FC2ブログ

2016年07月

*通販サイトでお取り扱い開始!* 小型の鳥さん向けフォージングトーイ

店頭では、販売をしてまいりましたが、この度、ようやく、小型の鳥さん向けのフォージングトーイ3種を通販サイトからもお買い求めできるようになりました!
大型の鳥さん用のものは、海外製品でいろいろありますが、小型の鳥さん向けのフォージングトーイがなく、いずれもBGSオリジナルです。

『フォージング』とは、餌探し行動のことです。
野生の鳥さんは、一日の大半を餌を探すことに時間を費やしていますが、人と暮らす鳥さんは、上げ膳据え膳状態です。フォージングを日常的に取り入れていただくことで、鳥さんの退屈な時間を減らすことができたらいいなと思っています。
*食事に時間をかけてもらいたい鳥さんに
*ダイエットが必要な鳥さんに、単に食餌量を減らすだけでなく、頭を使いながら食餌をゲットしてもらうために
*毛引き・自咬をしている鳥さんには、いかにしてご飯をゲットしようと思考する機会を与えて、自分の羽根や体を傷つけることから関心をそらすために
*発情を繰り返す鳥さんにも、頭の切り替えに
などなど、鳥さんのエンリッチメントのためにもお役立ていただけましたら幸いです。

最初に導入する時は、「はい、やって!」といきなりフォージングトーイを渡しても、鳥さんは何のことだかわかりません。最初は、飼い主さんがやって見せて、一緒に遊ぶところからスタートさせて、「こうしたら、ご飯がゲットできる!!」と関連付けのお手伝いをしてあげてください。

【フォージングボール】
コロコロ転がすと、中身が出てくるタイプのフォージングトーイです。
⇒通販サイトはコチラ!

お手本ご協力:パルちゃん(オカメインコ)↓


お手本ご協力:ばななちゃん(セキセイインコ)↓


【フォージングスピン】
クルクルと回すと、中身が出てくるタイプのフォージングトーイです。
⇒通販サイトはコチラ!

お手本ご協力:Happyちゃん(セキセイインコ)↓


【フォージングシェイク】
つついて揺らすと、中身が出てくるタイプのフォージングトーイです。
ケースが5連結できますが、最初はケース1つからスタートすることをお勧めいたします。
⇒通販サイトはコチラ!

20160730フォージングシェイク1

お手本ご協力:パルちゃん(オカメインコ)↓
一番最初の導入の様子です。


お手本ご協力:おもちちゃん(文鳥)↓

※使用している串は、別売りですが、現在通販サイトでお買い求めいただくフォージングシェイクには、サイズが合いませんのでご注意願います。

以上です。

フォージングトーイが、毎日の日課になってくれたら嬉しいです。

==================================
フォージングとは?
「フォージング」とは「餌探し行動」のことを言います。
野生の鳥たちは、家庭で暮らす鳥たちとは違って、自力でエサを見つけなければなりません。飛んだり、齧ったり、つついたり、失敗したり、鳥たちはエサをみつけるために、一日の内の多くの時間を費やしています。例えば熱帯に生息する鳥たちは、12時間以上を睡眠に費やして、活動をしている残りの12時間の内のおよそ8時間をこのフォージング活動、つまり餌探しや食事に費やしていると言われています。これ以外の時間は、寝床からの移動や群れの鳥たちとの交流、羽のお手入れに費やしているそうです。

一日の内のおよそ30%の時間を餌探し行動に費やしていると考えると、人と暮らす鳥たちはどうでしょう。
上げ膳据え膳であっという間に平らげてしまって、残りの時間をすべて自分の羽のお手入れに費やしているのであれば、念入りにやり過ぎて、羽を齧ったり抜いたりするという行動に出たとしても決して驚きではないはずです。

そこで、ご家庭でも飼い主さんの知恵を絞っていただき、フォージングを取り入れていただけたら、鳥さんの知的好奇心を刺激し、餌を探して得られる喜びを演出してあげられるのではないかと思います。海外で紹介されているアイディアをこちらの方でもご紹介させていただきますので、これらを参考にしていただきながら、鳥さんとの知恵比べを楽しんでいただけましたらうれしいです。

【フォージングを始める前に知っておいていただきたいこと】
・フォージングにも、初級から上級までのレベルがあります。初めてチャレンジされる方はいきなり難易度を上げ過ぎないようにご注意願います。鳥さんも戸惑ってしまいます。
・全く興味を示さない!というパターンも十分考えられます。鳥さんにとっては、遊び方を知らない場合もありますので、導入される際は簡単なことから、そして遊び方を教えてあげる必要があります。(教え方はまた後日、ご案内いたします)
・フォージングを導入する際は、常に観察をお忘れなく。以下の場合はフォージングの導入はお控えください。
 ①体調の悪い鳥さん
 ②食欲のない鳥さん  
 ③平均体重を下回っている鳥さん
・また、紙などを齧って飲み込んでいないかなど、十分に観察をしていただけましたら幸いです。
スポンサーサイト



2016年下半期セミナーのご案内

今年上半期は、月1~2回のペースで小規模のセミナーを開催させていただいておりますが、大変ありがたいことにご好評をいただいております。

「(ご参加いただいた方から)もう一度やってほしい」
「定員に達していて、申し込みができなかった…」
などのお声を受けて、今年始めに予定しておりました内容から一部変更させていただき、下半期のセミナーのご案内をさせていただきます。

【2016年下半期開催セミナー】

★『鳥さんお悩み相談会[咬み付き編] Part2 *鳥さん同伴OK*』
日時:9月25日(日)  小型~中型
    11月27日(日)   大型
   ・お時間:13:00~15:00ごろ(お時間に変更が生じる場合がございます)
詳細・お申込みページはコチラ!

★『鳥さんお悩み相談会[毛引き・自咬編]*鳥さん同伴不可*』
 12月25日(日) 開催を新たに設けました。
 小型・中型・大型に限らず、内容は同じなので、この機会にご参加いただけましたら幸いです。
詳細・お申込みページはコチラ!

参加費は、いずれも無料です。
この機会に、ぜひご参加ください!

*通販サイト* 毎月13日はBirdieの日!ポイント5倍!店頭で1ポイントプレゼント!

皆さまこんにちは。
これまでは、Birdie(バーディー)の日のご案内を、通販サイトにご登録いただいた会員の皆さまにメールにてご案内しておりましたが、今回からは、少しでも多くの方に知っていただきたいと想い、ブログ、Facebook、Twitterにてご案内をさせていただきます。

Birdieの日

■□毎月13日はBirdie(バーディー)の日!

「Birdie(バーディー)」とは?
英語で、ワンちゃんはdoggy、ネコちゃんはkitty、ブタちゃんはpiggyなど、
小鳥さんは「Birdie」と愛着を込めて使われています。数字の「13」を、Birdieの頭文字の「B」に見立てて、当店では13日を「Birdie(鳥さん)の日」と呼ばせていただきます。

*通販サイトにて*
◇毎月13日は、ポイント5倍!「Birdie(バーディー)の日」です。
7月13日(水)10:00~7月14日(木)10:00までに通販サイトにてお買い物をしていただいた方にさらにポイントをプレゼントさせていただきます!
通販サイト上で、通常のお買い物の場合、会員にご登録いただきますと、各商品価格の1%のポイントが次回からご利用いただけます。毎月13日はこのポイントが5倍!となります。お買い物のチャンスですよ!ぜひご利用ください。
1ポイント=1円として、貯めていただいたり、お好きな時にキャッシュとして、当店の通販サイトにてお買い物時にご利用いただけます。

『Birds' Grooming Shop通販サイト』

*実店舗にて*
13日限定でご来店いただき、お買い物をしていただきましたお客様に、ポイントカードにプラス1ポイントをプレゼント!

■□5月5日のセミナー時にお寄せいただいたご質問に随時お答えしています!

5月5日に開催いたしました第3回Birds' Grooming セミナーにて、Q&Aコーナーにご質問をお寄せいただきましたが、
お時間の関係で全てのご質問にお答えすることができませんでした。皆様、疑問に感じていらっしゃることは、他の飼い主様も同様に感じていらっしゃることだと思いますので、こちらのブログにて、少しずつではありますが、ご回答をさせていただくこととなりました。
まだまだ、スタートさせたばかりですが、もしよろしければ、時々、ブログの方を覗いていただけましたら幸いです。
そして、鳥さんとの暮らしに少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

Birds' Groomingダイアリー「よくある疑問質問」

■□ショップ2階をご利用いただけます!

ショップ2階は、小規模なセミナーや個別相談に使ってまいりましたが、この度、ご希望の方に、有料にて貸出をさせていただくこととなりました。
飼い主様同士の会合や勉強会、クリエイターの方におかれましてはワークショップなどにご利用いただけましたら幸いです。
詳しくは、こちら↓をご覧ください。
http://www.birdsgrooming-shop.jp/14486963864266


■□ショップ営業時間のご案内

下記のお日にちは、ショップのクローズ時間が変わります。
7月18日(月・祝) 15:00クローズ

以上、よろしくお願いいたします!

Birds' Grooming Shop

[再入荷のお知らせ]ズプリーム社ペレット商品

本日(7/9)ズプリーム社の下記商品を再入荷いたしました。

【ズプリーム】フルーツブレンド カナリア・フィンチ390g
【ズプリーム】ナチュラル パラキート1.02㎏
【ズプリーム】ナチュラル オカメインコ1.13㎏
【ペレット小分け】ズプリームナチュラル パラキート100g

大変お待たせいたしました。

こちらからズプリーム社ペレット商品のページへ

[ご質問No.5] 咬み付きシリーズ:その②チミ咬み from 20160505セミナー

去る5月5日に開催いたしました「第3回Birds' Groomingセミナー」の「Q&Aコーナー」で、ご紹介しきれなかったご質問を少しずつブログにてご回答させていただきます。
内容については、病気や看護、日常的なお世話、そして、問題行動やトレーニングといった幅広い分野になりますが、詳しいご事情まで飼い主さまにおうかがいすることができないため、掘り下げることができない部分もございますが、ご自身の鳥さんと、鳥さんを取り巻く環境に応用していただき、少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

-----------------------------------

鳥さんの「咬み付き」について、いくつかご質問を受けました。それぞれのパターンについてご回答させていただきたいと思いますので、「咬み付きシリーズ」とさせていただきます。

[ご質問No.5] 咬み付きシリーズ:その②チミ咬み

[ご質問内容] ==========================
月齢6か月のコザクラインコですが、現在、肌へのチミ咬みまっさかりです。
先住の子については、特にリアクションを取らないという方法で対応していましたが、ある時期を過ぎたらなくなりました。
同様と考えてある程度好きにさせればいずれなくなりますか?
積極的に止めさせるような方法を取るべきでしょうか。
========================================

コザクラインコさんに限らず、腕や首のチミ咬みは許容できる範囲内であれば良いかもしれませんが、場合によっては痛いし、傷だらけになるかもしれません。チミ咬みの理由は、仲間とみなして羽繕いをしてくれている、あるいは、肌につく汗の味が好き、など様々だと思います。

今回のご質問では、
①先住の鳥さんの場合は、ノーリアクションでチミ咬みを止めてくれたそうですが、先住の鳥さんに対してはこの対処法が適切だったと言えると思います。
②月齢6か月のコザクラインコさんの方は、ノーリアクションを取り始めて、1か月以上が経過しているのであれば、どうやらノーリアクションは、コザクラインコさんにとって特に効果はない、と判断していただいてもいいと思います。

鳥さんにはそれぞれ個性があるので、同じ対応をしてもそれが通じる子と通じない子がいます。
その鳥さんの行動の出現率を確認しながら、1か月以上経過しても全く効果がなければ、人が取っている行動は無駄だという判断ができます。
1か月というのはあくまでも目安です。個別相談では、よく「1週間」と言っています。飼い主さまの介入頻度にもよりますが、取り組みを始めて最初の1週間で、鳥さんの行動に少しでも変化が現れれば、その取り組みは適切に伝わっていると判断します。反対に、1週間経っても変化が全く観られない場合は、飼い主さま側の接し方やトレーニング法の見直しをするようにしています。

このご質問の方は、おそらく、チミ咬みを止めさせたいと思いますので、積極的に止めさせるようなアプローチを取ることをお勧めいたします。
たとえば・・・
A:チミ咬みを始めたら、床(又はテーブル)の上におろす。
B:チミ咬みをする体の部位に、鳥さんにとってはイヤな存在、例えばハンカチやタオルを巻く。
という対応に加えて、何かを止めさせたい時は、何かを許可する、代替行動を教えてあげるのが鉄則なので、
C:齧れるおもちゃを用意する。
D:肌以外でチミチミやってもいいモノ(タオルなど)を与える。
E:チミ咬み以外の夢中な遊びを見つける。トレーニングでもなんでも結構です。

大切なのは、「一貫したルールで継続」です。
効果がない方法で続けたとしても、鳥さんには適切に伝わりませんが、鳥さんに変化が観られた方法であれば、これを「継続」していただけたらと思います。
時々やって、時々やらない、というのは、鳥さんにとって混乱する結果となりますので、「一貫したルールで継続」はとても大切です。

細かい様子が把握できていないので、大まかなことしかお伝えできませんが、以上、お役に立てましたら幸いです。

-----------------------------
【これまでのご回答】

[ご質問No.1] ケージに戻す方法

[ご質問No.2] 呼び鳴きを改善するには?

[ご質問No.3] お尻スリスリ…やめさせた方がいい?最後までさせた方がいい?

