2015年02月

在庫切れ商品のご案内

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
実店舗、並びに通販サイトにおきまして、商品欠品のご案内をさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありません。

------------------
■□ ラウディブッシュ商品の欠品について
誠に恐れ入りますが、現在ラウディブッシュの一部商品にて在庫切れがございます。
アメリカ西海岸におけます輸入貨物の遅延に伴い、当初の入荷予定より大幅に遅れが生じておりまして、次回の入荷予定は、3月中旬を見込んでおります。

[欠品商品]
 ・デイリーメンテナンス (二ブルズ)       1.25kg 
 ・デイリーメンテナンス (ミニ)     624g / 1.25kg
 ・デイリーメンテナンス (スモール)  624g / 1.25kg
 ・デイリーメンテナンス (ミディアム)      1.25kg
 ・ライストリーツ (リトル) 57g
 ・ローリーネクター 1.36kg
 ・フォーミュラ3 (パウダー) 227g  ※3月下旬入荷予定

また、デイリーメンテナンス(クランブル)1.25kgにつきましては、商品取扱いを終了とさせていただきますので、何卒ご了承ください。
------------------
------------------
■□ ハリソン商品の欠品について

下記、商品が在庫切れとなっております。早急に次回の入荷の準備を行っておりまして、3月中旬頃の入荷予定となっております。商品の入荷まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

[欠品商品]
 ・アダルトライフタイム ファイン 454g
------------------

皆様にはご迷惑をお掛けしてしまい、重ねてお詫び申し上げます。
上記商品が入荷いたしましたら、ブログ、並びに通販サイトにて、お知らせをいたします。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

Birds' Grooming Shop
スポンサーサイト

個別相談★ルリコンゴウインコさん&オオハナインコさん★相談室は気付きの場

3回目のお越しとなるルリコンゴウインコさんのトレーニングの様子をお伝えさせていただきます。

2月22日にお越しいただきました。

本当に陽気で賢いルリコンゴウインコさん↓
ビアンカちゃん20150222

今回のトレーニングの内容は、すっかりフライトが楽しくなったとのことで、ご自宅で放鳥中に呼んでもいないのに飛んでくるようになってしまい、
「呼んだ時に飛んでくる」
「呼んでいない時には飛んできてはいけない」
という練習を行いました。

特に力を入れたのは、いわゆる「待て」を覚えてもらうことでした。

個別相談室に到着するやいなや、スタンド(飼い主さまにご持参いただきました。ありがとうございます)にとまった瞬間、隙あらば、飼い主さんの方に飛んできていたルリコンゴウインコさんですが、何度か繰り返していく内に、飼い主さまの行動(=合図)をよく観察してくれるようになり、「おいで!」の合図で待ってました!とばかりに飛んで来てくれるようになりました。本当に賢い鳥さんです。

今回、お伝えさせていただいたフライトの練習方法のポイントは・・・
●ルリコンゴウインコさんが分かりやすい「今は飛んできていいよ!」の合図の統一
●待ってくれている時に、「待っててね」の声掛けをして(最初の内は頻繁な声掛けが必要ですが、徐々に少なくしていけます)、飛びそうになったら「まだだよ」と嫌悪刺激を見せる
ということを重点的に練習をしました。

ルリコンゴウインコさんを観察していると、トレーニングの後半では、「待っててね」の間に、スタンドの木を齧り始めました。今までは、「飼い主さんの方へ飛んで行きたいっ!行きたいっ!えい!飛んじゃえ!」という感じでしたが、待っている間に自分で他にやることを見つけ出せたと言えます。そして、スタンドの木を齧りながら合図を待っている最中は、きちんと飼い主さんの方をチラリチラリと観察してくれていました。そして、「おいで!」の合図と共に飛ぶ姿は、本当に「良く観てるな~」と感心してしまいました。

