FC2ブログ

2015年04月

4月25日「BLLお披露目会」と「鳥さんヒントセミナー:セキセイインコ編」のご報告

ご報告が遅くなってしまいましたが、4月25日に開催いたしました「BLLお披露目会」と「鳥さんヒントセミナー:セキセイインコ編」のご報告をさせていただきます。

「BLLお披露目会」

もしも自分に何かがあった時に、鳥さんの命をつなぐ“Bird Life Line(バードライフライン)”、略して「BLL」プロジェクトのお披露目会を開催いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!和気あいあいとした雰囲気で、カードやシートに鳥さんの情報を記入していただきました。
BLLお披露目会20150425-2
BLLお披露目会20150425-1

鳥さんのお写真も貼って完成↓
BLLお披露目会20150425-6
いざと言う時は、自分で鳥さんのお世話の方法などについて伝えることができない状況に陥っている場合もあります。鳥さんのことをよく知らない人が、これらの情報を読んで、最低限のお世話ができるようにということを趣旨としています。
参加者の皆様からは・・・
●とても楽しいひと時でした。
●鳥好きさんとの情報交換もできていい機会になりました。
●自分自身、一人と一羽で暮らしているので、このような取り組みがあってうれしいです。
などなど、これからBirdstory様と一緒に、BLLプロジェクトを一人でも多くの方に伝えていけたらと思っています。
目指すは、「鳥さんと暮らす人は必ず持っている!」というくらいに広めていけたらいいなと思っています。

BLLカードやシートは、今後のお取扱い方法が決まり次第、ご案内させていただきます。

さて、「BLLお披露目会」の次は、「鳥さんヒントセミナー:セキセイインコ編」を開催いたしました。

「鳥さんヒントセミナー:セキセイインコ編」

あっという間に定員に達してしまったので、キャンセル待ちをお申し入れいただいた皆様におかれましては、大変申し訳ありませんでした。またの機会に開催させていただきますので、その時はぜひご参加いただけましたら嬉しいです。

まず最初に、スライドを使って、セキセイインコさんをお迎えする際の心構えなどをお伝えさせていただきました。
そして、皆様お待ちかねのスペシャルゲスト講師による実践編です。

セキセイインコ編セミナー20150425-1
スペシャルゲスト講師は、Birdstoryさまの愛鳥さん、ばななちゃんです。
ばななちゃんをBirdstoryさまのサイトなどですでにご存じの方は、「生ばなな!生ばななに会えた♪」と大喜びでした。
キャリーから出してもらったばかりの時点では、ちょっぴり緊張気味のばなな先生でしたが、そんな鳥さんのボディランゲージもお伝えするいい機会となりました。

セキセイインコ編セミナー20150425-2
ターンや呼び戻し、トンネルくぐり、キャリーに自分で入るというトレーニングを日頃から、コミュニケーションの一貫として取り組んでくださっているおかげで、場の雰囲気に慣れてきたら次々と披露してくれました。分け隔てなく、参加者の皆様の手や頭にのりながら一通り挨拶を済ませている様子に、皆様すぐにメロメロに。上の画像は、キャリーにちょっと戻ってみせている様子。

セキセイインコ編セミナー20150425-3
こちら↑は、最年少参加者の7才の女の子が描いてくれました。
この女の子も、最初は恐々ばななちゃんを手にのせたりしていましたが、少しずつ慣れていってくれた様子でした。一般の飼い主さまの愛鳥さんにお越しいただいて開催したセミナーなので、動きが読めない、あるいは注意しても聞き入れてくれないご年齢の小さいお子様のご参加はご遠慮していただきましたが、周りの大人たちの手厚いサポートで、何事もなく無事終了することができました。大人の皆さま、ありがとうございました。
最後に、この女の子に、「セキセイインコさんを飼いたいの?」と質問してみたら、「コンゴウインコがいい」と返されて、その場にいた大人たちはどよめいていました。年齢的には、長寿のコンゴウインコさんを最後まで見届けてあげられるとは思いますが、しっかりと親御さんにお伝えすべきことがたくさんあるので、今のところは、はやまらないようにと取り急ぎお伝えさせていただきました。

