個別相談★ルリコンゴウインコさん&ワカケホンセイインコさん★鳥さんを変えるにはまず自分から

1月18日に個別相談にいらっしゃったルリコンゴウインコさんとワカケホンセイインコさんについてご紹介いたします。
どちらも同じ飼い主さまです。

これまで数多く登場してくれたルリコンゴウインコさんの飼い主さまが、今度はトレーニング自体をもっと勉強したいというご意向で、まずはお家の鳥さんを相手に、トレーニングのいろはをお教えすることに。いくら本を読んでも、そしていくらトレーナーからお教えしたとしても、一番の先生は鳥さんだと感じているからです。

そこで、トレーニングの相手として選ばれたのがワカケホンセイインコさんです。
茶々丸ちゃん150118-2
茶々丸ちゃん150118-1
色っぽい目をしていますが、色っぽい声も出せます。

トレーニング法は、ショップでも用いている応用行動分析学に基づくPositive Reinforcement(ポジティブレインフォースメント:正の強化)です。学習者(この場合は鳥さん)に対して、最も押し付けがましくなく、最も干渉の度合いが少ない方法と言われていて、簡単に言うと「望ましい行動を褒めて伸ばす」方法です。もちろん、罰は一切与えない方法です。
初回となるこの日は、
●観察のポイント
●ご褒美を出すタイミング
以上をお伝えさせていただき、まずは最適なご褒美を選ぶということを宿題にさせていただきました。
今後もこちらのブログで、ワカケホンセイインコさんの様子をお伝えしてまいります。

そして、こちらは度々登場してくれているルリコンゴウインコさん。
キョロちゃん150118-2
去年の7月12日から個別相談を始めて、当初のご相談内容が
・咬み付き
・オンリーワン
・怖がり
・毛引き
の改善が目的でした。
今では咬み付きもなくなり、その他のオンリーワンや怖がり、毛引きも改善できました。
これもひとえに、飼い主さまがご提案させていただいたトレーニングプランをあきらめることなく実践してくださったおかげだと感じています。実はトレーニングを開始した7月と8月は、ルリコンゴウインコさんにとって、換羽の時期でもあり発情の時期でもあったので、ダブルにイライラがマックスの時期でした。飼い主さまは一番難しい時期にチャレンジしてくださっていたということになります。後から聞いたお話ですが、一番最初にトレーナーの方からお伝えさせていただいた「鳥さんは絶対変わりますよ」という言葉を信じて、この時期を乗り切ってくださったそうです。
鳥さんを変えたいと思ったら、まずは環境の見直しや飼い主さま自身の行動や接し方の見直しをお願いしています。つまり、飼い主さま自身が変わらないと鳥さんは現状のままとなってしまいますが、飼い主さまが変わると鳥さんも変わるということを、個別相談の際に皆様にお伝えさせていただいております。
適切な方法で適切に鳥さんに伝えて、適切な接し方を心掛ければ、鳥さんは変わるんだということを、ルリコンゴウインコさんに改めて教えてもらいました。

以前は、大好きな飼い主さまが見えなくなるだけでソワソワ落ち着かない状態でしたが、今では一人でも見えない何かに向かってノリノリで楽しんでいられるように↓
キョロちゃん150118-1
キョロちゃん150118-3
画像ではお伝えできませんが、右に左に体を揺すって楽しそうにしている様子↑

ルリコンゴウインコさんの怖がり屋さんとオンリーワンの改善は、本当にいろいろな方にご協力いただいたおかげです。この場をお借りして改めて心より感謝申し上げます。
ルリコンゴウインコさんのトレーニングはこれにて修了となりますが、運動のためや社交性を身に着けてもらうためにも時々また遊びに来ていただこうと思っています。

そして、最後までトレーナーは、飼い主さまご夫妻の価値を高めるために嫌われ役に徹したため、嫌われたままの終了です。。。複雑な気持ちですが、何はともあれよかったです!
スポンサーサイト