あとは、ご自宅で実践していただきながら、行動を定着させていただくことに。

そしてこちらは、ルリコンゴウインコさんのトレーニングの見届け鳥さんのオオハナインコさん↓
フィービーちゃん20150222

オオハナインコさんも本当にいいコで、初対面の私にも手にのってくれました。
オオハナインコさんの方のご相談は特に希望されていらっしゃらなかったのですが、初回に羽根をいじってしまうとのことでしたので、羽根をいじる要因や対策をご提案させていただきました。
すると、食餌内容を改善していただいたところ、「いつの間にか毛をいじらなくなりました」とのご報告をいただきました。その他にも、休養を取ってもらったりしたそうですが、飼い主さまの取り組みが功を奏したのだと感じています。

この日のご相談の際に飼い主さまよりおっしゃっていただいたことは、ルリコンゴウインコさんがどんどん学習していく様を見て、
「こういう場にこないと、自分の鳥のすごさがわからないんですね」
とおっしゃってくださいました。
相談室では、鳥さんに適切な方法でトレーニングをしていくことはもちろんですが、ルリコンゴウインコさんの飼い主さまに限らず、他の飼い主さまからも「自分の鳥がこんなに頭がいいとは思わなかった。ここを利用しなければ気付いてあげられなかった。」という声を数多くいただいております。
いろいろな意味で、この場が「気付きの場」になってくれたらいいなと思っています。

個別相談★セキセイインコさん/自咬改善★表情の変化

昨年末から個別相談にて、自咬改善に向けて取り組み中のセキセイインコさん。

これまでの様子↓
2015年1月10日
2015年1月24日
2015年2月7日

2月21日にお越しいただいた時の様子をお伝えさせていただきます。

前回の2月7日のご相談の際に、本当は気持ちいいと言っている鳴き声だったのに、悲鳴をあげていると勘違いをしていたことに気付くことができました。今回、飼い主さまから見せていただいた観察記録では、「悲鳴を上げている」という言葉はなくなっていて、つまり癇癪を起こすことなく過ごせていたと言えます。一安心です。

セキセイインコさんの自咬の原因は、おそらく人の気を引こうという理由よりも、どうやら精神的な不安などがからんでいることの方が大きいかなと思っていたので・・・
1)何か落ち着かないものの存在があれば取り除いていく
2)落ち着けるような環境作りを整えていく
以上を目標にいろいろと探ってまいりました。
この他にもおもちゃで遊んでもらう方法なども同時進行で実践中ですが、1)と2)をクリアできたら、一つ大きな前進になるかな、なってくれるといいなと思っていました。

セキセイインコさんのケージの位置は、壁に接している面が1面だけなので、寄り添える場所といいますか、四六時中、どこからでも観られている状況というよりも、少し隠れられる場所があるといいなと思い、ケージの片面(右か左か)にハンカチなどを垂らしていただくようご提案をさせていただきました。

すると、ご相談の日から2日後、飼い主さまより「なかなか効果的で、側で寝ている」というご連絡をいただきました。

福ちゃん20150209
こんな感じ↑で、側で寝てくれていますね。(上記画像で側面に垂らして(ひっかけて)くださっているのは紙とのことです。)
側で寝ているということは、落ち着いているのだと思います。2/7~21の期間は、ケージのどの位置にハンカチや紙をかけると効果的かを探ってもらう期間だったので、2/21からの2週間は、ケージの右か左かの側面に固定でかけてもらいながら、さらに様子を観察していただくことになりました。

2月21日にお越しいただいた時の様子↓
福ちゃん20150221
おもちゃも、少しずつ挑戦中とのこと。
放鳥中に、以前と比べるとだいぶコミュニケーションがとれるようになってきたそうです。

自咬改善の取り組みを始めて、相談室にいらっしゃる度に感じているのは、セキセイインコさんの表情が明るくなってきているということです。飼い主さま自身も、ご自宅での行動などからそのように感じていらっしゃるようです。
こちらのセキセイインコさんに限らず、ご相談にお越しいただいた当初は、飼い主さまだけでなく、鳥さんも不安そうな顔をしていると感じことが少なくないのですが、トレーニングを進めていくに連れ、飼い主さまも鳥さんも明るくなっていくのを実感することがよくあります。やはり、お互いが楽しくないとですね!

自咬や毛引きは、一旦癖になってしまうと改善に至るまでは本当に時間がかかりますし、改善にまで至らない場合もあるのは事実です。それでも、少しでも鳥さんに、自分の羽根をむしったり、自分の皮膚を傷つけたりするよりも、もっと楽しいことがあるよ、ということを教えてあげられたらいいなと思いながら取り組んでいます。

セキセイインコさんも少しずつ少しずつ、方向性としては間違っていないので、改善に向かっていけたらいいなと思っています。

頑張れ!りんちゃん!

ブログに度々登場してくれていたアオメキバタンのりんちゃん。

これまであまり、りんちゃんのバックグラウンドなどには触れてきませんでしたが、「もう大丈夫!」ということで、トレーニングを一旦終了するこの機会に少しお話をさせていただきたいと思います。

りんちゃんは、1才になる前にとあるご家庭にお迎えされたそうです。
わたし(=トレーナー)が聞いた情報では、大型、それも白色オウムというものがよくわからないままお迎えされたそうですが、鳴き叫ぶし、懐かないしで手に余ってしまったそうです。
そして、引き取ってもらえないかと現在の幼稚園にご相談があり、りんちゃんを引き取ることになりました。

幼稚園でも、大型の鳥は初めてだし、やっぱり咬むしでどうやったらいいものやらと思っていた頃に、元々かかりつけの病院だった横浜小鳥の病院に併設ショップができて、鳥のトレーナーもいることからご相談をしたいとお見えになりました。

トレーナーにとってありがたいことに、りんちゃんがいる幼稚園はトレーナーの自宅から徒歩30分のところにあったので、りんちゃんの食餌や生活環境、接し方などを伝えるためにも通うことになりました。
(※通常、ご自宅に訪問してのトレーニングは行っておりません。)

それからのりんちゃんの様子は、度々、ブログに登場してくれていたのでお分かりいただけるかなと思っておりますので、ここでは割愛をさせていただきます。

初めて、幼稚園にお邪魔させていただいた去年(2014年)5月の時からの様子を時系列で・・・
●幼稚園の先生もどう接していいか分からない状態。
●ケージに無理矢理戻そうとされて、園長先生との関係性が悪化。
●園児とご対面した時は、雄叫び!
*この時の状態は、幼稚園の先生もりんちゃんも、「一体、どうやったらいいの?不安・・・」という感じでした。

そして、定期的に幼稚園にお邪魔させていただきながら・・・
●りんちゃんに対しては、手にステップアップする方法や咬むことで意思を伝える必要がないということを教え、おしゃべりやりんちゃんダンス、ターン、握手、物を運んでエサ入れにシュートを次々にクリア。
りんちゃんのおしゃべりレパートリー:
「りんちゃん、こんにちは!」、「りんちゃん、かわいい!」「りんちゃん、かわいいじゃん!」、「ダメよ~」、「上手上手上手!」、「大丈夫!大丈夫!」、「バンザ~イ」。この他にも本鳥はしゃべっているつもりだけれど、よく分からないもの多数。
●りんちゃんを取り巻く先生方や職員の方に対しては、呼び鳴きを教えないための対処法、咬み付きをさせない対処法、その他、生活面や知能が高い鳥さんだからこその接し方などなど
以上をお伝えしてまいりました。

その結果・・・
●先生方とも友好的に。
●園長先生との信頼関係も回復。手にステップアップもできるように!
●園児の前では、すすんでバンザイ!やターンをお披露目。りんちゃんの方が、「はいはい、こうすれば子供って喜ぶよね」という感じにまでなってくれました。
●生活面でも、おもちゃでもよく遊び、ケージにも嫌がることなくすんなり戻ってくれます。

当初、園児との関係性がどこまで克服できるかは正直、未知数でしたが、どうやらうまく付き合っていけそうなので、安心しています。

りんちゃんが最初にご家庭にお迎えされた時点で、「なぜ、ショップの人が大型をお迎えする喜びや楽しさに加えて、難しさや気を付けてあげなければならないことなどを、伝えてくれなかったのか!」と、正直、憤りすら感じますが、結果的に今のりんちゃんがのびのびと楽しく過ごせているので万事OKだと思っています。