「今日は、何の騒ぎですか?」
IMG_8877.jpg
そして、この日、ばななちゃんと一緒に人気者(鳥)になった、ショップ2階にいる雪之丞(タイハクオウム)。みんなにかわいい、かわいいと言ってもらっていました。

今後も、鳥種別に鳥さんヒントセミナーを開催してまいります。
初心者向けセミナーとなっておりますので、これからのお迎えを考えている方や一緒に暮らし始めてまだ日が浅い方などにご参加いただけましたら幸いです。

各鳥種別セミナーには、ゲスト講師(鳥さん)が参加してくれます。実際に、鳥さんに触れて、鳥さんの動きを観察しながら、一緒にお勉強できたらと思います。ゲスト講師の鳥さんたちに参加をしていただくもう一つの目的は、鳥さんにはそれぞれ個性があるということを知っていただけたらと思っています。セミナーを通じて、大型の鳥さんになればなるほど、飼いたい鳥種と実際に飼える鳥種が違うということ、飼い主さまの性格に合っている鳥さんかどうかなども客観的に考えていただけるような機会にできたらと考えています。

セキセイインコ編では、すでにセキセイインコさんと暮らしているという飼い主さまは、改めてセキセイインコについて勉強しなおしたい、とご参加いただきました。鳥さんにはそれぞれ個性がありますので、「うちのコこうなんですけど・・・」という具体的なお悩みを尋ねていただけるいい機会になっていただけたらと思っています。

おしゃべりできるコがいい、陽気なコがいい、などなど、鳥さんに求めるものは様々でしょう。しかし、鳥さんには個性があります。その個性を受け止めてあげて、本に書いてあるような鳥さんの性格を鵜呑みにすることなく、ご縁があって出会った鳥さんを大切にしていただき、鳥さんとの暮らしに少しでもお役立ていただけましたら幸いです。

《今後の鳥種別ヒントセミナー》

5月24日 モモイロインコ編
5月30日 オカメインコ編
6月7日 コンゴウインコ編
6月27日 タイハクオウム編
●7月4日 ヨウム編 *お申込みページ準備中*
スポンサーサイト



おやつのお試しサイズ、いかがですか?

「大きな袋で買っても食べてくれるかわからない・・・」
全くその通りだと思います。

鳥さんには好みがありますので、好きかどうかは買ってみて与えてみないとわからないというところがあるので、いろいろ試してはみたいけど、もし食べてくれなかったら…と思うと、なかなか初めてのものを試すのは二の足を踏んでしまうと思います。

そんな飼い主さま、鳥さんのために、ペレットを小分けにしたものはこれまでもお取扱いをしてまいりましたが、今度はおやつ類(一部)のお試しサイズを定期的に販売させていただくこととなりました。

●ムリかな~と思っていたら、予想に反して食べてくれた!
●こんなのが好きだったのか!

など、新たな発見があるかもしれません。
新たな発見に巡りあうには、なにはともあれ、試してみることが大切です。
実際に、「こういうのが好きだったということに初めて気付きました!」というお声も多数いただいています。
この機会にぜひお試しいただけましたら幸いです。

【鳥さん用おやつ:お試しサイズ販売中】

●ラウディブッシュ/ソーク&フィード全8種類 
 ⇒ 50gお試しサイズ販売中!


●ラフィーバー/ニュートリベリー  パラキート
 ⇒ 約10gお試しサイズ販売中!


*時期によっては、お試しサイズの販売を見合わせる場合もございます。
 あらかじめご了承願います。

お・ま・け

グルグル雪之丞20150423
最近は、食欲も上がってきて体重も安定して、タイハクオウムらしい動きも見せてくれるようになった雪之丞↑
画像は、ケージの天井を行ったり来たりしている様子。
個別相談をご利用の飼い主さまにも、「かわいい!かわいい!」と相手をしてもらえてご機嫌の様子です。

5月5日「第2回Birds' Grooming セミナー」まだまだお申込み受付中!

