個別相談★コザクラインコさん&セキセイインコさん★年齢に合わせてちょっとずつ

1月20日にお越しいただいた鳥さんたちをご紹介させていただきます。

【コザクラインコさん】

いろいろな事柄を慎重にやっていかないといけないコザクラインコさんです。
当面の目標は、体重キープと食事制限されている中でも「お腹すいた!」ばかりでなく、フォージング(採食行動)を取り入れながら、楽しく過ごしてもらえるような方法を飼い主さまと一緒に模索中です。
この日は、ちょっぴりショックなこと(想いを寄せているコザクラインコさんに邪険にされたり、注射を打たれてしまったこと)があり、気持ちが落ち込んでいました。
明日香ちゃん150120-2
トレーナーの肩にのってくれましたが、テンション低めです。
明日香ちゃん150120-3
セクスィーポーズ↑
体調が本調子ではなかったご様子なので、まずは体調が回復してからまたあの手この手で取り組んでいけたらいいなと思っています。

【セキセイインコさん】

もうすぐ12才を迎えるセキセイインコさん。
ふうちゃん150120
飼い主さま曰く、内弁慶とのこと。とてもかわいいです。相変わらず、撮り方が下手ですみません。。。
毛引きのご相談で昨年末からお越しいただいています。
年齢的なこともありますのであまり無理はさせられない中、飼い主さまが上手にアプローチをしてくださっていて、12月6日にエリザベスカラーをはずして、これまでカラーをしなくても済む状態で過ごしてくれています。
こちらのセキセイインコさんの場合、羽根をむしることで飼い主さんの気を引こうとしている部分もありましたので、
1)羽根をいじっている時やむしっている時は、声を掛けない、視線を送らない。その代わり、羽根をいじったりむしったりしている時以外に声掛けを。
2)臆病な部分もありますが、ケージの外のレイアウトをほんの少しだけ変えてみる。
ということを実践していただいています。
取り組みをされていらっしゃる中で飼い主さまが気づかれたことがあります。今までは怖がるからと、いろいろなおもちゃ類はセキセイインコさんの視界に入らないようにしていたそうですが、今回ご提案させていただいたおもちゃ類を、透明の容器に入れて置いておいたら、何を思ったか、透明の容器に近づいて行ってつついたりしているそうです。
羽根をいじったり、むしったりすることから関心をそらすための作戦として、上記2)をやっていただいているのですが、少しでも「あれは何!?」という物が出現することで、そちらの方に関心を向けられます。つまり、羽根をいじる時間が減るということです。

鳥さんは、「あれなんだろう??」と思考することによって、
 ↓  ↓
思考(頭を使うとすると)疲れてくれます。
 ↓  ↓
疲れると寝ます。
 ↓  ↓
寝ると必然的に羽根に向いていた時間が削減されます。
ということになります。

鳥さんを怖がらせるということでは決してありません。
鳥さんに合わせたいい感じの「あれ何!?」というような関心が向けられる物は“いい”ストレスになります。
こちらのセキセイインコさんは、飼い主さまが「遊ばないから、怖がるから」と言って、セキセイインコさんの視界に入れないようにとせずに、視界に入る位置に置いておいていただいたおかげで、少なからずそちらに関心が向けられているのだと思います。
毛引きの鳥さんやずっと発情をしている鳥さんに対しては、「わ!あれ何!?」と思うような物を登場させることで、関心をそちらに向けられる役割を担ってくれると思いますので、鳥さんがひどく怖がらない範囲で試していただけたらと思います。
スポンサーサイト