個別相談★セキセイインコさん/自咬改善★もう来なくていいです♪

「もう来なくていいです」

と、言われたとしたら、どうでしょうか?
一般のお店などでこんなことを言われたら、ショックを受けたり、激怒したり、平常心ではいられないと思います。
この言葉は、長年、自咬の治療に通院していらっしゃった飼い主さまに向けての言葉です。
つまり、自咬が改善されて、晴れて、通院は卒業!という言葉です。

前回、ご紹介した時は、7月18日に、およそ3年間首に巻いていたカラー(テープ)が取れました!とご報告させていただきましたが、その後、3週間以上が経過しますが、自咬も再発することはく過ごせているそうです。ホッと一安心です。

8月1日に「もう来なくていいです」と言われて、ショップにお立ち寄りいただいた時の様子↓
福ちゃん20150801
ショップでご機嫌になにやらおしゃべりを披露してくれました。

セキセイインコさんは現在4才になるそうですが、その鳥生(人生の鳥さんバージョン)の内の3年間、首にテープを巻いて自咬を防止し、およそ2週間おきにずーーーっと通院されていました。
横浜小鳥の病院の併設ショップができるまでは、治療は受けられたとしても具体的な改善について相談できるところもなく、ただただ首にテープを巻くしかなかったそうです。そして、昨年5月に病院併設ショップがオープンし、個別相談を利用されてからおよそ半年の間、環境面や食餌面を見直してもらい、通院を卒業!となりました。

何が原因かをつきとめながら改善していくわけですが、原因が分かったとしても、一度癖になってしまった習慣はなかなか改善できません。なので、あの手この手を試してきましたが、飼い主さまに、今後の参考に、「何が一番の原因で、何が一番効果があったと思いますか?」とお尋ねしたら・・・
●一番の原因は自分自身(=飼い主さま)の知識不足であったことが大きい。
●夜、ぐっすり眠れるように場所を変えたこともよかったと思います。
●その他に、エサの見直しや発情した時の対策など、一つに絞りきれません。
ということでした。
詳しい取り組みについては、ホームページの「飼い主さまの声」にてご紹介をさせていただけたらと思います。現在、準備中ですので、いましばらくお待ちください。

以前(2015年1月)のセキセイインコさん↓
福ちゃん20150124

このブログを見て、かわいそう、、、と思ったとおっしゃる方もいましたが、少なくとも、トレーナーは一度もかわいそうだとは思ったことがありません。本当です。
確かに、首に巻いた分厚いテープは重そうですし、自分で羽繕いをすることも難儀に見えましたが、鳥さんはたとえ足が悪くなったり、飛べなくなったとしても、順応できる力を持っているので、今できる範囲で不自由なく過ごそうとしますし、できると感じています。こちらのセキセイインコさんも、きっとそうだったと思います。
病院併設ショップができて、そこでトレーナーとして個別相談をやらせていただいている身として目指すところは、「よりよい暮らしができること」を目標にしています。
初めて、このセキセイインコさんに出会った時も、何とかこの首に巻かれたテープを取ってあげたい!せめて、もっと軽く、もっと薄くしてあげたい!という気持ちで臨みました。このセキセイインコさんに限らず、理想とする姿に対して100%望みがかなわない場合もありますが、少しでも近づけていくためのご提案ができたらいいなと、常日頃から思っています。

つまり、最初からあきらめない!という気持ちを飼い主さまにも伝えていけたらと思っています。

もしかしたら、また自咬が再発してしまう可能性もあります。そしたらまた取り組みを始めればいいだけの話なので、もちろんそうなってほしくはありませんが、飼い主さまご自身もどっしり構えてくださっていると思います。

通院していた時は、2週間ごとに会えていたので、会えなくなってしまうのは寂しい気持ちもありますが、会えなくなったことは本当に喜ばしいことですね。
何か合った時はまた遠慮なくご連絡ください、と言いながらも、いやいやそんなものはない方がいいです、と病院が絡んでいる立ち位置として、なんとお声掛けしていいか戸惑いつつ、次回お会いする時は、健康診断に来てくれた時に会いましょう!ということで、これからもセキセイインコさんも飼い主さまも楽しく元気に過ごしてくれることを切に願っています。
スポンサーサイト