本日お越しいただいたゴシキセイガイインコさん

本日、トレーニングのご相談にお越しいただいたゴシキセイガイインコのメイちゃんです。

メイちゃん20140907
と~~~ってもおしゃべりが得意なメイちゃんです。
※本鳥曰く、「もっとかわいい顔ができますが、撮影者(=トレーナー)が下手なので勘弁してやってください」

メイちゃんは、6月から毛引きの相談で定期的にお越しいただいている鳥さんです。
今年になってひどく毛引きをするようになったとのこと。
じっくりヒアリングをさせていただき、飼い主さんが大好き!で、ケージの外で遊ぶことが大好き!なメイちゃんに、毛引きをするヒマを与えないように、ケージの中でも遊べるようなおもちゃを探していくことになりました。

ただ、ここで最も大きなハードルが立ちはだかることに。。。
それは、メイちゃんは臆病な鳥さんなので、おもちゃを怖がってしまう!ということでした。
そんな鳥さんでも、必ずストライクゾーンにはまってくれるおもちゃがあるというのがモットーなので、メイちゃんが怖がらず、楽しく遊んでくれるおもちゃを探っていくことからスタートしたご相談でした。

メイちゃんのストレイクゾーンにはまったおもちゃ、そ・れ・は・・・
「小さ目の紙コップ」でした!
これはよく齧って遊んでくれるので、この紙コップと出会ってから、みるみる羽が生えてきてくれました。

メイちゃん20140907(2)

一番顕著だったのは、胸元の赤い羽の部分がどんどん増えていきました!
そして、画像では分かりづらいですが、翼の下や太ももにかけてもふっさふっさに!

まだまだ羽を齧ってしまうそうですが、確実に羽が生えそろいつつあります。
毛引きの改善は、その原因は様々ですし、アプローチ法も様々ですが、いつも念頭にあるのは
「自分の羽をいじるよりも、もっと他に楽しいことがあるよ」ということを教えてあげられたらいいなという想いがあります。

メイちゃんのように、臆病な鳥さんであっても、何かしらストライクゾーンにはまるものがあるんだということを改めて痛感しました。
ご家庭の鳥さんがなかなかおもちゃで遊んでくれない、その結果毛引きや自咬をしてしまっている鳥さんに対して、どうかあきらめずに、少しずつ少しずつあの手この手で鳥さんにとってストライクゾーンにはまる物を楽しみながら探っていただけたらいいなと思っています。

ご参考までに、メイちゃんに試してもらった物をご紹介させていただきます。
・段ボール
・キッチンペーパーの芯
・プラスチックの輪っか
・広告の紙
・小さい箱
・ペットボトルの蓋
・リンゴ、トウモロコシのおもちゃ
・鈴の入ったボール
・小さい透明の容器の中におもちゃを入れたもの
・そして、一番ヒットだった1オンス~3オンスサイズの紙コップ

紙コップも、中にカナリーシードを入れていただき、コップの口元を折り曲げておくと、中からシャカシャカ音が聞こえるのが好きだったようです(今日の時点では、これはすでにブームが去ってしまったようですが、、、)。紙コップそのままでもカジカジと破壊を楽しんでくれています。
ただ心配なことが一つ。
一番ヒットした紙コップですが、他にこれに代わるようなヒットおもちゃをまだ探し当てられていないことです。大好きだからと言って、毎日紙コップをケージに入れてあげると、やがて訪れる「ボク、飽きちゃいました」の瞬間を避けるために、敢えて紙コップを入れない日(他のおもちゃは入っています)を設けてもらいました。
すると、紙コップがない日は広告の紙をカジカジ遊んでくれているようです。
少しでもおもちゃのレパートリーが増えてくれると、鳥さんにも自信がつくといいますか、カジカジしてくれる対象が広がってくれることもあります。

メイちゃんの取り組みをご参考にしていただき、鳥さんが大好きなものを探していただけるといいなと思っています。

【ご注意】
鳥さんが紙類などをカジカジとする際は、まずは齧った紙を呑み込んでいないかどうかをよく観察していただけたら幸いです。

今日は、メイちゃんの他に、ルリコンゴウインコさんもお越しいただいたのですがお話に夢中になってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。ルリコンゴウインコさんについては、また別の機会にご紹介させていただきます。
スポンサーサイト