海外の鳥さん情報

海外の記事より:「キンカチョウは、卵に向かって気候の変化に備える鳴き声を聞かせている」

「Science」に興味深い記事が掲載されていましたので、皆様にご紹介させていただきたいと思います。
記事がコンパクトに動画にまとめられていましたので、この動画の内容の日本語訳と記事部分の内容を補足させていただきながらご紹介させていただきます。

Video: Zebra finch call prepares their eggs for climate change
By Virginia MorellAug. 18, 2016 , 2:45 PM
「キンカチョウは、卵に向かって気候の変化に備える鳴き声を聞かせている」

記事では、「研究者は、地球の気候変動に動物たちが対応することができるかが長年の心配事です。」から始まっています。
この研究結果は、初めて、動物が音を使って成長や発達、行動、繁殖に影響を与えていることが判明したものだそうです。

ZebraFinch01.jpg
キンカチョウは、卵に向かって話しかけ、卵もそれを聞いています。

ZebraFinch02.jpg
[オスのみが卵と一緒にいる時(*1)]
研究者は、親鳥が卵に向かって、特別な鳴き方(*2)をしていることに気付きました。
*1:オス、またはメスのみが卵と一緒にいる時。
*2:速くて、高い音の鳴き声。

ZebraFinch03.jpg
そこで、その様子を録画(録音)して、観察してみることに。

ZebraFinch04.jpg
600時間の録画を調査すると、この鳴き方は、気温が暑い時にこのような鳴き方をすると判明しました。
[気温が26℃を超えた時だけ]

ZebraFinch05.jpg
卵は、気温が暑いかどうかは分かりません。なぜなら、親鳥が37℃の一定した温度で温めているからです。

ZebraFinch06.jpg
では、卵は聞いているのでしょうか?

ZebraFinch07.jpg
研究者が録音した親鳥の鳴き声((*3)を(人工的に)温められている卵に聞かせてみると、違いが分かりました。
*3:61羽のオスと61羽のメスの鳴き声を録音。

ZebraFinch08.jpg
「hot call(暑いよの鳴き方)」で知らせる鳴き方を聞かされていたヒナは、成長速度が遅く、、、
左:「hot call」を聞かされたヒナ
右:対照群のヒナ(「hot call」を聞かされていなかったヒナ)

ZebraFinch09.jpg
体が小さめです。これは体を冷やしやすくするために、暑さには有効と考えられます。

ZebraFinch10.jpg
さらに、ヒナが成長した時、「hot call(暑いよの鳴き方)」を聞かされた鳥たちは、体重が軽く、より暖かい巣に住んで、より多くの卵を産みました。
左:「hot call」を聞かされたヒナ
右:対照群のヒナ(「hot call」を聞かされていなかったヒナ)

ZebraFinch11.jpg
2回目の繁殖シーズンを終えた後では、どうなるでしょうか?

ZebraFinch12.jpg
親鳥は、抱卵期の最後の1/3の日数でしか鳴き声をあげません。

ZebraFinch13.jpg
この期間は、ヒナの体温調節機能が発達し始める時期です。

ZebraFinch14.jpg
「hot call(暑いよの鳴き方)」の鳴き声を聞くということは、体温調節機能を修正したり、長期間の暑さに対する感受性に変化を与えている可能性があると考えられます。

ZebraFinch15.jpg
もし、これらの能力が広がれば、多くの動物たちにとって気候の変化に対応する手助けになるかもしれません。

動画は以上です。

鳥さんは、鳴き声でコミュニケーションをとる生き物だとは広く知れ渡っていますが、卵の中にいる時から親鳥の声を聞いて、体にまで変化を及ぼしていたとは本当に驚きです。
鳥さんの計り知れない能力をまた知ることができた記事でした。
スポンサーサイト

テレビは鳥さんにどう見えてる?

海外の「Cockatiel.com」(オカメインコ ドットコム)というサイトで興味深い記事を見つけました。

このサイトは、日本でも良く見かけるようなオカメインコさんにまつわる情報をまとめられているサイトのようです。
この中で、「My Cockatiel Had a Nightmare(オカメインコの悪夢)」というタイトルで、テレビがどのように鳥さんに見えているかについて書かれていたので抜粋してご紹介させていただきます。

------------------
2nightfrights.jpg
(Cockatiel.comより)

夜間に突然バタッバタッと暴れてしまう時は鳥さんが悪い夢を見ていたからではなく、部屋の中の何かに驚いてしまったからです。例えば、カーテンやブラインドの動く影や車のライト、人が動いた時の影がオカメインコを驚かしてしまうことがあるようです。これらは、鳥が寝ようとしている時に度々起こる現象です。

“鳥さんのケージをテレビの近くやテレビの光が鳥さんから見える位置に置くのは、最も最悪の場所”
わたしたち人間がテレビで動画として認識するには1秒間に16~20コマが必要ですが、鳥さんが動画として認識するには1秒間に100コマ必要です。
テレビのようにコマ数が少ない画像(動画)は、「ディスコのストロボの光のような部屋に入れられている感じの状態」であり、生き物にとってはストレスになりかねません。
------------------

