個別相談★セキセイインコさん/自咬改善★表情にも行動にも変化が

昨年末から個別相談にて、自咬改善に向けて取り組み中のセキセイインコさん。

これまでの様子↓
2015年1月10日
2015年1月24日
2015年2月7日
2015年3月28日

3月28日にお越しいただいた時の様子をお伝えさせていただきます。

セキセイインコさんの自咬の原因は、どうやら精神的な不安などがからんでいることの方が大きいとの見解から・・・
1)何か落ち着かないものの存在があれば取り除いていく
2)落ち着けるような環境作りを整えていく
以上を重点的に取り組んでいただきました。

自咬の傷口もいい方向に進んでいると手応えを感じています。

そして、そろそろシード食からペレット食に切り替えていくことにも取り組んでいくことにしました。
これまでは、生活環境の改善を重点的に行ってきたので、これからは食餌改善に取り組んでまいります。

毛引きもそうですが、自咬の改善の時は、いろいろなことを一気にやろうとせずに、一つずつ原因を探り、実践していくという方法で進めています。
生活環境面では、落ち着ける方法がケージの一面にハンカチをかけて、目隠しとなる場所を作ってあげることによって、癇癪を起すことなくずいぶん落ち着いてきてくれたので、いよいよ食餌改善にチャレンジです。

落ち着いてきてくれたことによって、以前は観られなかった、「飼い主さんの手の上で寝る」、「ケージの下におりる(どうってことがない行動のようにお感じになる方もいらっしゃるかと思いますが、ケージの下に降りれるくらい行動範囲が広がって、自信につながっているという見方ができます)」という行動も現れてきました。

少しずつ、フォージング(採食行動)も取り入れてもらっているので、少しでも自分の皮膚を齧るよりも楽しいことがあるよということを伝えていけたらいいなと思っています。
福ちゃん20150328
どうしても、キャリー越しの撮影になるので柵が邪魔ですが、表情も以前と比べて本当に明るくなったと、飼い主さまもおっしゃっています。
これからも少しずつ、セキセイインコさんと飼い主さまと一緒にチャレンジです!
スポンサーサイト