2014年最後にお越しいただいた鳥さんたち★ヨダレカケズグロインコさん&コイネズミヨウムさん★

2014年最後となる個別相談にお越しいただいた鳥さんたちをご紹介いたします。

12月28日にお越しいただきました。

まずは、度々ブログに登場してくれているヨダレカケズグロインコさんです。
5年ぶりにケージの外に出してもらえるようになって、咬み付きもなくなったとのことです。

空ちゃん1228
会うたびに、胸部分の羽根が生えてきているのが分かります。
これまで、ケージの中にずーーーっといて、やることと言えば自分の羽根で遊んだり、羽繕いすることぐらいだった日々がおよそ5年も続いていたと思うと、空ちゃんがトレーニングの相談にお越しいただいて、心から本当によかったなと胸が熱くなります。

空ちゃん1228-2
半月のエサ入れですが、空ちゃんはこれを放り投げて遊ぶのが大好きとのこと。
遊んでいる時に、「空ちゃん、すごいねーーーっ!上手だねーーーっ!楽しいねーーーっ!」と声を掛けていると、嬉しそうなお顔で近づいてきてくれました↓
空ちゃん1228-3
この後、空ちゃんがエサ入れを机の上から落とした時、トレーナーが手でキャッチできたらたくさん声を掛けてあげて(=ご褒美)、手の上に落とせなかったらノーリアクション(=ご褒美なし)を繰り返していたら、5回くらいで、「そっか!この人(=トレーナー)の手の上にこれ(=エサ入れ)を落とせば楽しいことが起こるのかっ!」と関連付けができたようで、手を少し移動させても、その上にポイッと落としてくれるようになりました。
空ちゃんは本当に賢い鳥さんです。空ちゃんのトレーニングは、3か月が経過したのでここで一旦終了となりましが、定期的に様子をご報告をいただきますので、その時にまたブログでもお伝えさせていただけたらと思います。

***********************************************************

午後からは、コイネズミヨウムさんがお越しになりました。
翼の下の自咬を改善中です。フォージングのおもちゃを導入して、まだまだ傷口は完全にはなくなっていませんが、第一段階の目標である「現状維持」ができているので、ここからさらに傷口が小さくなり、なくなってくれることを目指していきたいと思います。
個別相談室では、物置の中を探索中↓
ヴィーちゃん1228
ち、散らかってますか、、、すみません。。。

現在、すっかりはまってくれているのが、コチラ↓のフォージングのおもちゃです。
ヴィーちゃんwithフォージング
4つの箱があって、それぞれにフタがついています。フタの開く方向や開け方はそれぞれ異なるのですが、主食のエサ入れもこれを使えるようになったというくらい、気に入ってくれているようです。
こちらのコイネズミヨウムさんは、慎重派であり臆病な一面もあるので、画像からもお分かりのように、こんなに大きなものを果たして受けいれてくれるかどうか心配ではありましたが、できるかどうかは人が判断することではなく、何はともあれ鳥さんに試してもらうことが大切!ということで、飼い主さんに無理のないステップで試していただいた結果、すっかり気に入ってくれたようです。

横浜小鳥の病院の併設ショップとして、今年5月にオープンしましたが、医学だけではどうにもできない部分を補っていけるように、2015年もスタッフ一同頑張ってまいります。
今年一年、お買い物でショップや通販サイトを、そして鳥さんのご相談で個別相談をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト