2015年09月

個別相談★ヨウムさん&コイネズミヨウムさん★つくづくあきらめなくてよかった!その2

前回の記事の続きです。

長机の隙間を移動する様子さん↓
ヘホちゃん20150829-1
ヘホちゃん20150829-2
ヘホちゃん20150829-3
ヘホちゃん20150829-4
ヘホちゃん20150829-5

一緒にお越しいただいていたコイネズミヨウムさんの飼い主さまが撮影してくださいました。
こちらに向かってくる様子がなんともいえない感じです。

一見、どうってことないように見えるかもしれませんが、臆病なヨウムさんにとっては大冒険だったと思います。
少しずつ、自信と度胸がついてくれるといいなと思っているので、これからも継続してお越しいただけたらと思っています。
スポンサーサイト

個別相談★ヨウムさん&コイネズミヨウムさん★つくづくあきらめなくてよかった!

ショップがある横浜方面では日中は気温が上がって、夜間は冷え込みが少しずつ少しずつ感じ取れるようになってきました。鳥さんは、気温の“変化”、つまり温度差に対して、体調を崩してしまうこともありますので、十分に気を付けてあげていただけたらと思います。

ショップの方では、新たに2名のスタッフが加わりました。
これからますます必要になってくる「保温」について、ヒヨコ電球を使ったりパネルタイプのヒーターを使ったり、一緒に試してみて、お勉強中です。また後日、新たに加わったスタッフをご紹介させていただきます。
保温実験20150920
20W、40W、60W、100Wと、保温電球にもいろいろなワット数がありますが、体調を崩してしまった鳥さんに対して、よく病院側で32℃で保温してあげてください(※保温に必要な温度は個体によって異なります)、とアドバイスを受けた場合、これから寒くなるということも考えると、100Wをお勧めしています。60W以下だと、なかなか30℃以上まで温度を上げることが難しいようです。

なお、上記画像では、ケージの中に保温電球を入れていますが、実際にご利用になる時は、ケージの中ではなく、外に設置をしていただくことをお勧めします。ケージの中に設置してしまい、保温電球の上に鳥さんが乗ってしまったり、保温電球によりかかって、火傷をしてしまったという事例は少なくありません。

保温電球は外に
なので、こんな風↑にケージ、またはプラケの外に設置すると安全です。
ちなみに、ブックスタンドを利用してブックスタンドに保温電球をかけてあります。

さて、話は変わりまして、継続して開催中のヨウムさんとコイネズミヨウムさんが集う灰色会の様子をご紹介させていただきます。
何度もブログに登場してくれているので、「もう知ってるよ」という方もいらっしゃるかと思いますが、この2羽のご相談内容を改めてお伝えさせていただきます。

★ヨウムさん
・手に対する恐怖心の克服⇒継続して実践中、コツさえ押さえれば手にのってくれるようになりました。
・咬み付き改善⇒ずいぶん激減して、「イヤ」の表現は咬むことで伝えるのではなく、顔をそらす、体をそらすことで伝えてくれるようになりました。

★コイネズミヨウムさん
翼の下の自咬改善⇒継続して実践中。傷の具合はひどくはなっていませんが、あともう一息、といった感じですが、この「もう一息」をどうしたら乗り越えられるか思案中。一時期、だいぶ傷跡も小さく、薄くなってきたのですが、先日の地震で少しやっちゃったようです。大きな傷にはなっていないようなので、ほっとしています。

この2羽の鳥さんに接する度に、「あきらめなくてよかったな~」と何度も痛感させられてきました。
特に、ヨウムさんの方は臆病な性格なので、もし飼い主さまが・・・
・この子は怖がり屋さんなので、なるべくそっとしておこう。
・咬むのも仕方ないから、あきらめよう。
などという考えで、鳥さんが持つ可能性を断ってしまっていたら、現在のヨウムさんはいなかったと思います。

定期的に、個別相談にお越しになり、ムリのない範囲でいろいろな刺激を受けることによって
・激しく咬まなくなった
・T字棒の止まり木にのって移動できるようになった
・他の人にも頭をカキカキさせてくれるようになった
という成果が現れています。

そして、この日も、きっかけはひょんなことから起こりました。
スタンド止まり木に止まっていたヨウムさんですが、足をすべらせて床に落ちてしまいました。
大丈夫かな?と思いましたが、その場にいた飼い主さまたちと、少し様子を観てみようということになり、どういう行動をとるか見守ることに。すると、長机の方へ歩いていき・・・
灰色会201509-3
えっちらおっちらと、「ここに足をかけて・・・いやっ!ダメだっ!じゃあこうして・・・」といろいろと思考している様子を見せながら登り始めて、長机の隙間に到達!

灰色会201509-4
そして、隙間から覗いてこの↑表情。
とても楽しそうにしていて、飼い主さまからたくさんカキカキしてもらっていました。
なんてことはない行動かもしれませんが、スタンド止まり木から落ちた後もパニックにならずに、このヨウムさんがこういうことができたということが驚きでした。
この後にも大きな大きな変化があったのですが、続きは次回にお伝えさせていただきます。

そして、もう一羽の参加者のコイネズミヨウムさん。
灰色会201509-1
「すごい!すごい!できたね!」と、色めき立つ人々を観察する、いつもクールなコイネズさん。
灰色会201509-2
でも、この日は、こんなことにもチャレンジしました・・・と言うよりも、させられました。

今はできないかもしれないけれど、少しずつのアプローチで鳥さんはいろいろなことを克服しつつ、自信につなげていっているのではないかなと感じています。
「どうせ、うちのコは●●だし」
と、鳥さんの可能性や機会を人側が断ってしまっていては、そこからの前進はありえないでしょう。そして、「いつか時間が解決してくれる」と、何のアプローチをしないままでいても、同じことだと感じています。
適切なアプローチで、無理のないステップを踏んでいくことで、「できた!」の瞬間は訪れるのだということを、鳥さんから教えてもらっています。あきらめてはいけない、ということが大切なのですね。

個別相談★セキセイインコさん:咬み付き改善★隠された改善点

世の中はシルバーウィーク真っただ中ですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

個別相談のご案内の前に、最近、入荷した新商品をご紹介させていただきます。
KOTORITACHIさまのビニール傘です↓
KOTORITACHIさん傘-1

柄はオカメインコさん柄で、オレンジのドットが、まるでオカメインコさんのほっぺのようで、とてもかわいいです!
KOTORITACHIさん傘-2
店頭でお買い求めいただけますので、お越しの際にはご覧いただけましたら幸いです。

さて、相変わらず更新が滞っていますが、8月25日に個別相談にお越しいただいたセキセイインコさんのご紹介をさせていただきます。
セキセイさん20150825-2

ご相談内容は、「咬み付き改善」です。

ご家族構成は、ご主人と奥様で、奥様の方にだけ咬み付くということで、「もっと仲良くなりたいです」ということでご相談にお越しになりました。

今回のご相談に限らず、ご相談内容とは別のところに、その原因や改善点が潜んでいることが多々あります。

「咬み付き改善なら、咬まないトレーニングを」
と、すぐにトレーニングだけを実践することはなく、ご相談の際はどんな内容でもそうですが、ことこまかにヒアリングをさせていただくことからスタートします。
●咬む行動の事前の状況
●咬んだ後の飼い主さまの行動
●放鳥時間
●咬む行動に、特定の場所があるか、特定の時間帯があるか
などなど。

ヒアリングを進めていく過程で、改善ポイントが見えてきました。

●ケージから出しっぱなしの環境で暮らしている。
 ⇒特に咬まれる場所がある。それは、奥様が台所にいる時。
 【考察】 お部屋全体がセキセイインコさんのテリトリーになっていて、特に、日中はセキセイインコさんは台所で過ごしていることが多いようだということです。なので、自分(=セキセイインコさん)のテリトリーに入ってくる奥様を除外しようとして咬み付き行動にでるのではないか。

●ご主人には咬まないというセキセイインコさん。
 ⇒奥様が咬まれた後に、それを見たご主人が笑うことも。
 【考察】 行動の後に伴う結果が、鳥さんにとってメリットがある場合、その行動の出現率は上がります。[奥様を咬む] ⇒ [大好きなご主人が笑う=リアクションが大きい、または楽しい] ⇒ セキセイインコさんにとってメリットとなり、「もっと咬むぞ!」となっている可能性もある。

以上が、セキセイインコさんの奥様を咬む理由ではないかと仮説を立てました。

お気付きの通り、セキセイインコさんをケージから出しっぱなしにしている環境はお勧めできません。「やはり放鳥時間を決めた方がいいですか?」というご質問はよくあります。そして、この問いに対する答えとしては、いつも「はい、決めた方がいいです」と答えています。その理由は・・・
●目を離している時に、タンスなどの隙間などに挟まってしまったり、部屋の中の危険なものを口にしてしまうなどの、危険な目にあう場合もある。
●人の都合で、「今はケージに入って!」、などと急に言われても鳥さんは理解に苦しみます。
●長い目でみて、鳥さんが病気などで治療が必要になった時に、ケージ、またはプラスチックケースの中で、安静にしたり保温が必要となるでしょう。普段から慣れていなければ、ケージやプラスチックケースに入れられた時のストレスは大きくなる。
●広い部屋を自分のテリトリー、つまり大きなケージに例えると、たまに入る自分のケージは巣箱と見立ててしまい、発情を促してしまう場合がある。
ということが挙げられます。

放鳥時間は、きっちりこの時間から!と分刻みで設定する必要はありませんが、おおよその時間帯で決めることをお勧めします。どのくらいの時間が最適ですか?というご質問もよく受けますが、
●最適な時間は特にありません。ご家庭によって、それぞれのルールで決めていただけるといいと思います。
●放鳥時間は、「鳥さんが自由に飛び回れる時間」という解釈もできますが、長さを決める際には、「飼い主さまが、きちんと鳥さんを観てあげられる時間」を基準にして決めていただけると幸いです。

今回のご相談では、生活環境の改善に加えて、咬まずに手にのった時にセキセイインコさんの大好きなものをご褒美としてあげて、奥様の価値をどんどん高めていく方法をお伝えいたしました。

セキセイさん20150825-1
この日は、奥様お一人でお越しいただきましたが、初めての環境で緊張しているセキセイインコさんは、奥様を咬んだりなんかしません。少なからず、頼れる存在!と少しでも価値が上がったのではないでしょうか。

個別相談は、3か月をひとまとめとして、継続してお越しいただく場合もありますし、一回のご相談で、あとは様子を観ましょうという場合もあります。
今回のご相談は、まずは生活環境の見直しについて、ご主人とルールを相談していただくことを優先していただきたいということをお伝えして、一回で終了となりました。もちろん、今後、もし何かあればお越しいただくことをお願いしました。
間接的、あるいは直接的な環境や生活を見直すことによって、問題行動が改善される場合もありますので、ある問題行動の背景には生活環境が影響している場合もありますので、一度、環境や生活環境の見直しをしてみることをお勧めいたします。

個別相談★アオメキバタンさん★度胸をつけよう!

ずいぶん、(いつも)ブログ更新が滞ってしまい申し訳ありません。。。
8月23日にお越しいただいたアオメキバタンさんの様子をご紹介させていただきます。

こちらのアオメキバタンさんは、ちょくちょくブログでも登場してくれている鳥さんです。
臆病な性格からくる咬み付きがあるのですが、将来的にはこの臆病な面を少しずつ克服してもらい、いろいろな人に対してもリラックスできるような鳥さんになってほしいという飼い主さまのたっての希望で、この日は、これまで個別相談を利用されて、且つ白色オウムさんと暮らす飼い主さまにご協力いただきました。

時間をかけながら、手からご褒美を受け取ってくれるところからスタート。
ろじゃ君20150823-2
間合いをしっかりとらないと、ご褒美をもっている指をガブリとされてしまいます。
実質的に、クチバシが指に届かないようにすれば、ガブリもないので、「咬まれない環境作り」ができます。「咬まれない環境作り」を人側がほんのちょっと心掛けるだけで、鳥さんに咬むという経験をさせなくなり、咬むという学習行動を強化せずにすみます。

ろじゃ君20150823-1
さすが、白色オウムと暮らす皆様。
体から「大好きだよ~」というオーラでも出ているのでしょう。臆病な性格のアオメキバタンさんも、比較的、リラックスしてくれていました。

ろじゃ君20150823-4
木のおもちゃをプレゼントしてもらって、楽しく格闘している様子↑
その向こうで、目はしっかりとこちらをうかがっている雪之丞(タイハクオウム)。

ろじゃ君20150823-3
笑っているように見えますね。

興奮して、足元に向かって攻撃をしてきたときのために、飼い主の皆様にはタオルをご持参いただいていましたが、初めて会う人たちに対して緊張感もあり、攻撃しようなんて考えには及ばなかったようです。そして、複雑なバックグラウンドから、人に対して無条件に「大好き!」という感じではありませんが、人の注目を浴びるのは好きなようなので、いいところを見せようとしていたのか、この日は本当にご機嫌でした。
その後の様子をおうかがいすると、やはり、この日はかなり緊張していたみたいだったとのことでした。
今後も、少しずつこういう機会を作っていき、いろいろな人に対してもある程度緊張しないような鳥さんになってくれたらいいなと思っています。

決して、あってはほしくないですが、万が一のことが飼い主さまの身に降りかかった時のことを考えて、いろいろな人に接することができるようになってほしいという願いから、このような機会を設けさせていただきました。そしてこのような機会は、鳥さんにとってもいい刺激になると思っています。

ご協力いただきました飼い主の皆様、本当にありがとうございました!

*経過報告* 台風18の被害による鳥さんの受入要請について

  • ご案内
台風18号による甚大な被害から1週間が経過いたしました。
大雨により被災された多くの方々に、改めて心よりお見舞い申し上げます。

これまでの1週間の間に、鳥さんの救助要請の連絡は入っていない状況ですが、多くの方々のお力添えにより、この情報を広めていただき、この場をお借りしてお礼申し上げます。

日常生活への復興まで、これから時間と労力が必要となるかと存じます。わたくしどもでできることとしまして、引き続き、今回の災害により、鳥さんのお世話が困難になった方に対して、一時お預かりと医療の提供をさせていただきますので、ご希望の方はご連絡いただけましたら幸いです。

*ご案内*

横浜小鳥の病院、並びに併設ショップでは、この度の台風18号によりお世話が困難になってしまった鳥さんの一時預かりと、医療をお受けいたします。お預かりできる羽数に限りがありますが、ご希望の方はまずはご連絡ください。
なお、専門分野が飼い鳥となりますので、犬や猫などの受け入れは、他団体を頼っていただけましたら幸いです。

お知り合いの方に該当者がいらっしゃるようでしたら、このご案内を教えてあげてください。

連絡先:
横浜小鳥の病院併設ショップ Birds' Grooming Shop
TEL 045-441-6535(8:45~19:00)
E-mail info@birdsgrooming-shop.jp

台風18号による大雨により被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

とりきち横丁さん商品 【無農薬】乾燥ユーカリ葉 グロブルス 新入荷のご案内 

とりきち横丁さん商品の【無農薬】乾燥ユーカリ葉 グロブルスを新たに入荷致しました!

IMG_3108.jpg

そもそもユーカリとは?
オーストラリア南東部、南西部、タスマニア島におもに分布しており、およそ500品種以上もあります。
しかし、インコが食べられるのはほんの数種類のみ。
人間用としてもあり、葉から精油されたものはアロマテラピーとしても使用されております。

栄養は?
タンパク質(アミノ酸)、ビタミンA・C、食物繊維、炭水化物、シードやペレットには
含まれていない微量なミネラルや必須アミノ酸が含まれております。

使用方法
主食のシードに混ぜる場合は1kgあたりに5gほど混ぜてあげるのが丁度よいですが、
インコさんの様子を見て調整をしてあげてください。
単品で容器を別にし、おやつとしてあげて頂く事も可能です。

あげても良い鳥種
ユーカリの葉はオーストラリア近辺にしか生息をしておらず、
オーストラリア以外の原産のインコさんたちは自然界でも、もともと食べてはおりませんので向いておりません。
よってオーストラリア原産のインコさんたち【セキセイインコ・オカメインコ・秋草インコ・ビセイインコなど】が対象となります。

IMG_3110.jpg IMG_3109.jpg

ご自宅のインコさんたちの食事のバラエティーを増やしてみませんか。
現在、少量のため店頭のみの販売となりますが、是非お試しください。



緊急・台風18号の被害にあわれた鳥の飼い主様へ

  • ご案内
*緊急のお知らせ*

横浜小鳥の病院、並びに併設ショップでは、この度の台風18号によりお世話が困難になってしまった鳥さんの一時預かりと、医療をお受けいたします。お預かりできる羽数に限りがありますが、ご希望の方はまずはご連絡ください。
なお、専門分野が飼い鳥となりますので、犬や猫などの受け入れは、他団体を頼っていただけましたら幸いです。

お知り合いの方に該当者がいらっしゃるようでしたら、このご案内を教えてあげてください。

連絡先:
横浜小鳥の病院併設ショップ Birds' Grooming Shop
TEL 045-441-6535(8:45~19:00)
E-mail info@birdsgrooming-shop.jp

台風18号による大雨により被災された多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

参加費無料!お申込み受付中! 鳥さんお悩み相談会*鳥さん同伴OK*

改めてのご案内です。
鳥さん同伴OK(条件付き)の「お悩み相談会」を開催いたします。
どなたもお気軽にご参加いただけるように、参加費無料のイベントです。
他の飼い主様も同じような悩みを抱えていらっしゃる場合もあります。一人で悩まずに、みんなで話し合って一緒に解決策を探し出せたらと思っています。この機会にぜひご参加ください。

