トレーニングについて

叱るとショボーン…これって反省しているの?

鳥さんにも通じるような面白い記事を見つけましたので、ご紹介させていただきます。

「愛犬を叱るとショボーン・・・これって反省しているの?」
(2016/9/4 10:50 わんちゃんホンポ様)

内容を一部抜粋
-----------------------------
帰宅するとゴミが散乱…布をかじってボロボロ…。
愛犬がイタズラをしたら、いけないことだと教えてあげなければいけません。
「ダメ!」と叱った時、しょぼんとしたり小さくなったりして反省しているような態度を取りますが、実はわんこはは反省することはないんです!

しょぼんとしている理由

叱ったときに反省しているような態度を取る理由、それは戸惑っっているからです。
人同士であれば、「これはしてはいけないこと」、と言葉で伝えることができますが、犬にはそれができず、犬自身も何のことで怒られているかわかりません。
反省しているように見えていたのは、実は理由がわからず困っているからだったのです。
-----------------------------

「犬」の部分を「鳥」に置き換えれば、共通して言えることだなと感じています。

よく、鳥さんに関するご相談で多いのが・・・
●何度言っても言うことを聞かない!
●叱ったら、申し訳なさそうな顔をするから、分かってるんだと思います!でも、また同じことを繰り返すから、うちのコ頭が悪いんでしょうか!?
●全く言うことを聞いてくれません。。。叱り方が悪いんでしょうか・・・
などなど。

そして、トレーナー(=私)がいつもお伝えしているのは・・・
●何度言っても言うことを聞かない!
⇒人と鳥さんは共通の言語を持っていないから、通じないのは当然です。通じるように伝える方法がポジティブレインフォースメント(正の強化)トレーニングです。

●叱ったら、申し訳なさそうな顔をするから、分かってるんだと思います!でも、また同じことを繰り返すから、うちのコ頭が悪いんでしょうか!?
⇒鳥さんの気持ちは鳥さんにしか分からないというのが、応用行動分析学の考えです。申し訳なく思っているかどうかについては分かりませんが、少なくとも飼い主さんが大きな声を出した場合は、その声に戸惑っていたり、長々とお説教を受けている場合は、「たくさん話しかけてもらってる♪こうすればいいのか!」と、喜びに打ち震えている可能性もあります。

●叱り方が悪いんでしょうか・・・
⇒鳥さんの特性などを考えても、「叱り方」に焦点を当てるのではなく、「褒め方」が大切です。飼い主さんが思う望ましい行動をとった時に、鳥さんを褒めてますか?(という問いに対しては、ほぼほぼ100%褒めていない、あるいは褒めるところがない!という回答が返ってきます)

鳥さんに限らず、犬も、
『過去の結果(経験)が未来の行動を形作る』
というのが、応用行動分析学の考えです。

鳥さんのその場の表情や行動で判断するのではなく、対象となる行動の出現率で、適切に伝わっている、伝わっていない、ということが判断できます。
残念ながら、「話せば分かる」という考えでは、鳥さんとの関係性はうまくいかないと考えています。
つまり、何度も何度も、飼い主さんにとって望ましくない行動を繰り返している鳥さんは、いくら飼い主さんが一生懸命伝えようとしていたとしても、残念ながら、伝えられていないという判断ができます。

鳥さんは頭がいい生き物だと常々感じています。
望ましくない行動を学習できるのであれば、望ましい行動も学習できるはずです。
(※本鳥は「問題行動」だなんて思っていません。)
個別相談をご利用の飼い主さまたちには、トレーニング法をお伝えして、1週間~1か月後くらいに一度ご報告を受けています。この時点で、いい方向に向かっている、改善が観られたのであれば、飼い主さまの取り組みは適切に伝えられていると判断して、そのまま継続をしていただいています。
反対に、全く変化が現れない!という場合は、ご提案内容の見直しが必要です。なぜなら、このくらいの期間で行動に変化が現れていないということは、鳥さんに適切に伝えられていないということであり、適切に伝えられない方法を、これから何カ月も、何年も継続したところで、改善は望めないからです。

この記事は、犬に関する内容ですが、鳥さんにも通じるところがあるので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

記事の最後に・・・
-----------------------------
犬の躾は言葉が通じない分、困っている飼い主さんが多いはずです。
しかし飼い主以上に、犬も困っています。
何に対して怒られているのか、何が正解なのかを必死に犬たちは考えているので、飼い主さんはそれに答えるような躾をしなければいけません。

愛犬と向き合いながらお互い学んでいきましょう。
-----------------------------

言葉が通じない分、鳥さんへの伝え方があります。それは、罰ではなく、褒めて伸ばす方法です。
「愛鳥さんと向き合いながらお互い学んでいく」ことが大切なのですね。
スポンサーサイト