こんにちは!雪之丞ですっ。

今日は、5月5日に開催する「第2回Birds' Groomingセミナー」の予演会(予行演習)に、ボクも参加しました。
予演会20150421
「ふむふむ、そこんとこはもうちょっと掘り下げてはどうかね?」

ご参加いただく飼い主さまにとって、少しでもお役立ていただけるような内容にできたらいいなと思っています。

まだまだ、お申込み受付中です!

詳細は、コチラ↓をご確認ください!
第2回Birds' Grooming セミナー

雪之丞に学ぶ★鳥さんの個性に合わせた環境を見極める★

とある事情で、4月4日にショップ(2階)にやってきたタイハクオウムの男の子、10才。ショップにやってきてまもなく2週間が経とうとしています。

最初に来た時は、593gあった体重がみるみる540gまで下がってしまい、強制給餌を受けていましたが、4月14日には560gまで体重が戻ってきて、スタッフ一同ホッとしています。

やはり、環境の変化は、大型の鳥さんに限らずどの鳥さんにとっても大きな影響を及ぼすのだと思います。人側は、環境の変化は理解できます。しかしながら、鳥さんは「なぜ、ここに連れてこられたのか!?」、「どうして、いつも見る人はいないのか??」など頭の中は混乱しっぱなしでしょう。このような状況で食欲が落ちるのは当然のことです。

実は雪之丞に関して、以前の情報が皆無で、環境にしろ食餌(主食は把握していました)にしろ全てが手さぐり状態です。雪之丞は10才になるので、これまでの10年間の経験について、新しい環境にスムーズに慣れてもらうためにも本当に知りたいところですが、仕方ありません。
今回は、「環境面」について雪之丞を通じて、これから新たに鳥さんをお迎えされる方にとって、少しでもお役立ていただけたらと思います。

前回のブログでご紹介させていただきましたが、なるべく落ち着ける場所として、逃げ場を作ってあげるという意味で、ケージの置き場所を壁に面したところにしてありますが、これは効果があったと思います。
そして、「音」に関して、ショップは道路に面しており、夜も車通りは多いようなので、「うるさくないように」と2階のセミナールームを2部屋に間仕切ることができるようになっているので、扉を閉めた状態にしていました。つまり、雪之丞がいる位置はほぼ無音状態となります。

しかし、ふと考えた時に、雪之丞がこれまでいた空間で、無音状態であったということは考えにくく、生活音をはじめ、他にも鳥さんがいた環境だったという情報は得ているので、かえって音がない空間は雪之丞にとっては「居心地が悪い、落ち着かない、不安な気持ちにさせる」空間ではないかと推測しました。
トレーニングにおいて、推測や仮説だけで終わらせるのでなく、実践がなによりも必要です。ただし、この実践をする際は鳥さんの様子を観察することがとても重要になってきます。

「鳥さんの様子」とは・・・
あることを試してみて
A) 現状維持、あるいは改善が観られた ⇒ 継続でOK
B) 悪化した、食欲が落ちた、落ち着きがなくなった ⇒ 即中止
という点が、見極めるポイントです。
上記は、毛引きや自咬の鳥さんに対して、新たな試みを導入する際に、飼い主さまに注意して観察していただいているポイントです。

さて、雪之丞のいる空間を、道路の音や1階の音(1階から2階に続く階段のところの扉を開けておく)が聞こえるようにしたら、次の日から体重が上がってきました。つまり、上記の観察ポイントで言うとA)の状態なので、継続しています。動きも以前よりも活発になった分、食欲も上がってきているのでしょう。
今回の「環境の見直し」、つまり「音」について改善したことが功を奏したと言えます。

人であっても、静かなところの方が勉強がはかどる人もいれば、少しぐらい雑音があった方が集中できる、など様々だと思います。
鳥さんもそれぞれの性格があるので、その性格に合った環境を見極めてあげることが大切だと考えています。