**鳥種別 お悩み相談会 [鳥さん同伴OK!]**

「他のご家庭では一体どうしているのだろう?」
「うちのコって、、、変??」
などなど、「この飼い方でいいのかな?」や「どのコもみんなそうなの?」などという疑問の声をよく耳にします。そんな飼い主さまのために、鳥種別の会合プラスお悩み相談会を開催させていただきます。鳥さん同伴が可能な会です。
(ご同伴いただける鳥さんは以下の条件を満たしていることが必要となります)
種類が同じと言えど、性格はそれぞれです。
同じ鳥種と暮らす飼い主さま同士だからこそ話し合えて、アイディアを共有したり、知識を得られる、この機会にぜひご参加ください。

【内容・趣旨】
・飼い主さまからの疑問やお悩みなどを話し合う、座談会のような場。お申込みの段階で、他の飼い主さまに訊いてみたい内容をご提出いただきます。
・同じ鳥種と暮らす飼い主さま同士だからこそ抱える悩みや疑問を話し合い、アイディアを共有できる場にすることが目的です。
・鳥さん同士の社交性を身に着ける場としても、飼い主さま同士の輪を広げるためのきっかけとなりましたら幸いです。
・バードトレーナーが同席させていただきます。

【お願い】
・参加者の皆様にとって、気軽に発言できる場としていきたいと考えています。ご参加いただいた皆様に均等にお時間を割いていきたいと思いますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
・飼養に100点満点はありません。それぞれの鳥さんの性格や飼い主さまの生活スタイルによって、鳥さんとの暮らし方やお世話の仕方は異なります。「それはダメ!」「こうすべきだ!」などの否定的な発言をする場ではございません。あらかじめご了承願います。

【日時/対象者と対象の鳥さん】
 ●鳥種別によって異なります。詳しくは、各お申込みページをご確認ください。
  ・オカメインコ編  11月8日(日)
  ・ヨウム・コイネズミヨウム編 11月29日(日)
  ・小型の鳥さん編 11月22日(日)
  ・中型の鳥さん編 12月6日(日)
  ・大型の鳥さん編 12月13日(日)
 ●13:00~15:00(予定)

【参加費】
 無料!

【定 員】
 ●鳥さん10羽
 ●人   15名
 ※先着順に受け付けをさせていただき、定員に達し次第締め切りとなります。
 ※お申込み羽数が3羽に満たない場合は、開催を見送らせていただきます。

【鳥さんの参加条件】
ご自身の鳥さんを守るため、相手の鳥さんを守るためにも、ぜひご協力の程よろしくお願いいたします。
・イベント開催日から1年以内に受けた検査でクラミジア症とPBFDが陰性
・ただしPBFDに関しては、過去にPBFDが陰性であり、その後未検査の鳥と接触していなければ、1年以内ではなくても大丈夫です。
※お申込みの段階で、検査結果表のご提出をお願いさせていただきます。
・オカメインコ、フィンチ類に関しては、PBFDの検査を受けていなくても大丈夫です。
・満1才以上の鳥さん。
・1家族2羽までのご参加でお願いいたします。
・健康状態に問題がない鳥さん。
※投薬中や治療中、通院中の鳥さんのご参加はご遠慮ください。
※換羽中の鳥さんも体力が落ちている時期ですので、ご参加はご遠慮願います。

【会 場】
Birds’ Grooming Shop 2階セミナールーム
〒221-0021 神奈川県横浜市神奈川区子安通1-2-16
最寄り駅:京浜急行線 子安駅 徒歩2分
※当日は、公共の交通機関をご利用いただくことをお勧めいたします。
アクセス

【当日のスケジュール】
 13:00スタート
  30分~1時間程度
  ●自己紹介&お悩み相談会 etc
   30分~1時間程度
  ●コミュニケーションタイム

【イベント当日のお願い】
※初めての場所や人で、緊張してしまう場合もあると思いますので、決して無理をさせないようにお願いいたします。
※鳥さんに負担がかかっているなど、バードトレーナーの判断によりお早目の退室をお願いさせていただく場合もございます。
※ご自身の鳥さんから決して目を離さないようにお願いいたします。
※鳥さん同士のケンカによる怪我がないよう、ご参加いただく皆様には十分にご配慮くださいますようお願いいたします。
※イベント当日の鳥さんの体調や天候によっては、ご同伴をお控えいただくなど、鳥さんの体調を最優先してご判断くださいますようお願いいたします。
以上、ご協力の程よろしくお願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

最近の雪之丞 *破壊活動にますます勤しんでます!*

お久しぶりです!
雪之丞(タイハクオウム)です!

