個別相談★コミドリコンゴウインコさん★飼い主さんもおしゃべりに

だんだんとまた掲載ネタをため込んでいってしまっていて、、、なかなかタイムリーにブログにアップできずにいます。。。申し訳ありません。。。

今回は、11月10日に個別相談にお越しいただいたコミドリコンゴウインコさんをご紹介させていただきます。

小太郎ちゃん1110-1
動きが早くてまともな画像が撮れず、これでもやっとこさいい方の画像です。
人の反応に敏感で、人が大好きなんだなという印象を受けました。

小さい体にエネルギーが充満しているコミドリコンゴウインコさんは、これから長いお付き合いになるので、問題行動を学習させないためにもということでご相談にお越しになりました。
現在困っていることは、首をチミ噛みするという行動をなんとかやめてもらいたいということでしたので、その対処法をお伝えさせていただき、「これはやめてね」とお願いするのであれば、「これならいいよ!」という代替行動を教えてあげることが大切だということをお伝えさせていただきました。

ご褒美に、枝豆をご持参いただきましたが、コミドリさんは食べ物でなくても、とにかく人の楽しい反応でも十分にご褒美になるので、とにかく望ましい行動の時は目いっぱい褒めてあげたり、声を掛けてあげていただくことをご提案させていただきました。

最初に飼い主さまとコミドリさんの様子を観察させていただき、圧倒的に無口だということに気付きました。最初は恥ずかしいかもしれませんが、どんどん声掛けをしてあげてください、と実際に指にとまっていて前転した時(鉄棒の前回りの動作)に「すごいすごいねーっ!!上手だねーーーっ!!」と初めて見る人は「じ、自分にできるかな、、、」というくらい大げさな反応をしてあげたところ、この前回りの行動がどんどん出現していきました。
このように、「鳥さんにとって」楽しいな♪と思ってもらえる行動の出現率は上がっていくもので、これを目の当たりにした飼い主さまは「こんなにも顕著なのかっ」と、口数の多い飼い主さんになっていただくことをお約束してくださいました。

そして、「鳥さんにとって」、「鳥さん目線で」というのが大切なポイントで、首をチミ噛みする行為も、人側からしたら止めてほしい行動ではありますが、その時の反応が鳥さんにとって楽しい♪面白い♪飼い主ってば喜んでくれてる♪と思ってしまうと、この行動の出現率は上がっていきます。

小太郎ちゃん1110-2

キャリーにも自分で入ってくれる、本当に賢い鳥さんです。
ただし、ご自宅ではケージにはなかなか戻ってくれないとのこと。
キャリーに自ら入ってくれるのであれば、ケージにもきっと自ら戻ってくれることを覚えてくれるはずなので、様々なご提案をさせていただき、実践していただくことに。

また追って、コミドリコンゴウインコさんの様子をお伝えさせていただきます。
スポンサーサイト