幼稚園にいるりんちゃんには、本当に大きな使命があるのだなと感じています。長生きをする生き物なので、園児が幼い時に出会った白くて大きな鳥さんが、子どもたちが20才や30才になった時でも幼稚園に会いに来てくれるようになったら素敵だなと思っています。

本鳥は、「大きな使命」だなんて、これっぽちも考えていません。ただ、毎日楽しく、元気に過ごしてくれればいいなと思っています。
りんちゃん20150220-1
これから大型の鳥さんをお迎えしたいと思っていらっしゃる方へ。
こんな↑感じで窓枠も齧られますよ。これもひっくるめて大型の鳥さんの魅力です。

りんちゃん20150220-2
窓の外を眺めるりんちゃん↑

今後は、これまでのように頻繁にという訳ではありませんが、たまに幼稚園にりんちゃんに会いに行ってみようと思っています。

ホームページ「飼い主さまの声」更新しました*ルリコンゴウインコさんとの信頼関係再構築*

  • ご案内
ホームページに、「飼い主さまの声」を更新させていただきました。

今回、ご紹介させていただいた内容はルリコンゴウインコさんの咬み付き、毛引き矯正に関する内容です。こちらのブログでも度々登場してくれたルリコンゴウインコさんのお話です。
トレーニングへの取り組みに関することに加えて、メールのやり取りを通じて垣間見た飼い主さまの想いも掲載させていただいておりますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

キョロちゃん1214-16

もしよろしかったら、ホームページの「飼い主さまの声」を覗いていただけましたら嬉しいです。

★販売再開★小型の鳥さん用フォージングボール

大変長らくお待たせいたしました!

小型の鳥さん用フォージングボールの発売再開の準備が整いましたので、明日(2/20)から店頭にてお買い求めいただけます。

フォージングボール20150219

ただ・・・準備できた数が少ないのですぐに売り切れてしまうかもしれません。。。
できるだけ早く次の準備を進めてまいります!

去る2月11日に鳥類臨床研究会大会が開催されました。日本全国の鳥さんを診る獣医師さんが集う場所です。その場にBirds' Grooming Shopもブース出展をさせていただきました。ハリソンやラウディブッシュのペレットと一緒に、この小型の鳥さん用フォージングボールもブースに並べさせていただいたのですが、アッと言う間に完売となりました!と言っても、そもそもの用意できた数が少なかったのです。。。それでも、ご好評いただけたようで嬉しかったです。

やはり、この直径3cmのサイズがとても魅力的らしく、苦労して探したかいがありました。ガチャガチャのカプセルでも代用できそうですが、エサ入れに入り、且つ転がして、クチバシがエサ入れの底に届くくらいのサイズはなかなか見つからず、苦労しました。

何度かブログにてご紹介させていただいておりますが、改めて、フォージングボールについて:

「一気食い防止」、「頭を使って遊びながら餌探し(フォージング)」、ということを目的としていて、
●ダイエット
●発情防止
●毛引き改善
●退屈な時間を減らす
の手助けになれば、幸いです。

使い方については、ご購入時に店頭でスタッフがご説明させていただきます。

【各先生方のお手本】
フォージングボールで遊んでくれてます!とご報告を受けた鳥さんたちをご紹介させていただきます。

パル先生↓
パルちゃんフォージングボール

ばなな先生↓
ばななちゃんwithフォージングボール
先日、「鳥さんヒントファイル」の動画撮影でご協力をいただいたばななちゃん。この撮影の日にお聞きした話ですと、最近ではサッカーみたいに転がしたり、頭で転がして吹っ飛ばしたりと、もうすっかりお手の物になってしまっているそうです。単にエサ入れからご飯を食べるだけでなく、フォージングボールを使って、遊びながら楽しく食べてくれているのがとても嬉しいです。

