性格いろいろモモイロインコさん ~思い込みは危険!~

4月から、「鳥さんヒントセミナー」と題して、鳥種別のセミナーを開催中ですが、5月24日に開催予定だった「モモイロインコ編」は、残念ながら、お申込み人数が最少催行人数に達しなかったので、延期となりました。。。

しかし!もともと、この日は参加する気満々だったとおっしゃってくださった飼い主さまとモモイロインコさんが、情報交換もかねてお越しいただきました。

こちらは、2才2か月の女の子↓
モモイロインコ20150524-1
飼い主さまご自身も希望して、なおかつ行動に移していただいていますが、人見知りをしない鳥さんになってもらいたいという願い通り、初対面の人にもとてもフレンドリーなモモイロインコさんです。
頭をカキカキしてほしい時は、「モモちゃん」と、スイートなボイスで一瞬で人をメロメロにしてしまうと得意技を持っています。
そして、この日初めて見た雪之丞のスタンド止まり木にも怯えることなくすぐにとまれることができて、お気に召してくれたようです。

そして、こちらはもうすぐ7才になる女の子↓
モモイロインコ20150524-4
こちらのモモイロインコさんも、とてもフレンドリーで、頭を下げて無言でカキカキをおねだりする技をお持ちです。

「同じ鳥種だから、すぐに仲良くなれるなんて、とんでもない飼い主の妄想だよね~」と、言わんばかりに、お互いの存在をないものにしている様子↓
モモイロインコ20150524-3
お互い目を合わせません。
モモイロインコ20150524-6
こんなに近くにいるのに、目を合わせません。
モモイロインコ20150524-5
ひたすら目を合わせません。
まっ、そんなもんですよね。

モモイロインコと雪之丞20150524
そして、ショップにいる雪之丞との微妙な3ショット↑
一切、目を合わせません。

この日お越しいただいたモモイロインコさんたちは、2羽ともフレンドりーで、物怖じしない性格だと思っています。これは、観察に基づく見解です。
鳥さんの性格について、「うちのコは臆病なんです」、「うちのコは怖いモノ知らずなんです」と、ごくまれに「思い込み」をされている方がいらっしゃることがあります。
この「思い込み」は、時に危険で、鳥さんの許容範囲を超えてしまうこともあります。
例を挙げますと・・・
●「臆病」だと思い込んでいるパターン:
臆病だから、とにかく怖がらせないように怖がらせないように、、、としていると、実は鳥さんが持っている可能性の芽を摘んでしまうことになります。時々、「これだったら大丈夫なんだ!」という、思いがけないモノが見つかることもあります。この発見は、あきらめてしまっては辿り着けなかった発見です。そして、臆病な鳥さんの場合、少しずつ少しずつのアプローチで、度胸をつけてもらう試みを続けていっていただけたらと思います。

●「怖いモノ知らず」だと思い込んでいるパターン:
何をしても大丈夫!と思い込んでいる飼い主さまは、いきなり初めて見るおもちゃをケージに入れてしまって、これが原因で毛引きを始めてしまったというケースもあります。たとえ、どんなものに対しても平気!という鳥さんに対しても、初めてのモノを導入する際は、まずはおうかがいを立ててみて、怖がっていないかどうかを観察してから、ケージの中に設置してあげることをお勧めいたします。

これらの他に、「どうせ●●しないんでしょ」というのも、思い込みの一つです。
例えば、「どうせお野菜食べないんでしょ」と、お野菜を与える機会を失くしてしまう前に、
・お野菜の切り方を変えてみる
・細かく刻んでみる
・好きなものと混ぜてみる
・他の鳥さんに協力してもらって、おいしそうに食べている様子をみせびらかす
・乾燥したものを与えてみる
などなど、いろいろと試してみることをお勧めいたします。
中には、長年、全く見向きもしなかったお野菜をある日突然、食べ始めたというケースもあります。このきっかけは何だったのかは正直分かりませんが、これも、飼い主さまがあきらめずに、お野菜と遭遇する機会を継続して与えた結果だと言えます。

「うちのコはこう!」と決めつける前に、鳥さんの行動をしっかりと観察してあげるをお勧めいたします。
スポンサーサイト