FC2ブログ

2015年07月

当店オリジナル国産皮付餌(500g)長期欠品のお知らせ


いつもBirds’GroomingShopをご利用頂いております皆様、こんにちは。

本日は、表題につきましてオリジナル国産皮付餌(500g)長期欠品のお知らせを致します。

現在、製造元より、原料(国産シード類)の収穫量が予定よりはるかに少なく、長期欠品をするとの連絡がございました。

つきましては、誠に不本意ではありますが当店の在庫がなくなり次第欠品とさせて頂きます。

次回の入荷に関しましては、正確な目処は立ってはおりませんが、秋頃の見込みとの事です。

当店、通販サイトをご利用頂いております皆様には大変ご迷惑を

お掛けすることと存じますが、何卒ご理解ならびにご了承賜りたく存じます。


    ※欠品商品
国産皮付餌


スポンサーサイト



究極(?)のフォージングのアイディア

度々、フォージング(餌探し行動)について、ブログでも、個別相談でもご紹介させていただいておりますが、鳥さんは本当に頭がいいので、次の手を考えるのが大変です!とおっしゃる飼い主さまが大勢いらっしゃいます。

ホームセンターで見つけた、ステンレス製のボルトとナットを使って工夫をされていらっしゃる方もいますが、こちらのビデオはいかがでしょうか。


(Slate News Scienceより)

特にトレーニングを受けていないシロビタイムジオウムさんが、2時間弱で攻略した複雑なパズルが紹介されています。

透明の扉の中にナッツが入れてあって、このナッツをゲットするにはピン、スクリュー、ボルトを取り外して、輪(車輪)を90℃回転させ、カンヌキを横にスライドさせなければ、透明の扉が開けられない仕組みになっているようです。

ここまで手の込んだものをとは言いませんが、ご自宅でのフォージングのアイディアにしていただけましたら幸いです。

クッキー82才の誕生日!

「クッキーが、82才の誕生日を迎えたんですって!」
と、以前からのお知り合いの飼い主様に教えていただきました。
「おーーーっ!今年も元気に誕生日を迎えたんですね~」と、会ったこともない鳥さんですが、数年前からちょくちょく動画などを観ていたので、とても感慨深いものがあります。

クッキーとは、クルマサカオウムさんのお名前で、アメリカ・シカゴのBrookfield動物園にいる鳥さんです。
この動物園がオープンした当初からいたそうです、もちろん、オープン時にいた動物の中で現在、生きているのはクッキーだけです。
Cookie82.jpg
(Brookfield Zooより)
毎年、誕生日ケーキのロウソクの代わりに、えんどう豆みたいなものが立てられているのが印象に残っています。

クルマサカオウムは、通常40年から60年の寿命だそうです。
そして、クッキーは、最も長生きしているオウムとしてギネスに登録されているとのこと。
クッキーがシドニーにあるTaronga動物園で誕生したのが1933年。う~ん、本当に長~い鳥生を歩んできたんですね。

Brookfield動物園では、一般に公開されていたのは2009年の76才までだったそうで、現在は飼育員さんがいるお部屋でみんなに見守られて過ごしているそうです。
年も年なので、骨粗しょう症や骨関節炎という症状も出ているようですが、これからも楽しく過ごしてくれたらいいなと思っています。

クッキーの82才の誕生日を祝う動画↓

飼育員さんたち、そしてベニコンゴウインコさんたちも祝福してくれています。

最近の雪之丞

4月にショップの一員となった雪之丞@タイハクオウム。
やってきた当初は、環境の変化でなかなか体重が上がらず、白色オウムらしい雄叫びも上げず、ケージの中でも外でもほとんど動かない状況で、心配する日々が続いていましたが、3か月が過ぎて、最近ではかぶっていたネコをひっぺがしてくれたようです。

こんな風に変わりましたその1:
以前は、ケージの上にいてボーっとしているだけでよかったらしいですが、今では行動範囲が広がりました。画像は、教卓(セミナーの時に使っています)の中にしまってあるプロジェクターの箱を齧っていて、「なにやってるんですか!?」と見つかった時の表情↓
雪之丞20150702-1
雪之丞「あ!やべ!見つかっちゃった!」

こんな風に変わりましたその2:
ケージの中でもよく遊ぶようになってくれました。お気に入りなのは、どんなおもちゃよりも、ヒモ(特にサイザル)、そして2番目に好きなのはダンボールのようです。な、なんて安上がりな。
雪之丞20150702-3

雪之丞20150702-2
下の方に切り刻まれた段ボールの破片でお分かりの通り、本当によく遊んでくれています。

飼い主さまたちにも、「人に依存することなく、自分で自分を楽しませることができる鳥さん」を目指すことをお勧めしているので、雪之丞はそのお手本になってくれているようです。

お手本と言えば、「1つのメーカーのペレットだけでなく、いろいろなメーカーのものも食べてくれるように」ということもお勧めしている立場上、体重が安定してきた雪之丞にも挑戦してもらっています。
雪之丞は、ハリソンのコース(大粒)が主食です。他のズプリームやラウディブッシュのペレットは、エサ入れに入れていても、ハリソンは完食しても、その他のメーカーのペレットはきれいに残っている状態です。おそらく、他のメーカーのペレットを食べてもらおうと試みた経験のある飼い主さまにとっては、同じ光景ではないでしょうか。
しかし、これであきらめては専門スタッフがいるショップと謳っている以上、面目丸つぶれです。

そして最近、ラウディブッシュのペレットを食べてくれました!
ただいま移行中ですので、定着しましたら、雪之丞に実践した方法をこちらでご紹介させていただきます。

ショップに来た当初は、590gあった体重が、最初の1か月で540gまで下がってしまいましたが、最近ではよく動くようになってきたということもあり、食欲も出て体重が570g台にまで上がってきました。
夕方には、白色オウムらしい雄叫びも上げるようになったり、ショップでの生活リズムも理解してくれているようです。お世話が遅くなると、スタッフは叱られます。。。
個別相談にお越しになる飼い主さまたちのもかわいがってもらって、表情が明るくなってきたように思います。

とある事情でやってきた雪之丞。
今が楽しく過ごせているのであれば本当にうれしいですし、これからも雪之丞が心も体も充実できるような生活が送れるようにサポートしていきたいと思います。そして、ショップの一員なので、世の鳥さんたちのために少しでもお役立ていただけるように一緒に情報発信をしていきたいと思っています。