ホームページ「飼い主さまの声」更新しました*コザクラインコさんの毛引き・自咬改善への道*

ホームページに掲載しております「飼い主さまの声」を更新しました。

コザクラインコさんの毛引き・自咬改善に関するお話です。

「飼い主さまの声」

まず、第一の目標にしていた自咬の改善は、クリアできました!
しかしながら、まだまだ尾羽を齧ったりと、毛引きの方は続いている状況です。

毛引き改善は、一朝一夕では改善が難しいですが、少しでも、羽根を齧るよりも、他にもっともっと楽しいことがあるよということが教えてあげられたらいいなということをモットーにしています。

自咬しないように、カラーをつけていた頃↓
ララちゃん20151205-2

カラーがとれた様子↓
ララちゃん20160206-4

今回、ご紹介させていただいたコザクラインコさんも、フォージングなどで遊びの幅が広がってくれましたが、時々尾羽をいじってしまうことに関しては引き続き、飼い主さまが改善に向けて継続して知恵比べ中です。

毛引きや自咬で悩んでいる飼い主さまにおかれましては、少しでもご参考になりましたら幸いです。

社交性やストレス耐性を付けよう!知らない人や初めての環境に慣れてもらうアプローチ法

今日で6月も終わりですね。
本当に月日の経つのが早いです。そして、ブログの更新もますます追いつかない状況に。。。

長い目で考えた時に、鳥さんにはやはり、飼い主さま以外の人にも接していただく機会を作っていただけたらいいなと考えています。これは、普段から元気な時にこそやっていただきたいことです。
理由は・・・
●鳥さんとの暮らしの中で、世の中、何があるかわかりません。もしかしたら、(あってはほしくないですが)飼い主さま側や鳥さん側の入院を余儀なくされた時に、少しでも知らない人や知らない環境へのストレス耐性があった方が、鳥さんに負担をかけずに済みます。
●これは絶対に起こってほしくないことですが、万が一、人側の不注意で外に逃がしてしまった場合、人に馴れている鳥さんであればあるほど、鳥さん自身から人側に寄っていけると思います。つまり、保護してもらえる確率が高くなると考えています。
●飼い主さま以外の人に会ったり、接することは鳥さんにとってはいい刺激になりますし、飼い主さまにとっても、情報交換の場となるのではないでしょうか。
●さらには、飼い主さま以外の人に会うことで、「やっぱり頼りになるのは飼い主だね!」と、飼い主さまの価値がグッと上がって、信頼関係をさらに築いていけます。場合によっては咬み付きも改善できる(他にもアプローチが必要ですが)場合もあります。

これらのことを踏まえて、
*怖がり屋さん、臆病な鳥さんほど、これらを克服してあげて自信につなげてあげるためにも、最初は少しずつ少しずつ、ご家族以外の人と会う機会を作ってあげてはいかがでしょうか。
*大型の鳥さんになってくると、お山の大将になりがちです。世界は自分を中心に回ってる!と勘違いをして、ご家庭では好き勝手な行動をとりがちな鳥さんには、たまには外の世界を知ってもらうことで、いい刺激になってくれるようです。

社交性を身に着けてもらうためにという上記の理由であっても、そこにはやはりお約束事もあります。
①決して、鳥さんに無理をさせないこと。体調が悪い場合は、避けてください。
②鳥さんは、いくらフレンドリーな鳥さんであっても、人が考えている以上にとてもとても繊細です。最初は、短時間からスタートして様子を観てみるなどの配慮が必要です。場合によっては、ストレスになり過ぎて、問題行動に発展してしまう可能性もゼロではないということを念頭においておいてください。
③その場に、複数人居合わせたとしても、「この機会に!」と次から次に鳥さんをいろいろな人の手に一気にのせてしまわないように、あくまでも鳥さんの様子を観察しながらお願いします。

鳥さん個別相談では、鳥さんを同伴していただくこともありますが、初めまして、のアプローチ法(というほどではありませんが)をご紹介させていただきます。ご家庭の鳥さんに置き換えて、お役立ていただけましたら幸いです。

1)準備段階ですが、その日、個別相談や鳥さん同伴OKのセミナーがある日で、臆病な鳥さんという情報を事前にいただいている場合は、地味な色合い(黒や紺)のTシャツを着用します。事前情報をいただいていなくても、苦手な色がある場合も考えて、必ず上着を持参します。その日来ていた服装が苦手な場合は、上着を着用します。場合によっては、メガネが苦手なコの場合はメガネをはずします。指輪やブレスレットなどは着けません。
2)私(=トレーナー)が座る位置は、鳥さんから見て、最も離れた場所に腰掛けます。飼い主さまは、鳥さんのそばです。
3)まずは、キャリーに入った状態のまま、飼い主さまとお話(ご相談)をスタートします。この時、鳥さんの様子を観察しながら、ヒアリングをしています。そして、鳥さん側も人の観察をしていないように見えてしています。
4)しばらく時間が経って、鳥さんに余裕が出てきたり、キャリーから出たいアピールをし始めたら、キャリーの扉を開けてもらいます。鳥さんの意思で、出たかったら出てきてもらう状態です。無理に、出そうとはしません。
5)そうこうしている内に、鳥さんが、ヨッコラショとキャリーから出てきて、飼い主さまの方に行く場合もあれば、トレーナー側にすぐに来てくれる場合がありますので、好きにさせます。面白いことに、小型の鳥さんは、初めて会ったトレーナーの方にすぐに飛んできてくれる傾向にあります。中型~大型の鳥さんの場合は、飼い主さまのそばで、しばらく観察をされることが多いです。
6)おもちゃやフォージングのご提案の段階で、これはどうかな?あれはどうかな?ととりあえず、机の上に並べます。この時、「ほら!これ好き?」と、おもちゃの方を鳥さんに近づけないようにしてもらいます。まずは、飼い主さまとトレーナーが話しながら、飼い主さまに手でおもちゃを触ってもらいます。すると、「それ何?何?」と、短時間でも近づいてくれることがあります。ご家庭でもこの方法をとっていただいています。飼い主さまが触ることによって、鳥さんは安心感が出て、次に興味が湧くようです。

以上のような流れをとっています。
おもちゃのアプローチ法と一緒で、最初に飼い主さまと会話をすることで、「お!?飼い主とおしゃべりしてる。この人、怖いことしないかな?」という安心感を与えられるようです。
出会ってすぐに、「ほら、手にのったら?」と、鳥さんを相手の手にのせようとせずに少しずつ時間を掛けて距離を縮めていくことをお勧めします。もちろん、出会ってすぐに、ヒョイッと手や肩にのってくれる鳥さんもいますが、鳥さんのペースに合わせてあげることを最優先していただけたらと思います。

ブログに度々登場してくれているヨウムさんですが、臆病でとても慎重な性格の鳥さんです。

ヘホちゃん20160531-2

元々、咬み付き改善と手にステップアップできるようにというのが個別相談の目標でしたが、これらは飼い主さまの適切なトレーニングで克服できました。
普通にスタンド止まり木にとまっていますが、最初はおっかなびっくりでお地蔵さん状態だったのが、、、

ヘホちゃん20160531

飼い主さまとお話していると、自ら机の上に移動してきて、この恰好です↑
片足は、カゴにかけていて、カゴの中身が狙いです。

飼い主さまと、小型から中型の鳥さん向けの新しいフォージングトーイについてご相談している時だったのですが、そのフォージングトーイがターゲットのようです。なぜ、これに興味津々になったかと言うと、飼い主さまがさんざん手に取って、あーでもない、こーでもない、と話している様子を観察して、興味が湧いたようです。

移動している現場↓
ヘホちゃん20160614-4
「お?何やら面白そうなものがるぞ♪」

ヘホちゃん20160614-1
一歩一歩近づいています。

ヘホちゃん20160614-2
そして、新フォージングトーイの一部をかっさらって行きました!
お、お願い、返してください!という、私たちのリアクションがご褒美に。

ヘホちゃん20160614-3
さらに、メジャーも奪われてゴリゴリされました。
そ、それは、トレーナーの商売道具なので、ぜひ無傷でご返却を!というリアクションは、もちろんご褒美に。

これから、お出掛けしやすいシーズン(には暑い季節ですが)となりますが、鳥さんにとって無理がない範囲で、ストレス耐性を身に着けると同時に、いい刺激や社交性、そして楽しいね♪というような機会を作っていただけると幸いです。
ショップの方では定期的に、鳥さん同伴セミナー(条件付き)も開催しておりますので、こういう機会もご利用いただけたらと思います。

万が一の時に備えて、普段からできること

***********************************
※熊本、九州で起きた地震の影響を受け、鳥さん用エサを必要とされている方へ※
下記のいずれかで入手することができますので、お問い合わせくださいますようお願いいたします。
--------------------
熊本市動物愛護センター 様
ご住所:熊本県熊本市東区小山2丁目11-1
お電話番号:096-380-2153
--------------------
--------------------
城南さくま動物病院 様
ご住所:熊本市南区城南町東阿高20-3
お電話番号:0964-28-6803
Facebookページ
--------------------
***********************************

鳥さん用エサの入手先について、たくさんの方々に情報を広めていただき、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。
引き続き、熊本・九州で起きた地震の影響で、「鳥さんの餌が手に入らない!」という方がいらっしゃいましたら、上記入手先をお教えいただけましたら大変ありがたいです。

『備えあれば憂いなし』
とは言いますが、実際にそのような場面に遭遇しないと「備えておこう!」という気持ちには、なかなかなれないと思います。

今回、鳥さんと暮らす方がどのくらい地震の被害に合われて、避難所や車の中で過ごすことを余儀なくされているのかは情報が入ってこないので把握できていないというのが現状です。
鳥さんの餌や水の普段からの備蓄に加えて、こういう時のためにも、いざという時に鳥さんに負担をかけないために、日ごろから遊びの一環としてできることをご提案させていただきたいと思います。

1)日頃から、キャリーに入る練習をする:
放鳥中に、キャリーを遊び場として、出たり入ったりできるようにしたり、蓋をしめた状態でも過ごせるような機会を作ってあげると、「突然、それも長時間(または長期間)、狭いところに入れられた!!」と、鳥さんへのストレスは軽減できると思います。

2)鳥さんが使い慣れたものやお気に入りの候補を把握しておく:

いつもの環境とは違う環境に置かれた時に、それだけで食欲がなくなってしまう鳥さんも少なくありません。
普段から、食べ物や物、おもちゃなど、鳥さんが日頃から使っているものやお気に入りの候補を見極めて、把握しておくことで、いくぶん落ち着いてくれる場合があるようです。
過去に、ブログでご紹介させていただいた鳥さんからもたくさんのヒントが!

【スタンド】
アキクサインコさん4
ご自宅で、「待っててスタンド」を普段から使っていらっしゃるそうです。このスタンドが食事ができる楽しい場所♪、遊べる楽しい場所♪、くつろげる安心な場所♪と、理解してくれているようです。このおかげで、自宅以外の所では緊張のせいか、飲食をほとんどしなくて困っていとのことですが、お出掛け先でこのスタンドを使用したら食べたり水を飲んだり普通にしてくれたとのこと。
避難所で鳥さんをキャリーから出すことはできないとは思いますが、視界に入るところに置いておくだけでも安心感を与えられるのではないかと考えます。

【おもちゃ】
フォージングポーチ1
お座布団
画像のおもちゃは、フォージングポーチといってシーグラスを編んだものです。
普段から大好きなおもちゃ!として遊んでくれていれば、異なる環境でも活用できるかもしれません。そして、コキサカオウムさんは、お座布団として活用してくれているようで、こういうお気に入りの使い道は、鳥さんの行動を観察して、活用していただけたらいいなと思っています。

【モノ】
パルちゃん20160428
度々、ブログに登場してくれるこちらのオカメインコさんは、黄色の布がお気に入りとのことです。一緒に写っている画像がないのですが、例えば、移動した場所でこの黄色の布でキャリーやケージを覆ってあげるだけで、大好きな黄色の布に寄り添うことができて安心してくれると思います。

また、別のオカメインコさん↓
いちごちゃん20151004
明らかに布がお気に入りです。このオカメインコさんの場合は、人の足が好きなので、キャリーを足元に置いてあげると落ち着くのではないかなと思います。

そして、普段から鳥さんをケージの中に入れることなく、出しっぱなしにしている方も実はまだまだいらっしゃるようです。
人と暮らす鳥さんには、長い目で考えた時に、ケージに入る時間と放鳥時間をしっかりとメリハリをきかせていただくことを強く望んでいます。ケージに入り慣れていない鳥さんは、突然の災害や、鳥さん自身が病気になって看護が必要になった時に、ただでさえストレスがかかる環境に加えて、入り慣れていないケージの中では、鳥さんにかかるストレスは計り知れません。

この機会に、もしもの時のために、日ごろからできることを考えていただき、上記1)については、人から見たらトレーニングかもしれませんが、鳥さんから見たら、飼い主さんと一緒にやるゲームであったり遊びの一環となりますので、ぜひお試しいただけましたら幸いです。

動画のご紹介★ニョウオウインコさん★

以前ニョウオウインコさんの毛引き/毛齧りで個別相談をご利用になられた飼い主さまより、「動画を作ってみました!」のご連絡をいただきました。
とてもよくできているので、飼い主さまに許可をいただき、ご紹介させていただきます。

全6話です。
動画の最後のアノテーションをクリックすると、次の話に飛ぶようになっています。

4話から登場する「トレーニング編」では、
・モデルライバル法
・Shaiping & Chaining(シェイピング&チェイニング)
を上手に取り入れて、コミュニケーション手段であり遊びであり、人も鳥さんも楽しそうです。
ご参考にしていただけましたら幸いです。

2羽のニョウオウインコさんが登場しますが、それぞれに個性がある点も観ていただけたらと思います。
飼い主さまも、2羽の個性を尊重した教え方をしていらっしゃって、鳥さんが乗り気じゃない時の意思も尊重していただいており、とてもいい関係性だと感じました。

表現で「お菓子」と出てきますが、人用のお菓子ではありませんので、念のため、お伝えさせていただきます。

第1話


第2話


第3話


第4話


第5話


第6話