この記事を、横浜小鳥の病院の海老沢院長にも読んでもらい、見解を訊いてみました。
「確かにそうかもしれないけど、この説の出処やエビデンスがないね。だけど、テレビの画面は昼間の明るい時でも見せない方がいいかもしれないね」と、獣医師らしい見解をいただきました。

テレビについては、鳥さんのお留守番中に付けている飼い主さまもいらっしゃるかと思います。
昼まであれば、上記の記事に書かれているようなディスコのストロボのようにチカチカとした状態よりは少しは緩和できるかなと思いますが、テレビの画面は見せずに音だけ聞かせてあげるなどで、退屈しのぎになってくれるのではないかと思っています。
「長年、テレビ画面を見せてるけど、うちのコは大丈夫そう」という方は、鳥さんにとって明るい部屋でのテレビは影響がないと判断ができるかもしれません。
体調が悪い、とにかくすぐ驚いてしまう、という鳥さんで、そういえばテレビの画面を鳥さんが見ている(見えている)という方は、試しに画面を見せないようにして、鳥さんの様子を観察してみると、変化が観えてくるかもしれません。

ちなみに、この記事では、鳥さんを驚かせてしまうような原因(光や影)は、鳥さんのケージに厚手のカバー(光を通さない)をかけてみてはいかがですか?と提案がされていました。

方法は一つではありませんし、正解も一つではありません。まずはそれぞれの鳥さんに合った環境を整えてあげられたらいいなと感じています。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

クッキー(クルマサカオウム)83才の誕生日!

数年前から密かにファンになって応援しているクルマサカオウムのクッキーが、今年も元気に83才の誕生日を迎えたそうです!

去年の82才の誕生日についてアップしたブログは、コチラです。

クッキーは、アメリカのBrookfield動物園にいる鳥さんです。
この動物園がオープンした当初からいたそうです、もちろん、オープン時にいた動物の中で現在、生きているのはクッキーだけです。

Brookfield ZooのFacebookページより:

13522837_10154410838654170_6753622287643005293_o.jpg
13558665_10154410838644170_8995986370990586950_o.jpg
13568872_10154410838649170_3699919676829359684_o.jpg

動物園の職員さんたち、そして鳥さん仲間みんなにお祝いしてもらっています。
これからも元気に楽しく、過ごしてもらえることを願っています。

究極(?)のフォージングのアイディア

度々、フォージング(餌探し行動)について、ブログでも、個別相談でもご紹介させていただいておりますが、鳥さんは本当に頭がいいので、次の手を考えるのが大変です!とおっしゃる飼い主さまが大勢いらっしゃいます。

ホームセンターで見つけた、ステンレス製のボルトとナットを使って工夫をされていらっしゃる方もいますが、こちらのビデオはいかがでしょうか。


(Slate News Scienceより)

特にトレーニングを受けていないシロビタイムジオウムさんが、2時間弱で攻略した複雑なパズルが紹介されています。

透明の扉の中にナッツが入れてあって、このナッツをゲットするにはピン、スクリュー、ボルトを取り外して、輪(車輪)を90℃回転させ、カンヌキを横にスライドさせなければ、透明の扉が開けられない仕組みになっているようです。

ここまで手の込んだものをとは言いませんが、ご自宅でのフォージングのアイディアにしていただけましたら幸いです。

クッキー82才の誕生日!

「クッキーが、82才の誕生日を迎えたんですって!」
と、以前からのお知り合いの飼い主様に教えていただきました。
「おーーーっ!今年も元気に誕生日を迎えたんですね~」と、会ったこともない鳥さんですが、数年前からちょくちょく動画などを観ていたので、とても感慨深いものがあります。

クッキーとは、クルマサカオウムさんのお名前で、アメリカ・シカゴのBrookfield動物園にいる鳥さんです。
この動物園がオープンした当初からいたそうです、もちろん、オープン時にいた動物の中で現在、生きているのはクッキーだけです。
Cookie82.jpg
(Brookfield Zooより)
毎年、誕生日ケーキのロウソクの代わりに、えんどう豆みたいなものが立てられているのが印象に残っています。

クルマサカオウムは、通常40年から60年の寿命だそうです。
そして、クッキーは、最も長生きしているオウムとしてギネスに登録されているとのこと。
クッキーがシドニーにあるTaronga動物園で誕生したのが1933年。う~ん、本当に長~い鳥生を歩んできたんですね。

Brookfield動物園では、一般に公開されていたのは2009年の76才までだったそうで、現在は飼育員さんがいるお部屋でみんなに見守られて過ごしているそうです。
年も年なので、骨粗しょう症や骨関節炎という症状も出ているようですが、これからも楽しく過ごしてくれたらいいなと思っています。

クッキーの82才の誕生日を祝う動画↓

飼育員さんたち、そしてベニコンゴウインコさんたちも祝福してくれています。