使っていいものだからオススメしたい! 第二弾

使っていいものだからオススメしたい!の第二弾のご紹介です。

みなさまは、鳥さんの足の裏のチェックをされていらっしゃいますか。
足の裏を見た時、赤くなっていたり、腫れている部分があったら、病院に連れて行かれることをオススメいたします。
赤くなったり、腫れてしまう原因は、いつも同じ止まり木にとまっていると足にかかる重心が同じだったり、おデブの鳥さんなんかも足に負担がかかってしまうのが原因だと言われています。

そして、病院でも使っている鳥さんの足を保護してあげるためのテープを通販サイトでお買い求めいただけるようになりましたのでご案内させていただきます。

P1060126.jpg
ホワイト
P1060123.jpg
ブラウン

自着性テープなので簡単にテープ同士がくっついてくれますし、はがしやすいというメリットもあります。

止まり木やよくとまっているブランコなどに、以下のような目的でお使いいただけます。
●足の裏に趾瘤症(しりゅうしょう:足の裏できる魚の目のようなもの)や擦過傷(さっかしょう:摩擦によってできた擦り傷)が出来ている場合や脚に麻痺があり体重の負担がかかっている場合などに、足の裏を保護するためにお使いください。
●握力が弱く止まり木から滑ってしまう場合の滑り止めにも役立ちます。
●プラスチックケースなどでのバリアフリーな生活を余儀なくされている鳥さんにおいて、新聞紙を丸めた物や割り箸などにこのテープで周りを巻くと、簡易的な止まり木になります。

テープの色が2種類ありますが、使用する物によって色を選んでいただけたらと思います。
例えば、止まり木に巻くのであれば、止まり木に近い色のブラウンを選んでいただくと、鳥さんにとってもそれほど驚きではないかなと思っています。

ご使用上の注意としましては・・・
・治療のためにお使いの場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導に従ってお使いください。
・万が一、鳥さんが過度に齧ってしまう場合は誤飲する可能性があるので、使用をおやめください。

鳥さんの体調のチェックポイントに、「足の裏は大丈夫かな」の項目を追加していただけましたら幸いです。

bandage.jpg
「足の裏、観てね!」
スポンサーサイト