たま先生↓
たまFボール2

小型の鳥さん用フォージングボールについては、過去の記事も併せてご参考にしていただけましたら幸いです。

『フォージングボールについて』

『フォージングボールで遊んでくれない理由』

個別相談★モモイロインコさん★理想と現実

3回目のお越しとなるモモイロインコさん。
2月15日にお越しいただいた時の様子をご紹介させていただきます。

1回目(1月14日)の時の様子
2回目(2月1日)の時の様子

咬み付き矯正を目標に個別相談をご利用いただいています。
咬み付き矯正に関しては、今手を出すと咬まれるかも、などと、飼い主さまがモモイロインコさんの様子をよく観察してくださっているおかげで、咬まれることはなくなったとおっしゃっていました。

前回は、ケージの扉を開けたままにしておいて自分の意思でケージから出てきてくれるのを待っていたのですが、結局出てきてくれずに終わりました。

今回は、まずはターゲッティングをやってもらうことに。
エサ入れの上でタッチできたら・・・
百太郎ちゃん20150215-1
すぐにケージの中の止まり木へ移動。そして、ターゲット(お箸)にタッチ!とても上手にできるようになっていました。
百太郎ちゃん20150215-2
以上を何度か繰り返していく内に・・・
百太郎ちゃん20150215-3
「よっこらしょっ」と自分からようやく出てきてくれました!

百太郎ちゃん20150215-4
「かぼちゃの種、もらったぜ。ニッ」

百太郎ちゃん20150215-5
そして、こちらはトレーナーに頭をカキカキさせてくれた後の表情↑
なんちゅう微妙な表情を!

人は、お迎えしようとしている鳥さんや、一緒に暮らしている鳥さんに対して、「こういうコミュニケーションがとれたらいいな」という理想をお持ちだと思います。
しかしながら、その理想に必ずしも鳥さんが応えてくれるという保証はありませんし、そうさせるトレーニングもできません。理想に近づけることで、鳥さんも飼い主さんもよりよい関係が築けるのであればそのアプローチはぜひお手伝いさせていただきたいと思っていますが、人側の理想を一方的に鳥さんに押し付ける形になってしまうようなことはできないと感じていますし、そのようなトレーニングのお手伝いはお断りをさせていただいております。

モモイロインコさんの飼い主さまの理想は、
●手にのってじっとしていてほしい
●手を出したらすぐにステップアップしてほしい
●いつでもカキカキさせてほしい
ということをおっしゃっていました。
しかしながら、モモイロインコさんにはモモイロインコさんの事情があります。これら全ての要求に応えられないことをお伝えさせていただき、モモイロインコさんに触ることがだけがコミュニケーションではないということをお伝えさせていただきました。
これらに気付いてくださった飼い主さまは、今ではモモイロインコさんの行動をよく観察していただき、そのおかげで無理に手を出して咬まれるということはなくなったそうです。

以前はよくケージから出てきてくれたそうですが、ある時を境にケージから出ることを怖がっているような感じになってしまったそうです。今は、ケージから出てきたとしてもケージの周りをウロウロするくらいだという様子を、飼い主さまは、「楽しくないんじゃないかな」と心配でもあったそうです。なので、ケージの周りが安心できるところであるからこそ出てきてくれているいうことを喜んであげて、ケージの周りに何か遊べる物を置いてあげることをお勧めしたところ、早速、実践してくださいました。これと同時に、ケージから出たがらなくなってしまったことも継続して調査中です。

2月17日に「ももが遊んでます!少しですが」と、画像を送っていただきました↓
百太郎ちゃん20150218
お顔が楽しそうに見えますね。

モモイロインコさんはケージにずっと閉じ込められている訳ではありませんし、自分が出たい時には出て来てくれて、本鳥がOKであれば手を咬むことなくステップアップしてくれます、カキカキや握手もしれくれます。つまり、「楽しくない」とか、「つまらない」、という生活を送っているとは決して考えられないと感じています。このことを飼い主さまにお伝えすると、ついつい、外で遊んだ方が楽しいんじゃないかと思っていたけど、人が考える「楽しい」の価値観とは違うんですね、とホッとされたご様子でした。

1月から観察を続けていただき、いろいろと試していただいている結果、モモイロインコさんは今年の3月で4才になる男の子です。おそらく、成熟期を迎えている時期なのではないかなと感じています(個体によって時期が異なります)。つまり、心も体も大人になっている時期です。これまでは、何をされても受け入れてくれた鳥さんであっても、この時期を境に、いろいろなことに気付き始めるようです。自分の意思も主張し始めます。これは大型の鳥さんに限ったことではありません。

