個別相談★セキセイインコさん/自咬改善★新たな一歩!

みなさん、こんにちは!

福ちゃん20150718-2
これまで、ちょこちょことブログに登場していたこちらのハンサムボーイ、見覚えがありますか?
(ブレててすみません。。。)

そうです!こちらのセキセイインコさんは・・・
福ちゃん20150602
昨年末から自咬改善に取り組んできたセキセイインコさんです。
7月18日に、晴れて、カラーが取れました!!

最初の自咬から足かけ3年以上、ご相談にお越しになったのは2014年12月末からで、この半年以上、環境と食餌を改善して、長らくお世話になっていたエリザベスカラーをはずすまでに至りました。
最初にセキセイインコさんに会った時に、「このコのカラーを何とか取ってあげたい!」と、とても強く思ったのを覚えています。

福ちゃん20150704-1
ここ数か月は、カラーの幅を1mmずつ短くしていきながら、様子を観ていました。(病院側で)
去年までは、幅20mm(画像左)のテープを首に巻いていたのですが、少しずつ短くしていって今年の7月14日の時点で幅14mm(画像右)に。
飼い主様も、「そろそろはずしてもらおうと思います」と言えるほど、ご自宅でもとても落ち着いて過ごせるようになったそうです。
以前までは、癇癪を起すなどして、カラーを首に巻いていても首に噛んだ跡(傷)ができるほどだったのですが、
●落ち着いて過ごしてもらうための環境の改善
●接し方の改善
●食餌内容の見直し
を地道に取り組んでもらい、カラーをはずしてみようという段階に至りました。
何度か、飼い主様に厳しいことを言ってしまったこともありますが、ここまでこれたのは飼い主様の地道な努力のおかげです。

しかしながら、カラーがとれたからと言って、これでめでたしめでたし!ではありません。
これからが正念場だと思っています。
また自咬を始めてしまう可能性はゼロではありません。このことは、飼い主様も十分ご承知で、「どうしよう、どうしよう、また自咬を始めたら・・・」とビクビクして過ごすことがないように、これまで通りの接し方で、「また自咬を始めたら、もう一度やればいいから大丈夫!」というお気持ちで過ごしていただくことをお願いしました。

自咬もそうですが、毛引きの改善は、一度癖になると改善するには本当に時間がかかりますし、根気が必要です。
完璧に改善まで至らず、少しは改善できたという場合も多々あります。
たとえそうであっても、いつもこれらの問題行動に取り組む時は、飼い主様と目標は一つ、「自分の体や羽根をいじるよりも、他にもっと楽しいことがあるよ」ということを伝えられたらいいなと思っています。

次回、セキセイインコさんがお越しになるのは2週間後です。
内心ドキドキしていますが、トレーナーがこんなことではいかんと思い、平静を装いつつ、報告を待ちたいと思います。

セキセイインコさんのこれまでの様子↓
2015年1月10日
2015年1月24日
2015年2月7日
2015年3月28日
スポンサーサイト