最近は、お天気が悪くてムシムシしてますね。鳥さん諸君!体調を崩さないでね!

個別相談に来る飼い主さんに、「楽しそうにすごしているね~」とか「以前と比べて明るくなったね~」と声を掛けてもらうことが多くなったボク。
ショップでの暮らしにもずいぶん慣れて、ショップに来た当初は環境の変化もあって、590gあった体重が540g台まで下がったけれど、いまでは580gまでに戻ってきたよ。

毎日のボクのお仕事をご紹介します!そ・れ・は・・・「破壊活動」!
雪之丞20150820-1
雪之丞20150820-2
雪之丞20150820-3
雪之丞20150820-4
芸術的(?)な破壊跡でしょ?

ショップにお越しの際は、ぜひ、ボクにも会ってね!
ちょっぴりシャイだけど、人は大好きなんだ。待ってるね~。

個別相談★コミドリコンゴウインコさん★ご褒美の使い分け

今回、2度目のお越しとなったコミドリコンゴウインコさんのご紹介です。

1回目のご相談内容は・・・
●オンリーワン解消・・・オンリーワンにまでは至っていませんでしたが、ナンバーワンの人からナンバーツー以下の人への移動の際には、ちょっとしたコツが必要と判明。コツとは、ナンバーワンの人の肩にとまっている時は咬み付きますが、腕にいる時は咬み付かないということから、「おいで」トレーニングで、自ら腕まで下りてきてもらうことに。腕まで下りてきてくれたら、他の人への移動は咬まれずにすみます。これは上手にできるようになりました。

●咬み付き改善・・・これに関しても、コミドリコンゴウインコさんと人側の歩み寄りが必要で、ひつこくしないことや、興奮している時には手を出さないこと、を実践することで、被害は激減したそうです。

2回目となる今回は・・・
1)タオルにくるまれるようになる ⇒ 健康診断の時や爪切りの時に役立つ。
2)キャリーに自ら入れるようになる
ということを目標にしたいとのことでした。

いずれも、ご褒美トレーニングの正の強化(Positive Reinforcement:ポジティブレインフォースメント)を用いて行いますが、学習してもらいたい行動によっては、ご褒美を使い分けることが大切です。

りこぽんちゃん20150818-3
タオルトレーニングはアーモンドを使って、ここ(=タオルの上)にいるといいことがあるね!を教えます。しばらくすると、タオルが敷いてあるところ以外には行かなくなるくらい、アッと言う間に学習してくれました。
今後は、少しずつ少しずつ、タオルにくるまれることは楽しいことで、イヤなことじゃないよということを教えていくことが課題です。

コミドリコンゴウインコさんのご褒美は、「おいで」トレーニングの時もアーモンドを細かく砕いたものですが、キャリーに入る練習の時は、これを見たら興奮してしまう!という、ボールの中に鈴が入ったものを利用することにしました。
ただし、即席で作ったものなので、いつもご自宅で遊んでいるものとは異なり、いまいち燃えてくれませんでした。。。

りこぽんちゃん20150818-2
りこぽんちゃん20150818-1
ご自宅でのトレーニングを通算しても、今までで一番、キャリーに近づいてくれた様子↑
キャリーは、最初の段階として、上部分を取り外してあります。
大好きなおもちゃをキャリーの中に入れて、この中で遊んでくれるようになればしめたものです。

繰り返しの練習が必要な場合は、大好きな食べ物を細かくしたものが有効ですが、キャリーやケージに入ったりする場合は、入ってからそこに留まってほしいので、大好きなおもちゃや破壊に熱中できるものを用いると有効です。

トレーニングの内容によって、食べ物だったり物(おもちゃ)だったり、使い分けることをお勧めします。

****イベントのご案内****
「鳥さんお悩み相談会」を開催いたします。
鳥さん同伴OK(条件付き)のイベントです。
興味のある方は、下記より詳細ページをご覧ください。
オカメインコ編  11月8日(日)
ヨウム・コイネズミヨウム編 11月29日(日)
小型の鳥さん編 11月22日(日)
中型の鳥さん編 12月6日(日)
大型の鳥さん編 12月13日(日)
●13:00~15:00(予定)