個別相談★オカメインコさん★&ただいま発育中!カナリーシード

こちらは10月19日にお越しいただいたオカメインコさん。
パルちゃん1019
写真が下手っぴでこんな表情になってしまいましたが、実物はもっともっとかわいいです。
最初は呼び鳴きの矯正でお越しいただいたのですが、ご家族みなさまの努力の甲斐あって、許容できる範囲で鳴いてくれるようになりました。
この日、呼び鳴き矯正のセミナーを開催いたしましたが、そこに動画で登場してくれたのがこのオカメインコさんです。ペレットにもすんなり移行してくれて、あまりにもスムーズ過ぎてちょっぴり肩すかしを感じていますが、現在はラフィーバーのペレットが一番のお気に入りとのことです。
フォージングのおもちゃで遊んでもらったりもほんの少しだけしたのですが、その時の様子を撮影していなかったのが悔やまれます。今回で会うのが3回目でしたが、覚えてくれていた様子に喜びをかみしめていました。

ブログでご紹介していますように、鳥さんについて個別相談をお受けしていますが、考えることは常に「鳥さんにとって何かいいものないかな?」ということです。
「何かいいもの」というのは、例えばおもちゃ代わりになるものや、毛引きの鳥さんでしたら自分の羽をいじるよりも他に関心を向けられるような物について、ということでいつも頭がいっぱいです。

昨日、合羽橋に行ってまいりましたが、もちろんこの時も「鳥さんにとって安全なものはないかな」や、「あ!これカジカジ楽しそう!」という視点で商品を見てしまっているので、お店の人も、人用の道具なのにまさか鳥さんの、まして破壊されることを前提に考えて商品を吟味しているお客だなんて夢にも思わなかったことでしょう。
鳥さん用のおもちゃは、わざわざお店で「鳥さん用おもちゃ」として売られている物を買わないといけないという決まり事はありません。飼い主の皆様も、これ遊んでくれるかも?というものにもしかしたら、ホームセンターや100円ショップなどで出会えるかもしれないので、アンテナを張り巡らせてはいかがでしょうか。ただし、くれぐれもニスが塗ってあったり加工がされていないものや、鳥さんにとって安全かどうかはご確認をお願いします。

「何かいいものないかな?」ということで、10月初めからカナリーシードを育ています。
鳥さんのためにお野菜を自家栽培していらっしゃる方は多いと思いますが、今回の目的は毛引きの代替行動になればと思いつき、カナリーシードを育てることにしました。
カナリーシード1008
カナリーシードを植えて、4日後の様子↑
芽が出ました!

カナリーシード1008(2)
毎日せっせとお世話。と言ってもお水をあげるだけですが。

そして、こちらが15日目の様子↓
カナリーシード1019
葉っぱがふさふさと成長中!
もし鳥さんがこの葉っぱを気に入ってくれたら、自分の羽をチミチミとやらずに、カナリーシードの葉っぱをチミチミとなってくれる方に関心が向いてくれたらいいなと期待を膨らませながら毎日お世話をしています。鳥さんの好み次第なので気に入ってくれるかは未知数ですが、まずはチャレンジあるのみですね。
本当は、この季節によく見られるねこじゃらしも試してみたいのですが、ショップ近くに生えているものが安全(農薬などが散布されていなか、ワンちゃんのテリトリーの目印がついていないかどうかなど)かどうかは確認がとれないので、二の足を踏んでいます。
カナリーシードの葉っぱの活躍(?)については、また後日ご報告させていただきたいと思います。
スポンサーサイト