[ご質問No.4] 咬み付きシリーズ:その①餌を交換する時の咬み付き from 20160505セミナー

[ご質問No.4] 咬み付きシリーズ:その①餌を交換する時の咬み付き from 20160505セミナー

去る5月5日に開催いたしました「第3回Birds' Groomingセミナー」の「Q&Aコーナー」で、ご紹介しきれなかったご質問を少しずつブログにてご回答させていただきます。
内容については、病気や看護、日常的なお世話、そして、問題行動やトレーニングといった幅広い分野になりますが、詳しいご事情まで飼い主さまにおうかがいすることができないため、掘り下げることができない部分もございますが、ご自身の鳥さんと、鳥さんを取り巻く環境に応用していただき、少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

-----------------------------------

鳥さんの「咬み付き」について、いくつかご質問を受けました。それぞれのパターンについてご回答させていただきたいと思いますので、「咬み付きシリーズ」とさせていただきます。

[ご質問No.4] 咬み付きシリーズ:その①

[ご質問内容] ==========================
セキセイインコのメスです。
普段はおとなしいのですが、エサや菜っ葉をあげている時に、横取りされると思うのか、咬み付きます。
どうすれば、勘違いされないようになるでしょうか。
========================================

ケージの“外”では咬まないのに、ケージの“中”では咬む鳥さんは少なくありません。あるいは、ケージの中に手を入れても咬まないけれど、エサ入れや水入れの交換の時は、攻撃的になるなどなど。
これは、鳥さんの認識としては・・・
①テリトリーに入ってきた侵入者!
②ご質問にも書かれているように、「大好きなものを横取りされる!」
の意思表示の可能性が高いと思われます。

いずれにせよ、対策としては
『咬まれない環境作り』で、咬まれる機会を失くすことで解決できると思います。
どのようにやるかと言うと・・・
A:ケージの中に鳥さんがいる時に手を入れない。エサ入れや水入れの交換が、もし可能なようであれば、鳥さんがケージの外にいる時に行う。

B:菜っ葉などを取り付ける時に、この位置から鳥さんを一番離れた位置に、おやつなどで誘導する。例えば、もし粟穂が好きな場合、粟穂を左手で差し出しながら、右手は菜っ葉を取り付ける、という感じです。この時、左手のおやつを差し出す位置と、菜っ葉を差し出す位置は、できるだけ離れた位置にします。

C:チャレンジできるようでしたら、トレーニングで、以下の取り組みを行ってみてはいかがでしょうか。
①菜っ葉を差し出す ⇒ 咬み付く、または咬み付く素振りを見せる ⇒菜っ葉を引っ込めて、5秒ほどタイムアウト。そして、もう一度トライ。
何度か試してみても、「咬み付く、または咬み付く素振りを見せる」ようであれば、この日は菜っ葉はなしにする。
※餌の場合は、「この日はなしにする」ということはできませんが、少し間を空けて再度挑戦してみてはいかがでしょうか。それでも最初の頃はなかなか攻撃的な行動はなくならないと思いますので、前述したBを試していただきながら、トレーニングを行うことをお勧めします。
例:もし、エサ入れを取り付ける位置が前面で、止まり木が手前と奥の2本設置してある場合、上の(奥の)方の止まり木に、おやつを見せながら鳥さんを誘導して、その間にエサ入れを設置する。

②菜っ葉を差し出す ⇒ 咬み付かない、咬み付く素振りを見せない ⇒ 菜っ葉を設置して、さらにご褒美をあげる。

細かい様子が把握できていないので、大まかなことしかお伝えできませんが、以上、お役に立てましたら幸いです。

-----------------------------
【これまでのご回答】

[ご質問No.1] ケージに戻す方法

[ご質問No.2] 呼び鳴きを改善するには?

[ご質問No.3] お尻スリスリ…やめさせた方がいい?最後までさせた方がいい?


クッキー(クルマサカオウム)83才の誕生日!

数年前から密かにファンになって応援しているクルマサカオウムのクッキーが、今年も元気に83才の誕生日を迎えたそうです!

去年の82才の誕生日についてアップしたブログは、コチラです。

クッキーは、アメリカのBrookfield動物園にいる鳥さんです。
この動物園がオープンした当初からいたそうです、もちろん、オープン時にいた動物の中で現在、生きているのはクッキーだけです。

Brookfield ZooのFacebookページより:

13522837_10154410838654170_6753622287643005293_o.jpg
13558665_10154410838644170_8995986370990586950_o.jpg
13568872_10154410838649170_3699919676829359684_o.jpg

動物園の職員さんたち、そして鳥さん仲間みんなにお祝いしてもらっています。
これからも元気に楽しく、過ごしてもらえることを願っています。