ただし中には、以前いた環境、例えばペットショップにいた時の環境をそのまま再現することが必ずしもいいとは限らないということも申し添えさせていただきます。
ペットショップにいた時は・・・
●下の方にケージが置いてあったから下の方に置いてあげた方がいいかも?
●鳥さんだけじゃなく、他の動物もいたから騒がしいところが好きかも?
など様々な環境下にいたかもしれませんが、改善してあげられることは改善をしてあげていただけたらと思います。
これもやはり、「鳥さんの様子を観察する」ということがとても大切です。

ついつい、人目線になりがちですが、鳥さんにとってどんな環境が合っているのかを見極めていただけたらと思います。これには何よりも「観察」が大切で、「もしかしたらこうかな?」と思い当たることがあれば、試していただき、この時もぜひ観察ポイントを抑えながら観察をしていただくことをお願いします。

網戸越しに日光浴をする雪之丞↓
雪之丞20150416-4
雪之丞20150416-2
下界を見下ろして何思う?

すっかり、体重計(キッチンスケール)にのることも覚えました。
雪之丞20150416-3
体重計を出した状態でケージの掃除をしていて、ふと雪之丞の方を見ると、「はいはい、これにのればいいんでしょ?」と言わんばかりにちょこんとのってくれていました。最初の頃は、体重計にのってそのまま通り過ぎたり、体重計の真中にのってくれなかったりなど、他のスタッフは手こずっている様子でしたが、今では本当にスムーズです。

体重も上がってきているので、少しずつおもちゃやフォージング(採食行動)を取り入れていきたいと考えています。
雪之丞20150416-1
くわえているのは、ヤシの葉で編んであるおもちゃです。カジカジしてくれます。

何が好き?どんなもので遊んでたの?何時に起きてた?何時に寝てた?などなど、雪之丞がお話できたらもっとすんなり環境の変化に対応してあげられたかもしれません。
望みがかなわないことをいつまでも言っていても仕方がないので、雪之丞の行動や態度で教えてもらうしかありませんね。体重が上がってきたので、まずは一安心です。

これからも、雪之丞を通じて学ぶ部分があると思いますので、ブログにてご紹介させていただきます。

BGS1周年記念 *オリジナルバッグをプレゼント*5月13日スタート!

  • ご案内
横浜小鳥の病院は、4月5日で18年を迎えましたが、併設ショップのBirds' Grooming Shopは5月13日で1年を迎えます。

アッと言う間の1年でしたが、ここまでやってこれたのはご利用いただいております飼い主さまのおかげです。
そんな感謝の気持ちを込めまして、1周年を迎える5月13日から、店頭、並びに通販サイトにて3240円以上のお買い物をしてくださった方々に、BGSオリジナルバッグをプレゼントさせていただきます。

BGSオリジナルバッグ↓
1周年記念バッグ1
A4用紙よりも大きいサイズで、マチ付きです。
※コンゴウインコの飾りはついてきません。

ズプリーム(1.02kg)が入ります。
1周年記念バッグ2

そして、ハリソン(454g)は2~3袋は入る大きさです。
1周年記念バッグ3

*1周年記念:BGSオリジナルバッグプレゼント*

●5月13日より
 *数に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきます。

●店頭、通販サイトにて、3240円(税込)以上お買い上げの方にプレゼント!
 *通販サイトは、送料、代引き手数料を除く商品合計金額が3240円以上の方が対象となります。

これからも、鳥さんと飼い主さまのために少しでもお役立ていただけるように、スタッフ一同頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

4月15日スタート!バードドック受診証キーホルダープレゼント!

  • ご案内
おかげさまで、横浜小鳥の病院は今年の4月5日で開院18年を迎えました。
ショップの方は、もうすぐ1年となるので、まだまだヒナ鳥というところでしょうか。

これまで蓄積された経験とデータを大切にしつつ、現状に甘んじることなく常に「鳥さんたちのために、わたしたちに何かできることがないか」という探求心と広い視野を持ち続けたいというのが、病院併設ショップでもあるわたしたちも同じ想いです。
ショップの方では、獣医師ではないので医学的なことに関しては残念ながらお役に立てることができませんが、鳥さんの生活をサポートするための食餌のことや環境、遊び、行動学的なことはできるだけサポートさせていただきたいと考えています。

18年を迎えた病院の新たな取り組みとして、バードドックを受診した鳥さんに「受診証」となるキーホルダーをプレゼントさせていただくこととなりました。
4月15日からスタートです!
バードドック受診証セキセイインコ①
第一弾のモチーフは、セキセイインコ・ノーマルさんで、聴診器を持っていて、「横浜小鳥の病院 Bird-Dock Certificate(バードドック受診証)」の文字が入っています。

●バードドック受診時に、受診証(キーホルダー)の引換券を病院受付にてお渡しいたします。この引換券を病院併設ショップ「Birds' Grooming Shop」にお持ちいただけましたら、受診証キーホルダーをお渡しさせていただきます。
●引換券には、受診日が記載されているので、鳥さんの健康診断の記録として保管していただき、次回の受診のタイミングの目安にしていただけたらと思います。
●引換券には、「バードドック受診証(キーホルダー)」に加え、5%割引券としてもショップでご利用いただけます。
●受診証キーホルダーのモチーフは、定期的に変わっていきます。第一弾の「セキセイインコ・ノーマル」は、なくなり次第終了となり、また次の新しいモチーフの鳥さんが登場いたします。今後は、小型から大型まで、いろいろなモチーフの鳥さんに登場してもらう予定です。

バードドックを受診していただくたびに、受診証キーホルダーが増えていくことになりますが、鳥さんのバードドック受診記録となりますし、鳥さんの健康管理をサポートしてくださっている飼い主さまにとっては、アクセサリーとしてバッグなどにつけていただくこともできると思います。

鳥さんは病気を隠すと言われています。
そのため病気であったことに気付かず、昨日まで元気に見えても、急に症状が現れたりします。鳥さんは体が小さいため、症状が現れ食欲が低下すると、すぐに衰弱してしまいます。鳥さんの体の状態を知ってあげるために、そして鳥さんの健康管理のためにも、定期的に健康診断を受診していただけましたら幸いです。

横浜小鳥の病院バードドックの詳細はコチラをご覧ください。

環境の変化で食べてくれない!!場合の接し方

鳥さんをショップからお迎えしたり、鳥さんを引き取ったりした時の最初の難関は、「ちゃんと食べてくれるかどうか」だと思います。鳥さんは本当にデリケートなコが多いと感じています。すんなりこの難関をクリアできる場合もありますが、そうでない時はどうしたらいいのでしょうか。
ショップにも新しく仲間が増えたということはお伝えしましたが、雪之丞@タイハクオウム(10才・男の子)も、当初はなかなか食べてくれず体重が下がる一方でした。

3月30日に、とある事情で引き取ることになり、まずは病院の方で過ごして、4月4日にショップへやってきました。
この間、朝晩、強制給餌を行っていました。

ショップに移動してからの4月4日から9日までの間は、1度だけ強制給餌を行っただけで、まずは体重の減少がストップして、少しずつ増えてきています。
トレーナーをはじめ、スタッフが接してきた方法は、
*環境面を整え、適度な声掛けと距離感*
です。

一般のご家庭の場合でも、鳥さんがお家にやってきたら、一日も早く環境に慣れてもらおうと“過度”な声掛けやコミュニケーションをしがちです。鳥さん側の心境になって考えてみると、
●新しい環境でとまどっている
●「ここはどこ!?」「この人たちは今まで見たことない!」などと、とまどっている時の過度な声掛けはさらに混乱を招いている可能性も

周りの環境も、ケージもエサ入れも止まり木も変わっていたとしたら、何から整理をしていいのか分からない心境だと思います。たとえ、自宅に来る前に数回会ったとしても、印象はゼロではないかもしれませんが、よっぽどの出来事がない限りは、「初体面」と同じくらいの印象だと解釈していただいてもいいと思っています。