この時期に大切なことは、鳥さんの成長を認めてあげつつ、それでも人の手は咬むものじゃないよということを適切に、一貫したルールで伝えてあげなければ、一度関係がこじれると、その修復には時間がかかってしまう結果となってしまいます。

モモイロインコさんの、手を咬むようになった、ケージから出たがらなくなった(これに関しては引き続き理由を探っています)、という現在の状況は、成熟期が絡んでいると言ってもいいかもしれませんが、このように結論を出すことができたのは、飼い主さまにいろいろと試していただいたおかげです。すぐに決めつけてしまうと、本質を見失うことがあります。

モモイロインコさんは継続して、じっくりと関係性を築いていっていただけたらと思っていますので、またその様子をお伝えさせていただきます。

「鳥さんヒントファイル」動画撮影に挑戦!

ただいま、Birdstoryさまと共同で「鳥さんヒントファイル」の製作に取り組んでいることをお伝えさせていただきましたが(前回の記事はコチラ)、文字や画像、イラストだけでなく、動画でもわかりやすくお伝えしていけたらいいなと思っています。

鳥さんヒントファイル
鋭意、製作中!

この動画の撮影を、2月15日にショップ2階にて行いました。

Birdstoryさまにお越しいただき、この日撮影していただいた内容は「保定」と「爪切り」に関する動画です。

横浜小鳥の病院の海老沢院長にご協力いただき、飼い主さまにわかりやすく「保定」と「爪切り」をお伝えできる内容にしていけたらいいなと思っています。
20150215動画撮影風景
協力してくれたBirdstoryさまの愛鳥さんのばななちゃん↑
緊張感が漂っていますね。写っている手は海老沢院長です。
撮影が終了した後になって、撮影風景を撮っておけばよかった!と激しく後悔していたところ、動画の一部を切り取ってBirdstoryさまよりお裾分けいただきました。

動画撮影後のひと時20150215
撮影では、できるだけばななちゃんの負担を最小限に抑えるために、一発勝負!の部分もありましたが、撮影直後は「疲れた。。。」という感じを醸し出していたばななちゃんですが、しばらくすると復活してくれたようです。画像は、ご褒美(別名:賄賂)の粟穂を食べながら、スサ~と伸びをしている瞬間です。ターンもお披露目してくれました。
本当にありがとうね!ばななちゃん!
忙しい診察の合間をぬって動画撮影に協力してくださった海老沢院長にも感謝ですし、「鳥さんヒントファイル」の企画・製作に多大なるご協力をいただいておりますBirdstoryさまにも感謝感謝です。

今回撮影した動画や、先にご案内させていただいた「セキセイインコ編」の公開準備が整いましたら、改めてご案内させていただきます。
お楽しみに!

2月8日にお越しいただいた鳥さんたち★タイハクオウムさん、ワカケホンセイインコさん★ボクらにも理由があるんだよ

2月8日にご相談にお越しいただいた鳥さんをご紹介させていただきます。

★タイハクオウムさん★

ブログでもよく登場してくれるタイハクオウムさん。
ハロ君20150208-1
久しぶりにお会いしたら、立派な大人の漢!といった雰囲気を醸し出していました。大人になってもかわいいです。

こちら↓が、去年の8月24日にお越しいただいた時の様子。
ハロ君20140824
確かこの頃に1才のお誕生日を迎えたばかりだったか、またはもうすぐという時期でした。お顔も風格も、立派に、そして元気に成長してくれているのがとても嬉しいです。

