個別相談 ★アオメキバタンさん第9回目★

以前ほど頻繁にではありませんが、ちょこちょことトレーニングを継続させていただいているアオメキバタンさんのご報告です。

アオメキバタンさん、8月で1才を迎えます。「おめでとう!」
これから少しずつ、大人になっていくのですが、
・今までやらせてくれていたことをやらせてくれなくなる
・今まで気にも留めなかった物事を気にしはじめるようになる
など、いろいろな変化を見せ始める時期でもあります。飼い主さんには、「ど、ど、どうしちゃったの!?」とびっくりすることなく、これまで通り一貫したルールの元で接していただければ、何の問題もないということを伝えさせていただいております。
大型の鳥さんに限らず、オカメインコさんなども、1才を境に「今まではカキカキさせてくれていたのに、急に嫌がるようになっちゃって、、、」という変化が現れるかもしれません。この時期に大切なことは、鳥さんは自我が芽生え始めたという証ですので、無理矢理カキカキをせがんだりしないようにお願いします。この時期に、鳥さんが拒否しているのに無理矢理カキカキをやってしまうと、手が嫌いな鳥さんになってしまう可能性がありますので、「大人になったんだね」と、イヤイヤ期を温かい目で見守りつつ乗り切っていただけたらと思います。

さて、アオメキバタンさんですが、1週間前に教えた片足を交互に上げて握手!の練習です。
前回は戸惑い気味でしたが、今回はきちんと右足と左足を交互に上げて、見事に握手ができるようになっていました!
いつも驚かされるのは、1週間に1回のトレーニングでも、鳥さんはきちんと覚えてくれているということです。さらに、きっとイメージトレーニングをしていたに違いない!と思わせるほど、格段によくなっていることが多々あります。
こんな風に覚えることができる鳥さんは、いいことも、そして悪いこと(覚えてほしくないこと)も、いとも簡単に覚えてしまうのでしょうね。気を付けなければっ。

握手の様子は撮影できませんでしたが、おしゃぶりで遊んでいるところと、
おしゃぶり

以前、ブログでもご紹介させていただいたシュレッダーで遊んでいるところをどうぞ。
シュレッダーでカジカジ

どちらも気に入ってくれたようで、一人で自分を楽しませることができる鳥さんになってくれて本当に偉いなと思っています。これも飼い主さんが一貫したルールの元、接していただいているおかげです。
スポンサーサイト