知らない環境下では、今まで食べていたペレットさえも食べなくなってしまうこともよくあります。

このような状況で、人が良くやってしまいがちなのが、「人が食べている様子を見せる」、「手渡しで食べるきっかけを作る」ということが考えられますが、この二つともに、鳥さんがが見慣れた人なら効果があると思いますが、ほぼ初対面の人がやったとしても、効果は薄いと経験上感じています。

そして、食べないからと言って、「これはどうかな?」「じゃあ、こっちはどうかな?」と、次から次に違うものを与えてしまうのも、すぐに慣れることを妨げてしまう行為である場合もあります。

自宅にやってきて食欲がなかなかでない鳥さんに対しての接し方のポイントを下記にお伝えさせていただきます。
鳥さんにも個性があるので、これらポイントとはまた違うことを試みる必要がある場合もありますが、ご参考にしていただけましたら幸いです。

【目指せ!食欲アップ!人や環境にまず慣れてもらうポイント】

●まずは環境に慣れてもらう:
⇒この「環境に慣れてもらう」ことを誤った解釈をして、常に人がいるところにケージを置く、あるいはケージのそばになるべくいるようにする、というのは、「適度」にはいい方法かもしれませんが、できれば一羽でいてもらう方がより早く、鳥さん自身で周りの環境を観察し、理解してくれて、一日も、一時間でも早く慣れてくれるのではないかと思っています。
[雪之丞の場合] ケージにはすんなり慣れてくれました。そして、どんな性格かを見極めるために、最初の一日は、雪之丞から見える位置にトレーナーがいて、作業をしている環境でしたが、人がいない方がペレットを食べてくれると判断したので、二日目以降は一羽の時間を作ってあげるようにしました。

●人にも慣れてもらう~適度な声掛け~:
⇒「どうしたの?食べないの?これおいしいよ」という声掛けも、ほぼ初めての人(以前に何度か会っていたとしても)からの声掛けは、「え?何?この人何話してるの?」とクエスチョンマークで頭の中をいっぱいにさせてしまい逆効果になってしまう可能性もあります。
[雪之丞の場合] ・名前を多めに呼びかける、・少しでもペレットをくわえたり、食べていたら、やさしく静かに見守る、または「偉いね~」と静かに声掛けをして、近づいてはいかない。
こちらのブログでも、「望ましい行動の時はご褒美(声掛けや大好きな食べ物)を」とお伝えしていますが、ようやく食べ始めた時に声を掛けられると、ポロッとペレットを落として食べなくなるパターンもあります。
鳥さんが環境と人に慣れてきたら、この「望ましい行動の時はご褒美」は有効になります。

●鳥さんにとって落ち着ける環境作りを:
ケージの置き場所について、なるべく人目につくところ、あるいは鳥さんから常に見える位置に、と考えてしまいがちですが、新しい環境下ではとにかく鳥さんは頭の中で整理が必要です。被捕食者の立場から「逃げ場」があるとより安心してくれる傾向にあるので、ケージの置き場所は壁につけてあげることをお勧めします。できれば、お部屋の角に置いてあげると2面は壁に接することができます。
また、お外が見える場所の方がいいかな?というアイディアも、食欲が上がってから考えてあげるようにしてあげてください。
[雪之丞の場合] 部屋の角にケージを置いてあげて、さらにもう1面には演台(セミナー時に使うもの。ご家庭では何か使えるものを)とダンボールを置いて目隠しを作ってあげました。これで3面が何かに接している環境です。
雪之丞20150404
少し分かりにくいですが、手前右の茶色の台が演台で、この上にダンボールを置いています。このダンボールは隙間を作って置いてあるので、雪之丞がその隙間から覗きたければ除くことができますし、人目にはつきたくないなと思えば、目隠しの役目も果たしてくれます。
ちなみに、この画像はショップに来て一日目の様子です。病院にいた時は食べる素振りすら見せなかったそうですが、移動した初日からチンゲン菜(チンゲン菜に関しては、正直、食べているというよりも引き裂いているという状況でしたが)に興味を示し、ペレットも食べてくれました。