この日は、夜の放鳥タイムの後にケージに帰りたがらなくなった、ケージに戻す時に抵抗を試みるようになったとのご相談でした。
タイハクオウムさんの飼い主さまはいろいろなアイディアを駆使して、日ごろからタイハクオウムさんの知的好奇心を刺激してくださっています。心も体も成長していく過程で、タイハクオウムさんの方も、自分から楽しみを見つけようとしているのではないかと感じました。鳥さん側の楽しみは、必ずしも人にとっても喜ばしいことばかりではないというところが頭が痛い部分でもあります。これは、大型の鳥さんに限らず、小型、中型の鳥さんでもよくあることです。楽しいこと大好き!飼い主さん大好き!の鳥さんは、あの手この手を使って試してくるので、ここでまんまと鳥さん側のペースにはまってしまわないように、「こうしてほしいな」、「でも、これやると困るからやめてね」を適切に伝えるには、Positive Reinforcement(ポジティブレインフォースメント:正の強化)が有効です。ポジティブレインフォースメントは、鳥さんに罰を与えることなく、簡単に言うと褒めて伸ばすトレーニング法です。
タイハクオウムさんは、「ケージに戻らないよ!今、手出すとガブッしちゃうよ♪」という遊びになっている可能性が高く、つまり・・・
●抵抗する過程が楽しい♪(本鳥はもちろん、「抵抗している」という認識はない)
●ケージに戻る動機付けが低い
と感じたので、この日はいくつかご提案をさせていただきました。実践していただき、ご報告をいただきましたらまたこちらでお伝えさせていただきたいと思います。

ペットボトルのフタに水を入れてもらって飲んでいる様子↓
ハロ君20150208-2
か、かわいいっ!
ハロ君20150208-3
と思っていたら、「よく言われる!」みたいな表情を向けてくれました。


★ワカケホンセイインコさん★

今回2回目となるワカケホンセイインコさん。

第1回目(1月18日)の様子はコチラ

前回の課題は・・・
●観察のポイントを抑えながら観察する
●ご褒美を出すタイミング+最適なご褒美を選ぶ
ということを宿題にさせていただきました。

どんな時に攻撃的になるのか、あるいはならないのか、を観察していただき、ご報告していただきました。
課題の一つとしてご提案させていただいていた、「ケージ越しにおやつを手渡しであげる」ということも実践していただきました。詳しい内容は、おやつを渡す時に指を咬んでしまうということが過去にありましたので、まずはケージ越しから渡してもらうことに。ケージ越しであれば、鳥さんのクチバシが指に届かなければ実質的に咬まれることはありません。そして、ポイントとして、ケージ越しにおやつを見せた時に、ワカケホンセイインコさんの行動が・・・
パターンA) 攻撃的な行動を見せる ⇒ ご褒美(=おやつ)なし
パターンB) 攻撃的な行動を見せない ⇒ ご褒美(=おやつ)あり
という点をルールとして1月18日から実践していただきました。

その結果、、、「攻撃的な行動ばかり!」というご報告を受けました。
つまり、パターンAばかりだったそうです。
これも、実践してくださったおかげで分かったことです。いかに仮説を立てたら、実践⇒観察が大切かということですね。

こちらのワカケホンセイインコさんの場合、飼い主さまご夫妻に加えて、同居している他の鳥さんとの関係性も大きく影響しているのかなという感じを受けましたので、人に対する相関関係だけでなく、鳥さん同士の相関関係についても、詳しく観察をしていただくようにお願いしました。
たとえば、ワカケホンセイインコさんはヨウムさんが大好きなご様子とのことです。この大好きなヨウムさんと飼い主さまが仲良くしている姿を見て、「ボ、ボ、ボクの大好きなヨウムさんをぉぉぉぉっ」と、怒りの矛先が飼い主さまの方に向けられている可能性もゼロではありません。
また、お世話の順番についても、ワカケホンセイインコさんよりも後からお迎えしたルリコンゴウインコさんの方が先にご飯をもらったりしているとのことなので、ここでも、「ボクの方が先輩なのにっ。あのデカイの(=ルリコンゴウインコさん)ばっかり!なんでだっ??」と、やっぱり怒りの矛先が飼い主さまの方に向けられている場合も考えられます。

第2回目の課題は・・・
●鳥さん同士の相関関係をよく観察してみる
●試しに、お世話の順番を変えてみる
●ヨウムさんと仲良くしている姿を極力見せないようにする
ということを実践、そして観察していただくことにしていただきました。

