個別相談★アオメキバタンさん★続・スタンドに挑戦!

本題に入る前に、、、、ショップ内のレイアウトを少し変えました。

ショップレイアウト20150621
画像↑は、視覚的にお伝えさせていただくために、レイアウトのご提案をディスプレイしたものです。「足の悪い鳥さん・老鳥さん」向けのレイアウトのご提案と、「ダイエットが必要な鳥さん・発情防止」向けのレイアウトです。
ショップにお立ち寄りの際は、実際にご覧いただいて、それぞれの鳥さんに合った方法やアイディアをご検討いただけたらと思います。
新規のおもちゃ類ももうすぐ店頭に並びますので、その際はまた改めてご紹介をさせていただきます。

そして、本題へ・・・
5月31日に、2回目のお越しとなるアオメキバタンさんのスタンドへの挑戦についてのご紹介です。

第1回目(4月12日)の挑戦の様子はコチラ

第1回目の時には、ずっと放置してあったスタンドに止まることができて、ご自宅でも挑戦していただいたようですが、ご自宅では思うようにのってくれず。。。という感じで、2回目のお越しとなりました。

ろじゃ君20150531-2
個別相談室にやってくると、いつもと違う環境ということもあり、そして「スタンドにのることはイヤなこと、怖いことじゃない!」ということはすでに理解してくれているので、2回目の時も何度ものってくれました。

ご自宅で挑戦された時は、スタンドをスイッと避けて飼い主様の方に歩いてくるとのことだったので、スタンドを常にアオメキバタンさんの正面になるように、移動してもらう方法で試していただきました。
つまり、スタンドをスイッと避けたら、スタンド自体をスッと移動させてアオメキバタンさんの正面に置く、という感じです。
そして、スタンドにのれたらもちろん、ご褒美です。

す・る・と・・・
ろじゃ君20150601自宅にて
ご自宅でもスタンドにのれました!といううれしいご報告と、アオメキバタンさんのどや顔の画像をお送りいただきました。
とてもいい表情をしてますね、お見事です!

実はそうこうしている内(ブログ更新をおさぼりしている間)に、第3回目となる6月20日にもお越しいただきました。

ご自宅で引き続き、スタンドにのる練習をしてくださっていましたが、ある日、嫌気がさしたようでご褒美を持つ指をガブッとされたそうです。。。
スタンドにはのれますし、全く怖がってもいませんが、「スタンドにのる動機付け」がなかなか難しいですね。
【人側の思惑】 放鳥中にスタンドにのっていてくれたら、ケージのお掃除もスムーズにできるから、乗っててほしいな。
【鳥さん側の思惑】 スタンドにはのれるよ。でも、のる意味が分かんないっ。だって、床をあちこち歩き回った方が楽しいもん♪

という感じでしょうか。

前回のブログでもお伝えさせていただきましたが、こちらのアオメキバタンさんは、過去に悲しいバックグラウンドがあり、現在の飼い主さまは4番目のお家となります。過去に受けた経験から、最初は人を信用できずに、咬んで攻撃することで自分の身を守ろうとしていた鳥さんです。現在の飼い主様と出会って、少しずつ、少しずつ、人に対する信頼を築いている状況です。
なので、ケージをお掃除中に、あまりウロウロされてしまうと、ガブッがくる可能性もまだゼロではないのです。そのような中、スタンドにとまって、おもちゃで遊んでいてくれたらいいなということで、現在取り組み中です。

3回目(6/20)の時の様子↓
ろじゃ君20150620-2
もう、こちら↑のスタンドには問題なくのってくれます。ただやっぱり動機付けがぁ・・・

そして、高さのあるスタンドにもこの日から挑戦!
ろじゃ君20150620-3
まずは、横にした状態からトライ!

ろじゃ君20150620-4
こんなのちょろいぜ!えっへん!

ろじゃ君20150620-1
スタンドを立てた状態の時に上になる方に誘導して、しばらくこの状態で慣れてもらってから、スタンドを立ててみる予定です。
あるいは、自分でよじ登っていけるように誘導できるなら、その作戦にも挑戦していただくことに。

咬んでしまう攻撃的な行動は、自分の身を守るための最終手段です。
こういう行動でしか、人に自分(=鳥さん)の意思を伝えられず、人からも教えてもらっていなかったのです。
そしてようやく、現在の飼い主様と出会い、愛情を持って接していただき、且つ適切な方法でトレーニングをしていただくことによって、「自分がいる場所は安全な場所。信頼できる人!」という風に理解をしてくれているようです。少しずつ、新しいことに挑戦していくことによって、できた!という喜びは鳥さんの、そして飼い主様の自信にもつながります。
これからも少しずつ、無理なく、信頼関係を築いていただきながら、チャレンジを続けていきたいと思います。
スポンサーサイト