●エサ入れを食べやすい位置に設置する:
よく止まっている止まり木のすぐそばにエサ入れと水入れを設置することからスタートして、食べてくれるようになったらこのエサ入れ・水入れの位置は変えていきます。
[雪之丞の場合] 現在は、エサ入れ2つ、水入れ2つを食べやすい位置に設置していますが、自分で移動して、この両方から食べてくれるようになってきたので、今後は食べにくさを演出して、どんどん頭を使ってもらうようにしていきたいと考えています。

●ケージの中のレイアウトはしばらくはいじらない:
なかなか食べてくれないと、「止まり木の位置が気に入らないのかな?」「エサ入れの位置を変えた方がいいかな?」「エサ入れの色が気に入らない?」などと、微調整をしていきたくなりますが、ケージ内のレイアウトはしばらくはいじらない方が、鳥さんはその環境に慣れてくれやすくなります。
[雪之丞の場合] 止まり木の設置が甘く、気付くと斜めになってしまうこともありましたが、敢えてそのままにしておきました。そんな斜めになった止まり木にも止まるようになったので、このころから「これはもう大丈夫だな」という手応えがありました。

●好きな物だけ与えてみる?
とにかく、何かを食べてもらわなければいけないので、以前いたショップや環境ではどんな物が好きだったかが分かれば、たとえそれが主食でなかったとしても与えてみるのは、食欲のスイッチを入れる手段になると思います。
ただ、好きな物だけ、あるいは食べるからと言ってペレット以外を与えるのではなく、まずは上記の環境面を整えながら、今やっている人側の行動を一度見直してみることを優先していただけたらと思います。今まで、ペレットを食べてくれていたのであれば、絶対に食べてくれます。食べなくなったのは、環境の変化が大きな要因なので、この環境面を整えてあげることを優先していただきたいと思います。環境面が整うまでは、鳥さんがとりあえず食べてくれるものを与えながら、ペレットも入れておいて観察をしてみてください。
[雪之丞の場合] どうやら粟穂とひまわりの種が好きなようです。ショップに来て、最初の2~3日くらいはひまわりの種をエサ入れに入れておきましたが(合計10~20粒程度)、これ以降はエサ入れには入れないようにしました。粟穂も今のところ4cmの長さのものを1日に1本与えていますが、今後は、これが好きならフォージング(採食行動)に利用していきたいと考えています。

大まかなポイントをお伝えさせていただきましたが、鳥さんは何かを食べないとなると致命傷になります。そして、急激な体重の減少は内臓に負担がかかってしまいます。
「我が家になってきて食べてくれない」状況下で、食欲が出ないのは環境の変化によるものだと断言できると思います。そうであれば、環境を整えてあげながら、少しずつ慣れてもらうと同時に、何とか食べてもらうような工夫をしていただけたらと思います。
「空腹になれば食べるだろう」という考えは、環境の変化が大きい時は当てはまりにくいと考えていますので、「様子を観る」、「根競べ」というよりも、獣医師に相談をしたり、専門スタッフに相談することをお勧めします。

こちら↓は、4月9日の様子。
雪之丞20150409
朝、夕ともに体重もアップ!元の体重まで戻るのに、まだ少し時間がかかるかもしれませんが、食欲は出てきたので今後もスタッフ一同見守っていきたいと思います。

いまのところ、雪之丞のおしゃべりは「あ、、、あ、、、」と言っているところしか聞いたことがないので、トレーナーに「あなた、顔なしですかっ」とつっこまれていました。

ご報告です

  • ご案内
店長の小沢より、皆様にご報告があります。
私事ではございますが、一身上の都合により、
4月30日をもちましてBirds’ Grooming Shopを
退職致します。
ショップがオープンし、約1年間。
皆様にはたくさんの応援の言葉をいただき、
大変充実した日々を過ごすことが出来ました。
鳥さんの看護の事を聞きたい、とお声掛けくださった方々。
横浜小鳥の病院時代での、看護師としてのわたくしの事を
覚えていてくださって、お声掛けくださった方々。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
誠にありがとうございます。
今後も機会がございましたら、鳥さんに携わることが
出来ればと思っております。
また、これからも皆様と鳥さんのより良い生活を心より
祈念しております。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、5月5日の【第2回 Birds’Groomingセミナー】には
予定通り講演させていただきますので、
どうぞよろしくお願いします。

小沢 知美

ショップに新しい仲間が加わりました!

