作ったものなので、いつもご自宅で遊んでいるものとは異なり、いまいち燃えてくれませんでした。。。

りこぽんちゃん20150818-2
りこぽんちゃん20150818-1
ご自宅でのトレーニングを通算しても、今までで一番、キャリーに近づいてくれた様子↑
キャリーは、最初の段階として、上部分を取り外してあります。
大好きなおもちゃをキャリーの中に入れて、この中で遊んでくれるようになればしめたものです。

繰り返しの練習が必要な場合は、大好きな食べ物を細かくしたものが有効ですが、キャリーやケージに入ったりする場合は、入ってからそこに留まってほしいので、大好きなおもちゃや破壊に熱中できるものを用いると有効です。

トレーニングの内容によって、食べ物だったり物(おもちゃ)だったり、使い分けることをお勧めします。

****イベントのご案内****
「鳥さんお悩み相談会」を開催いたします。
鳥さん同伴OK(条件付き)のイベントです。
興味のある方は、下記より詳細ページをご覧ください。
オカメインコ編  11月8日(日)
ヨウム・コイネズミヨウム編 11月29日(日)
小型の鳥さん編 11月22日(日)
中型の鳥さん編 12月6日(日)
大型の鳥さん編 12月13日(日)
●13:00~15:00(予定)
スポンサーサイト