8/30~9/1にかけてお越しいただいた鳥さんたち

ショップがある横浜では、ここ1週間ほどお天気が芳しくなく肌寒い日が続いております。
こんな気候だと鳥さんも人も体調を崩しがちですが、体調管理にはくれぐれもお気を付けいただきたいと思います。

さて、土曜日(8/30)から本日(9/1)にかけて、ショップにセミナーや個別相談などでお越しいただいた鳥さんたちを一挙ご紹介させていただきます。

≪8月30日(土)「ラウディブッシュ/ソーク&フィード試食会」にて≫

ソーク&フィード様子
8種類ある「ソーク&フィード」を試食してもらうという内容のもので、これと併せて生きた食餌と言われるスプラウトについてもご案内させていただきました。
「ソーク&フィード」は、そのままの状態と、少し水で浸した状態の2パターンを試していただきました。さて、感想はいかに!

この日にご参加いただいた方々です↓
コッキーちゃん&らんちゃん1
コキサカオウムさんとモモイロインコさん。ご参加いただきありがとうございました!

らんちゃん1
まるで、「ソーク&フィード」を食べてくれているような(やらせ)画像ですが、実際に食べてくれたのは「ソーク&フィード」に混ざっていたお米がモモイロインコさんのお気に入りでした。ま、まぁ、お気に入りのものが見つかってよかったです。
そして、コキサカオウムさんが唯一食べてくれたのは、ペレットでした。。。
「ソーク&フィード」には、ラウディブッシュのペレットも含まれている(原型がそのままだったり砕いたものだったり)のですが、そのペレットをポリポリと食べてくれました。ペレットに似たような他のものを手渡そうとしても、めざとく「それはペレットではないっ」と気付れてしまう始末。

きゅうりを食べるコッキーちゃん
そして、おいしそうにきゅうりを食べるコキサカオウムさん。「きゅうりの方がおいしいもんね~」
慣れない環境で、見慣れない人が周りにいると、リラックスできない部分もありますが、後日談で「あれっ?」という顔をしながらも、モモイロインコさんはお米以外のものも食べてくれたそうなので、これからも食のバラエティーが広がってくれたらいいなと思っています。

≪8月31日(日)健康診断の帰りに立ち寄ってくれた鳥さん≫

ろじゃ君正面
「どうも!ボクです!」
さて、鳥さんの種類、お分かりになりますか。

ろじゃ君にっこり
この角度だと、冠羽が見えているのでお分かりになりますね。
アオメキバタンさんです。
ご相談をお受けした鳥さんはみ~~~んなそれぞれに思い入れがありますが、こちらのアオメキバタンさんは特に思い入れがある鳥さんです。

ろじゃ君ヘッドバンキング
店員さんになってもらいたいくらい、居合わせた方にも愛想を振りまいてくれていました。
画像は、ヘッドバンキングしている様子。あと、高笑いをブログではお聞かせできないのが残念です。
健康診断の結果は、太鼓判を押してもらえたとのことでよかったです。

≪9月1日(月)個別相談のオカメインコさん≫

5月から個別相談を続けているオカメインコさんが、本日初めて来てくれました。
ピピンちゃん0901
やっと会えた!と喜んでしまうトレーナー。
ケージ越しの画像となってしまいましたが、今日のところはこれ以上近づくのは自粛いたしました。本当はもっと男前のオカメインコさんです。
こちらのオカメさん、ご相談内容はとにかく臆病で怖がり屋さんで病院で診察を受ける時にパニックになってしまうので、健康診断やもしも体調が悪くなった時にきちんと診てもらえるようになってもらいたい、ということで個別相談にお越しになりました。
「たぶん生まれた時からなので、もう無理でしょうか、、、」と飼い主さんは心配していらっしゃいましたが、この3か月ほどで見違えるほどの積極的なオカメインコさんに生まれ変わってくれました。
飼い主さんに取り組んでいただいたのは、とにかく少しずつでいいのでまずはオカメインコさんに自信をつけてもらうことを目標に手にステップアップすることやおいで、体重計にのること、ターンをすること、そしてフォージングなどなど、本当に少しずつ少しずつ試していただきました。もっと詳しいトレーニング内容については日を改めてお伝えできたらと思っております。

ピピンちゃんフォージング
「フォージング(餌探し行動)もできるようになったもんね~」と、フォージングをやってくれた痕跡がとてもうれしいです。

そろそろ、知らない人や知らない場所にも慣れてもらえたらと思い、この日オカメインコさんをショップにご同伴いただきました。会うまでは、「いくらいろいろと自信がついてきたとは言え、怖がり屋さんだからな、、、パニックになったらどうしよう、、、わたし(=トレーナー)に会った途端吐いちゃったらどうしよう、、、」などと不安もありましたが、こんな不安はすぐに吹き飛んでしまうほど、予想以上に落ち着いた様子でした。この3か月間、飼い主さんと一緒に頑張ってくれた成果だと感じています。オカメインコさんは10才です。10才になっても、恐怖心を克服できるんだということを教えてくれました。

以下は飼い主さんからのお言葉です。
-----------------------------
トレーニングを受ける前までは、強烈なほどの怖がり屋で、少しのことで驚いてパニックになり、逃げ回ってたピピンが
こんなに落ち着いてびっくりしております。

今までは、呼び鳴きでは怒って注意したり、ピピンが怖がるものはすべて隠したり、見せないようにしたり、怖がる音も小さくしたり、ものすごく気を遣って生活しておりました。
トレーニングを受けて、それはまったく逆なことをしていたと知り、あぁ、そうだったんだと感心ばかりでした。

ご褒美を使っての、ターンや体重計乗り、もっともっとやりたいとピピンの方から誘ってくるのです。
こんなにも積極的になって、まさかピピンが芸達者なインコだとは思いませんでした。

あっち向いてホイも練習すればできそうな勢いですよ。

これもご指導のおかげです。

本当にトレーニングを受けてよかったと思っております。
ピピンと私はとっても楽しくトレーニングしました。

それでは時々ピピンを連れて、お店へ遊びに行きますので、どうぞよろしくお願いします。
-------------------------------------------

駆け足ではありますが、この三日間でショップにお越しになった鳥さんたちのご紹介でした。
スポンサーサイト