  • ご案内
4月から、Birds' Grooming Shopに新しい仲間が加わりましたので、ご紹介させていただきます。

まずは、こちらのスタッフから・・・
新メンバー1
初の男性スタッフ、今太郎(こんたろう)さんです。

今からご挨拶--------
初めまして。 スタッフの今(コン)と申します。

過去にペットショップで勤務経験があります。
その知識、経験を活かしてショップの向上、お客様のご要望に応えられるよう日々努力していきたい思っております。

まだまだ未熟ではありますが、頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!
-----------------------

トレーナー的には、今まで女性スタッフしかいなかったので、個別相談の時に「男の人に対する鳥さんの反応もみてみたいのにな。。。」と思っていたので、男性スタッフが加わってくれてトレーニングの幅も広がると喜んでいます。

早速、体重計(キッチンスケール)にのる練習のお手伝いをしていただきました↓
新メンバー2
もう一人(羽)の新メンバーと体重計にのるトレーニング中↑

この白い後姿は・・・
雪之丞20150405-2
初めまして!雪之丞です!10才のタイハクオウムの男の子ですっ。
とある事情から、BGSにやってきました。

昨日(4/4)まで病院の一室にいたのですが、環境の変化で緊張しているからかなかなかご飯を食べてくれないとのことで、ショップの2階の方に移動してきたばかりです。少しずつ環境に慣れてもらっているところなので、まだまだお越しいただいた方の接客(?)はできませんが、会っていただく機会がありましたらやさしく声を掛けていただけましたらうれしいです。
ごはんの方も、少しずつ食べてくれるようになりました。ホッ。
人が大好きな鳥さんです。

雪之丞20150405-1
「もう、体重計にものれるようになったよ♪ちょろいぜっ」

新メンバーの一人と一羽を、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

鳥さんグッズに癒されませんか? 「トリハ展」開催中!

  • ご案内
通販サイトをご利用の方には、ご案内を同梱させていただいたり、店頭でもDMを手に取られた方はいらっしゃるかと思います。

鳥さんグッズの展示や販売をメインに、愛鳥家さんが楽しめる「トリハ展」が、4月5日(日)まで東京・江東区で開催中です。
BGSもお世話になっているBirdstoryさまをはじめ、素敵なクリエイターの皆様が合同で開催されていらっしゃいます。

トレーナーはこの日、ブログでも度々ご紹介させていただいております、「BLL(Bird Life Line)」のカードやシート、そしてステッカーが出来上がったものをBirdstoryさまにお渡しすることを名目にお邪魔させていただきました。

とても素敵なグッズに癒されましたが、一番テンションが上がったのは、コチラ↓
タイハクオウムのラテアート
タイハクオウムのラテアートです!
もったいなくて、の、飲めない、、、

トリハ展第一回の開催を記念して、『トリハ公式』のグッズをお買い上げのお客様対象に、1日限定20杯、トリラッテのお好きな絵柄のラテ(ドリンク)をプレゼントされていらっしゃるそうです。
種類は全15種類↓
-----------------------------------------------------
文鳥・セキセイインコ・オカメインコ・コザクラインコ・ジャンボセキセイ・キンカチョウ・コキンチョウ・オキナインコ・
シロハラインコ・ヨウム・モモイロインコ・タイハクオウム・コンゴウインコ・コバタン・ダルマインコ
-----------------------------------------------------

もしよろしければ、この週末は「トリハ展」に足を運ばれてはいかがでしょうか?

●Birdstoryさまブログ
「トリハ展」会場の様子がご覧いただけます。

●「トリハ展」のFacebook