これに加えて、ケージ越しでおやつをあげることも継続していただきます。

指からおやつをあげる時に何度か咬まれた経験があるので、怖がってしまっている飼い主さんには、ケージ越しじゃない時は、スプーンを使ってあげるという方法をお伝えさせていただきました。
怖い!という恐怖心があると、どうしても鳥さんに伝わってしまいます。
かと言って、「怖がらないでください!」というのも無理な話です。
なので、ようするに指を噛まれないようにしながらご褒美を渡す方法を使えば飼い主さまも、鳥さんもハッピーなので、当面はこの方法で実践していただくことにしました。将来的には、指から直接渡せるようにアプローチをしていきたいと考えています。

この日は、大好きなご主人は同伴されなかったので、自分の意思でキャリーから出てきてくれるまで待ちながら、奥様とお話を進めていきました。どうやら自分では出て来てくれそうになかったので、キャリーから出てきたらいいものがもらえるよ、とスタンドを利用してアプローチを試みたところ、出てきてくれました。
茶々丸ちゃん20150208-1
初めてのスタンドにのって、すぐにリラックス↑

茶々丸ちゃん20150208-4
当面は、スプーンにおやつをのせて、コミュニケーション↑
鳥さんによっては、初めて見るスプーン自体を怖がってしまう場合もあります。その時は、まずはスプーンに慣れてもらうことからスタートします。こちらのワカケホンセイインコさんはまったく動じることなく、スプーンにのったコリコリ大豆を受け取ってくれました。
コミュニケーションの一貫として、画像では撮れていませんが、ターンの練習もしてみたところ、すぐにできるように!あとは、少しずつターンの合図を小さな動作にしていくことをお願いして、ご自宅でも実践していただくようにお願いしました。

茶々丸ちゃん20150208-5
何度か相談室の中を飛び回りましたが、トレーナーの腕に着地!咬まずに、ずっと腕にのっていてくれました。羽根がツヤツヤで陽気で本当にかわいいワカケホンセイインコさんです。

ご家庭の鳥さんで、
●急に以前とは違う行動を示すようになった●
という場合、鳥さんにとって必ず理由があるということを念頭に置いていただけたらと思います。
この理由は、前述したように、複数人で暮らしていらっしゃる場合、人との関係性によるものであったり、他の鳥さんや犬がいる場合、その鳥さんやワンちゃんが関係している場合もあります。特にこれまでとは同じ順番や、同じように接してきたつもりでも、鳥さんにとってある日、急に気になりだすということもあります。場合によっては時期的(換羽や発情など)なものもありますので、「うちの鳥が急に変わった!」「豹変した!」という場合は、鳥さんにも理由があるということを考えていただきながら、まずは周りの環境をじっくり観察してみて、これかな?と思うことがあれば、試しに実践してみることをお勧めします。

今後も、ワカケホンセイインコさんの様子をお伝えさせていただきます。

毎月13日は『Birdieの日』です!

皆様、こんにちは!
この度はショップ・店頭販売でも嬉しい特典をご案内致します!

今まで通販サイトでは毎月13日10時~14日10時まで会員登録いただきましたお客様にポイント5倍のプレゼントをさせていただきました。
大変好評で、このBirdieの日には、いつも以上ご注文を頂いております。
しかし、通販サイトだけで賑わいを感じていただくのは勿体ない、ショップ店頭でも何か嬉しい特典をプレゼントしたい!と思い、決めさせていただきました。

【毎月13日 Birdieの日は店頭お会計時に、
さらに1ポイントプレゼント!】

¥540(税込)以下でも、1ポイントプレゼント致します!
是非、店頭でのお買い物でも、嬉しい『Birdieの日』を実感してください!

●店頭でのポイントカードは、お買い上げ金額¥540(税込)毎に1ポイント押印しております。30ポイントたまりますと、店頭でのお買い物時に[1000円OFF]という、嬉しい特典です!有効期限も最終押印日より1年間ですので、数か月に1回のご来店でも、その時点から期限が伸びていきますので、ご利用いただきやすいです♪

皆様のご来店をお待ちしております!

小沢